国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017

投稿日:2017年12月2日

【 べにふうきMIMIZAKO2017 :この紅茶について】

べにふうきMIMIZAKO2017 は、シングルオリジンのときに購入しました。
基本、出ているものをほとんど持っていたりしていたので、今回も『今年、吉田山で出ていないものを』という言い方をして購入しました。
宮崎茶房さんはいろんな紅茶を作っていらっしゃいますが、今回べにふうきを購入させていただいたのは初めてかと思います。
どのようなお茶なのか楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017 -1
茶葉は大きめで丸めに撚られています。
釜炒り茶って感じが非常にします。
色は浅く、発酵が浅めな感じがします。
この段階での香りは控えめで、ぐっと押し込んでいるのかもしれないという雰囲気を感じます。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017 -2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、アーモンドっぽい香りがします。
味は、軽く渋みがあり、ほんのりとコクがあります。

味の系統は、清廉系になります。が、まだ薄い印象があります。
時間を置くともっと変わるかと思います。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、アーモンドの香りとごぼうっぽい香りのほか、複数の香りが混ざり合ってます。
味は、渋さがぐっと主張しています。
非常に香ばしい紅茶になりました。

温度が落ち着いたら、酸味が顔を出してきました。
自己主張の強めの紅茶です。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017 -3
茶殻は、一つ一つが非常に大きく生の茶葉に戻ったような感じがします。
色は紅茶らしく発酵して変色した様子がはっきりわかり、発酵度合いの深さを感じます。
残り香が少ないので、もしかしたら、1煎目できっちり出たのかなと感じます。
試しに2煎目どうなるかは確認してみたいと思います。
うまくいったら、ツイッターでツイートします。

宮崎茶房さんの紅茶はやはり、個性的ですっきりした紅茶になりました。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

no image

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【この紅茶について】 こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。 京都宇治田原で作られた紅茶で、明 …

no image

【滋賀】満田製茶:しがの紅茶

【茶葉】 選別がまだみたいで、荒茶っぽいです。ただ、全体的に裁断を入れているみたいで長さは均等にみえます。これがどこまでうまくいっているのかは楽しみです。 【水色】 色目はいい感じの赤です。甘酒っぽい …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

no image

【静岡】森内茶農園:べにふうき2nd(2012)

【茶葉】 茶葉は大きめで綺麗に撚られています。品のいい中国茶(もしくは台湾茶)の青茶のような感じです。細かい作業手順を確か聞いていたようなきがするんですが、イマイチ忘れました。ただ、毎年紅茶と合わせて …

no image

【富山】富山紅茶の会:富山あさひの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、姉妹品である『富山くれはの紅茶』と同じところの紅茶で、製造も同じ鳥取の陣構茶生産組合なのですが、何が違うかと言いますと、前のは富山市平岡で採れた茶葉を使いこちらは富山 …

アーカイブ