国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018

投稿日:

【 二十一世紀のお茶藤かおり2018 この紅茶について】

二十一世紀のお茶藤かおり2018 は静岡県藤枝市のやまに園さんで作られている国産紅茶です。
2018年の紅茶であることはわかってますが、どこで買った紅茶かわすれてしまいました。
たぶん2018年の吉田山大茶会か大大阪茶会であろうという所はわかっているのですが、買ってから飲むまでずいぶん間が空いてしまったので、どこで買ったかわかりません。

通販サイトや茶園のサイトを探してみましたがいまいち見つからず、果たして次買うとしたらどうしたものかという感じです。

なので、2019年7月時点では珍しい国産紅茶です。
もし見つけた方がいらっしゃいましたら、購入してみてはいかがでしょうか。

【茶葉】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -1

第一印象が、大分県の山片茶園の茶葉に似ているなぁって感じです。
ほんのりいちごのようなかおりが立ち上ってきます。
紅茶という認識がない人にとっては、緑茶に見えるかもしれません。

【水色・味・香り】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -2

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色になりました。
香りは、軽い香りで、バラとジャスミンを混ぜたような感じの香りがします。
味は、ほぼ白湯なのですが、ほんのりコクを感じます。

味の系統は、清廉系です。
香りがとても強いです。
烏龍茶っぽい飲み方をすると面白いかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、ドライいちじくのような乾き系のフルーツの香りがします。しかもかなり濃いです。
味は、軽く口に含んだらすぐに分かるくらい渋いです。

明確にわかる清廉系の紅茶です。
これは、口が肥えている紅茶好きも納得でしょう。

【茶殻】

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018 -3

茶殻は、均一に短冊形に裁断されたきれいな茶殻です。
よくある枯れ葉のような香りではなく、まだ奥に香りを隠し持っているようなそんな雰囲気を感じさせます。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【富山】富山紅茶の会:富山あさひの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、姉妹品である『富山くれはの紅茶』と同じところの紅茶で、製造も同じ鳥取の陣構茶生産組合なのですが、何が違うかと言いますと、前のは富山市平岡で採れた茶葉を使いこちらは富山 …

【静岡】益井園:みらいせかんど2016秋-2

【静岡】益井園: みらいせかんど2016

【 みらいせかんど2016 :この紅茶について】 みらいせかんど2016 は、今年の吉田山大茶会で購入しました。 作ったのは2016年の秋なので、『去年の紅茶』になります。 もう、今年のみらいせかんど …

【熊本県】天の製茶園:天の上紅茶2016-2

【熊本県】天の製茶園:天の上紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 天の紅茶さんは、前にも紹介してます。 過去記事はこちら→過去記事 自分で出店する際も、天の紅茶さんは使わせていただき、国産紅茶を紹 …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶①

①と書いたのは、②があるからです。 【お茶農家兼プログラマー】 平岡園さんは、ツイッターの方で、主に『プログラマー』の方でお世話になっております。 その方の去年の三富紅茶(商品名)を出してみました。 …

アーカイブ