国産紅茶レビュー 東京都

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)

投稿日:2017年6月2日

【この紅茶について】

この紅茶は、木下園さんから頂いた紅茶です。
緑茶にも使われれる「さやまかおり」という品種で、名前の通り、
『狭山』の地こと埼玉県で生まれた品種です。

渋みが強めで香りが良い品種で、緑茶で好まれて使われます。
この品種を使って紅茶を作る方も多く見受けられます。

【茶葉】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)1
茶葉は裁断されず、大きめの茶葉が存在感いっぱいに「畳まれて」ます。
撚られていると言うか、「畳まれて」ます。
裁断していない茶葉が好きな人は好きな形状だと思います。
急須とかポットとか普通の紅茶の淹れ方じゃなくて、茶壺とか中国茶での飲み方で飲むほうが向いているのかななんて思わせる茶葉です。

【水色・味・香り】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)2

3分淹れました。
水色は、薄いオレンジ色です。
香りは、ほんのり柑橘系の香りがします。
味は、ほぼ白湯なんですが、微かにツツジの花のような味がします。
3分ではやはり短すぎました。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、鮮やかで濃い朱色で、カップの縁が黄色いリングになってます。
香りは、ほんのり香ばし目です。
味は、ぐっと渋く、鼻から鮮やかなグリニッシュな香りが抜けていきます。

強めの春の紅茶っぽいです。

東京紅茶の本領は長く淹れたあとかもしれません。
味と香りの力強さを感じます。

【茶殻】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)3
一つ一つが、その形状を元に戻した茶殻です。
お茶の茶殻というよりも、落葉した濡れた葉そのもの。
全く裁断の形跡がないとここまでキレイに戻るものです。

茶番形状を第一に考える人にとっては、とても興味深い国産紅茶だと思います。

-国産紅茶レビュー, 東京都

執筆者:

関連記事

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-2

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016

【この紅茶について】 この紅茶の試飲は2回目です。 前回は2013年に、知り合い(中国茶の専門家)に頂いたものでした。 今回は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。 この4年間の間で、この『茨城のお茶 …

no image

【鹿児島】東八重製茶:紅ふうき茶

【紹介された紅茶】 ツイッターのフォロワーの方に『知り合いが、紅茶を作ってみたらしいので飲んでみてほしい』という連絡を受けまして、FB経由で連絡を入れさせていただき、いただきました。物がべにふうきなの …

no image

【静岡】益井園:かほり ふぁすと

【この紅茶について】 この紅茶は、前にも出てました益井園さんの紅茶です。 品種は香駿で、ファーストフラッシュ(1番茶)です。 そもそも、かおりに重点をおいて作られているので、淹れるためにお湯を注ぐ前か …

no image

【三重県】川戸紅茶:パール紅茶(緑)

【日本の頂点を極めたの紅茶】 『川戸紅茶』もしくは『パール紅茶』については、紅茶に詳しい人よりも、長距離運転手のトラッカーのあんちゃんあたりが詳しい人が多いという紅茶です。 地元亀山では『モーレツ紅茶 …

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

アーカイブ