国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018

投稿日:

【 二十一世紀のお茶藤かおり2018 この紅茶について】

二十一世紀のお茶藤かおり2018 は静岡県藤枝市のやまに園さんで作られている国産紅茶です。
2018年の紅茶であることはわかってますが、どこで買った紅茶かわすれてしまいました。
たぶん2018年の吉田山大茶会か大大阪茶会であろうという所はわかっているのですが、買ってから飲むまでずいぶん間が空いてしまったので、どこで買ったかわかりません。

通販サイトや茶園のサイトを探してみましたがいまいち見つからず、果たして次買うとしたらどうしたものかという感じです。

なので、2019年7月時点では珍しい国産紅茶です。
もし見つけた方がいらっしゃいましたら、購入してみてはいかがでしょうか。

【茶葉】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -1

第一印象が、大分県の山片茶園の茶葉に似ているなぁって感じです。
ほんのりいちごのようなかおりが立ち上ってきます。
紅茶という認識がない人にとっては、緑茶に見えるかもしれません。

【水色・味・香り】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -2

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色になりました。
香りは、軽い香りで、バラとジャスミンを混ぜたような感じの香りがします。
味は、ほぼ白湯なのですが、ほんのりコクを感じます。

味の系統は、清廉系です。
香りがとても強いです。
烏龍茶っぽい飲み方をすると面白いかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、ドライいちじくのような乾き系のフルーツの香りがします。しかもかなり濃いです。
味は、軽く口に含んだらすぐに分かるくらい渋いです。

明確にわかる清廉系の紅茶です。
これは、口が肥えている紅茶好きも納得でしょう。

【茶殻】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -3

茶殻は、均一に短冊形に裁断されたきれいな茶殻です。
よくある枯れ葉のような香りではなく、まだ奥に香りを隠し持っているようなそんな雰囲気を感じさせます。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】うるおい茶園(宮城):morning drop

【この紅茶について】 記憶が間違ってなければ、去年の吉田山大茶会で買ったものだと思います。「宮城なのに静岡??」と思っていたのですが、産地が変わって販売されるのは普通にあるので、いいかなって思ってます …

【大分県】山片茶園(Jastea):紅茶・青 在来2017-2

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea紅茶・青 在来2017

【 Jastea紅茶・青 在来2017 :この紅茶について】 Jastea紅茶・青 在来2017 は、お茶通販サイトのJasteaが、山片茶園さんに出向き、彼が考える手法で作った紅茶です。 『限りなく …

no image

凍らせて発酵させるお茶

基本なところに立ち戻りますが、 紅茶のような発酵したお茶の作り方って御存知ですか? 普通にお茶を飲んでる時は意識しませんが知識として、 茶摘み↓萎凋(しおらせる)↓揉捻(揉み上げる)↓発酵(酸化させる …

no image

【宮崎】岩佐製茶:高原町産紅茶

【このお茶について】 この紅茶は、普通に買いに行ったものじゃなくて、Twitterで紹介を受けて注文しました。テレビかラジオの地方放送で紹介されていたものらしく全国的に放送されていなかったので、注文し …

no image

【奈良】葉香製茶:おくみどり

【この紅茶について】 毎度お世話になっております奈良の葉香製茶さんの紅茶です。おくみどりは実験を兼ねてもらったものなんですよね。そのまま製品でもありますので、紹介させてもらいます。 【茶葉】 茶葉は、 …

アーカイブ