国産紅茶レビュー 東京都

【東京都】木下園製茶工場: 東京紅茶手摘みべにふうき2018

投稿日:

【 東京紅茶手摘みべにふうき2018 この紅茶について】

東京紅茶手摘みべにふうき2018 は、東京都で作られている紅茶です。
『東京紅茶』自身は、2013年ごろからもう6年もの付き合いになります。
あの頃と今と比べると非常に違う紅茶になっているのは、2018年の東京紅茶の記事をご覧になられた方はご存知でしょう。

今回の紅茶は、木下園さんから『少量生産だけど』と言われて送っていただいた手摘みの特別な紅茶です。
機械摘みと手摘みとでは、出来上がりが大きく違う事が多いです。
今回はどの様に違う紅茶になったのでしょうか。

合わせて過去の記事もご覧いただければ幸いです。

【東京都】木下園製茶工場: 東京紅茶2018

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶香駿2015

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016

【東京】お茶の木下園:東京紅茶

【茶葉】

【東京都】木下園製茶工場: 東京紅茶手摘みべにふうき2018 -1

茶葉は、一つ一つがギュッと撚られた茶葉になってます。
一つ一つがはっきりしているので、BOPよりもフルリーフという方には、好まれる形状の紅茶です。
ただし、この段階では紅茶から香りはほとんどありません。
葉の中にギュッと押し込められているのでしょうか。

【水色・味・香り】

【東京都】木下園製茶工場: 東京紅茶手摘みべにふうき2018 -2

3分淹れました。
水色は、少し濃い目の赤みがかった黄色です。
香りは、ジャスミンのような花の香りがします。
味は、白湯です。

味の系統は、3分ではまだわかりません。もっと長く淹れてみましょう。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、明るめの赤橙色です。
香りは、ジャスミンやランのような花の香りがもっと強くなりました。
味は、ぐっと渋くてガツンときますが、すっとしてます。

味の系統は清廉系です。清廉系のど真ん中という感じです。
ダージリンのファーストフラッシュ寄りのセカンドフラッシュという感じです。
渋みがこの紅茶の顔というべきでしょう。香りの華やかさと合わせて非常にスッキリさせてくれます。

【茶殻】

【東京都】木下園製茶工場: 東京紅茶手摘みべにふうき2018 -3

茶殻の形は非常に綺麗で、一つ一つ選んで茶葉を摘んだ形跡が伺えられます。
一枚つづが、ちゃんとした葉に戻っているのですが、比較的小さな葉を丁寧に選んで摘んだようで、大きな葉を見かけることはありません。
この小さな葉の選別こそが、今回の味や香りの統一感を出した要因なのかも知れません。

・追伸
いつもこの試飲記事を書いたあとに、3分とそれ以上とを混ぜて飲むのですが、その時温度が60度以下になっていることが多いでのす。
その時に紅茶の落ち着いたときの本当の顔が出てくることがあります。
そういう国産紅茶の楽しみ方をしてみるのもいいかも知れません。

-国産紅茶レビュー, 東京都

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】長田製茶:おいしっちゃー阿蘇紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、熊本の紅茶をまとめてもらったものの一つです。熊本は、静岡・鹿児島についで多い『第三極』と言えるグループに分類できます。(第三極は、まあ多いですが)古くは日本の紅茶の製 …

【京都府】Tea.Pi.O(伊藤園):京都産和紅茶2017-2

【京都府】Tea.Pi.O(伊藤園): Tea.Pi.O 京都産和紅茶2017

【 Tea.Pi.O 京都産和紅茶2017 :この紅茶について】 こちらは、伊藤園の紅茶ブランドTea.Pi.Oの紅茶です。 先日紹介したものの別の商品になります。 【静岡県】Tea.Pi.O(伊藤園 …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶①

①と書いたのは、②があるからです。 【お茶農家兼プログラマー】 平岡園さんは、ツイッターの方で、主に『プログラマー』の方でお世話になっております。 その方の去年の三富紅茶(商品名)を出してみました。 …

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

アーカイブ