国産紅茶レビュー 東京都

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)

投稿日:2017年6月1日

【この紅茶について】

この紅茶は、木下園さんから送られた紅茶第3弾です。
べにふうきと印雑(インドで取ってきた品種の雑種なんだけど選抜された品種)のブレンドです。
紅茶を作る時に、印雑を使う例はよく見かけます。
ただ、「普通の国産紅茶」になってしまう傾向が強く、『作り手さんで変わる』事が多いです。
それとべにふうきのブレンドということなので、どのような感じになるか楽しみです。

【茶葉】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)1
茶葉は、硬めで全体的にバラバラっとしてます。
もしかして、どこかに当たったかな?と思うように崩れた感じの細かい茶葉が見受けられます。
違う時間で作った茶葉同士を混ぜるとそういう感じになるのでしょうか。
少々難しいところでもあります。

【水色・味・香り】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)2

3分淹れました。
水色は、薄めのオレンジです。
香りは、ほんのりりんごの皮のような香りがする気がしますが、ほぼしません。
味は、ほんのりりんごっぽいですが、ほぼ白湯です。
やはり短すぎました。

味の系統は、この段階ではまだわかりません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、茶色がかった朱色です。
香りは、ほんのり柑橘系の香りがします。
味は、じんわりと香ばしさがします。

味の系統は、滋納系です。

混ぜると望蘭系に近くなることが多いのですが、珍しく滋納系です。
ですが、滋納系ど真ん中というわけではなく、清廉と滋納の間ぐらいになります。

香り高くてさっぱりとした紅茶です。

【茶殻】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)3
僕は、蓋を開けた瞬間、「しまった」と思いました。
立ち上る湯気とともに、甘く芳しい香りが立ち上がったのです。

これを紅茶に移せなかった悔しさを感じました。
次はもっとうまく淹れよう、そう思う紅茶でした。

-国産紅茶レビュー, 東京都

執筆者:

関連記事

【京都府】永谷農園(永谷知良):一番摘み宇治の和紅茶2017-2

【京都府】永谷農園(永谷知良):一番摘み宇治の和紅茶2017

【この紅茶について】 この紅茶は、2013年に仕入れ、ご挨拶に行き2014年は直販をさせていただいておりました。 それから3年経ちまして、久しぶりに仕入れをさせていただきました。 容量も内容も変わりま …

no image

【東京】お茶の木下園:東京紅茶

茶葉 この茶葉は元々ティーバッグのものを展開して使っています。撚りがきれいに入ってます。選別も丁寧です。正直、これをティーバッグにするのがもったいない気もします。 水色 ふと、ジャスミンのような香りが …

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017-2

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017

【この紅茶について】 この紅茶は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 よくよく調べてみたら、2017年の和束紅茶さんの紅茶を購入していないことが判明。 毎年の変化を確認するためにも必要なので、2 …

no image

【岡山】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、去年(2012年)の地紅茶サミットの開催地岡山県高梁市の紅茶で、 主催者グループの作っているものです。 元々は農家グループの地紅茶だったのですが、今メインで作っていら …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

【転換の始まり】 今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製 …

アーカイブ