国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018

投稿日:

【 二十一世紀のお茶藤かおり2018 この紅茶について】

二十一世紀のお茶藤かおり2018 は静岡県藤枝市のやまに園さんで作られている国産紅茶です。
2018年の紅茶であることはわかってますが、どこで買った紅茶かわすれてしまいました。
たぶん2018年の吉田山大茶会か大大阪茶会であろうという所はわかっているのですが、買ってから飲むまでずいぶん間が空いてしまったので、どこで買ったかわかりません。

通販サイトや茶園のサイトを探してみましたがいまいち見つからず、果たして次買うとしたらどうしたものかという感じです。

なので、2019年7月時点では珍しい国産紅茶です。
もし見つけた方がいらっしゃいましたら、購入してみてはいかがでしょうか。

【茶葉】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -1

第一印象が、大分県の山片茶園の茶葉に似ているなぁって感じです。
ほんのりいちごのようなかおりが立ち上ってきます。
紅茶という認識がない人にとっては、緑茶に見えるかもしれません。

【水色・味・香り】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -2

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色になりました。
香りは、軽い香りで、バラとジャスミンを混ぜたような感じの香りがします。
味は、ほぼ白湯なのですが、ほんのりコクを感じます。

味の系統は、清廉系です。
香りがとても強いです。
烏龍茶っぽい飲み方をすると面白いかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、ドライいちじくのような乾き系のフルーツの香りがします。しかもかなり濃いです。
味は、軽く口に含んだらすぐに分かるくらい渋いです。

明確にわかる清廉系の紅茶です。
これは、口が肥えている紅茶好きも納得でしょう。

【茶殻】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -3

茶殻は、均一に短冊形に裁断されたきれいな茶殻です。
よくある枯れ葉のような香りではなく、まだ奥に香りを隠し持っているようなそんな雰囲気を感じさせます。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶そうふう

【この紅茶について】 この紅茶は、先日の茶源郷まつりに委託で出した茶葉で、和束の喜寿園さんが作られている紅茶です。品種は『そうふう』で、手に入れるには、喜寿園さん直接かいつもお馴染み十三茶淹さんでお買 …

【奈良県】さざんかの会:さざんか紅茶2016-2

【奈良県】さざんかの会:さざんか紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入しました。 奈良の地元の婦人会で作られていたと聞いた紅茶です。 制作された時期は長く、2012年時点ではすでに販売されてました。 前にも試飲レビ …

no image

【大分】山片茶園:べにふうき

【この紅茶について】 毎度おなじみ「山片茶園」の紅茶です。正直、「丸子紅茶」「杵築紅茶」「月ヶ瀬健康茶園」そして「山片茶園」だけで絶対にハズレなのない国産紅茶の記事を延々とかけるのですが、うちのコンセ …

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017

【 みらいふぁすとふらっしゅ2017 :この紅茶について】 みらいふぁすとふらっしゅ2017 は、静岡県川根本町の紅茶です。 毎年みていますので、おなじみの紅茶です。 昨日は、香駿という品種でしたが、 …

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016-2

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で買いました。 改めて、奈良県での国産紅茶の生産の裾野が広がってることを実感しました。 奈良県のお茶は宇治茶の一部として使われる事が多く、いままで一般 …

アーカイブ