国産紅茶レビュー 東京都

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)

投稿日:2017年6月2日

【この紅茶について】

この紅茶は、木下園さんから頂いた紅茶です。
緑茶にも使われれる「さやまかおり」という品種で、名前の通り、
『狭山』の地こと埼玉県で生まれた品種です。

渋みが強めで香りが良い品種で、緑茶で好まれて使われます。
この品種を使って紅茶を作る方も多く見受けられます。

【茶葉】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)1
茶葉は裁断されず、大きめの茶葉が存在感いっぱいに「畳まれて」ます。
撚られていると言うか、「畳まれて」ます。
裁断していない茶葉が好きな人は好きな形状だと思います。
急須とかポットとか普通の紅茶の淹れ方じゃなくて、茶壺とか中国茶での飲み方で飲むほうが向いているのかななんて思わせる茶葉です。

【水色・味・香り】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)2

3分淹れました。
水色は、薄いオレンジ色です。
香りは、ほんのり柑橘系の香りがします。
味は、ほぼ白湯なんですが、微かにツツジの花のような味がします。
3分ではやはり短すぎました。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、鮮やかで濃い朱色で、カップの縁が黄色いリングになってます。
香りは、ほんのり香ばし目です。
味は、ぐっと渋く、鼻から鮮やかなグリニッシュな香りが抜けていきます。

強めの春の紅茶っぽいです。

東京紅茶の本領は長く淹れたあとかもしれません。
味と香りの力強さを感じます。

【茶殻】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)3
一つ一つが、その形状を元に戻した茶殻です。
お茶の茶殻というよりも、落葉した濡れた葉そのもの。
全く裁断の形跡がないとここまでキレイに戻るものです。

茶番形状を第一に考える人にとっては、とても興味深い国産紅茶だと思います。

-国産紅茶レビュー, 東京都

執筆者:

関連記事

no image

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【この紅茶について】 こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。 京都宇治田原で作られた紅茶で、明 …

no image

島根:西製茶所:出雲国の紅茶

Twitterで『知り合いばかりでステマっぽいので、そうでない茶園のを書きたい』のようなことを書きました。 まあ、ただ、今の段階で買うにもしんどい所では、紹介の意味もないな・・・なんて思いまして、その …

【熊本県】桜野園:さくら紅茶2016-2

【熊本県】桜野園:さくら紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 「さくら紅茶」って書いてありますが、桜の紅茶ではありません。 普通の紅茶です。 勘違いされて、桜の香りがすると思う人もいるようです …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【熊本】水俣市茶生産協議会:みなまた茶 紅茶 自然栽培

【茶葉】 全体的に紅茶っぽく、きれいな撚りと鮮やかな黒が良いです。茎が若干残ってますが、この程度なら他の所でも同じなので問題ないと思います。ただ、香りが立たないのが気になります。 【水色】 水色は明る …

アーカイブ