国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、シングルオリジンのときに購入しました。
基本、出ているものをほとんど持っていたりしていたので、今回も『今年、吉田山で出ていないものを』という言い方をして購入しました。
宮崎茶房さんはいろんな紅茶を作っていらっしゃいますが、今回べにふうきを購入させていただいたのは初めてかと思います。
どのようなお茶なのか楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017-1
茶葉は大きめで丸めに撚られています。
釜炒り茶って感じが非常にします。
色は浅く、発酵が浅めな感じがします。
この段階での香りは控えめで、ぐっと押し込んでいるのかもしれないという雰囲気を感じます。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017-2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、アーモンドっぽい香りがします。
味は、軽く渋みがあり、ほんのりとコクがあります。

味の系統は、清廉系になります。が、まだ薄い印象があります。
時間を置くともっと変わるかと思います。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、アーモンドの香りとごぼうっぽい香りのほか、複数の香りが混ざり合ってます。
味は、渋さがぐっと主張しています。
非常に香ばしい紅茶になりました。

温度が落ち着いたら、酸味が顔を出してきました。
自己主張の強めの紅茶です。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017-3
茶殻は、一つ一つが非常に大きく生の茶葉に戻ったような感じがします。
色は紅茶らしく発酵して変色した様子がはっきりわかり、発酵度合いの深さを感じます。
残り香が少ないので、もしかしたら、1煎目できっちり出たのかなと感じます。
試しに2煎目どうなるかは確認してみたいと思います。
うまくいったら、ツイッターでツイートします。

宮崎茶房さんの紅茶はやはり、個性的ですっきりした紅茶になりました。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【静岡県】カネトウ三浦園:手摘み和紅茶春摘み2017(べにふうき)2

【静岡県】カネトウ三浦園:手摘み和紅茶春摘み2017(べにふうき)

【この紅茶について】 この紅茶は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 先日記事を書きましたカネトウ三浦園さんの春茶です。 品種は同じくべにふうきです。 今年2017年の日本茶アワードプラチナ賞を …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

no image

【京都】椿堂:京都紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、『最初に京都の紅茶を全部集めてみよう』ミッションの時にいろいろ検索・聞き込みをして買いに行ったものです。場所は深草の近くにあり、京阪墨染駅の近所です。自転車で行ったの …

no image

凍らせて発酵させるお茶

基本なところに立ち戻りますが、 紅茶のような発酵したお茶の作り方って御存知ですか? 普通にお茶を飲んでる時は意識しませんが知識として、 茶摘み↓萎凋(しおらせる)↓揉捻(揉み上げる)↓発酵(酸化させる …

no image

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

【この紅茶について】 この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数 …

アーカイブ