国産紅茶レビュー 東京都

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)

投稿日:2017年6月2日

【この紅茶について】

この紅茶は、木下園さんから頂いた紅茶です。
緑茶にも使われれる「さやまかおり」という品種で、名前の通り、
『狭山』の地こと埼玉県で生まれた品種です。

渋みが強めで香りが良い品種で、緑茶で好まれて使われます。
この品種を使って紅茶を作る方も多く見受けられます。

【茶葉】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)1
茶葉は裁断されず、大きめの茶葉が存在感いっぱいに「畳まれて」ます。
撚られていると言うか、「畳まれて」ます。
裁断していない茶葉が好きな人は好きな形状だと思います。
急須とかポットとか普通の紅茶の淹れ方じゃなくて、茶壺とか中国茶での飲み方で飲むほうが向いているのかななんて思わせる茶葉です。

【水色・味・香り】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)2

3分淹れました。
水色は、薄いオレンジ色です。
香りは、ほんのり柑橘系の香りがします。
味は、ほぼ白湯なんですが、微かにツツジの花のような味がします。
3分ではやはり短すぎました。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、鮮やかで濃い朱色で、カップの縁が黄色いリングになってます。
香りは、ほんのり香ばし目です。
味は、ぐっと渋く、鼻から鮮やかなグリニッシュな香りが抜けていきます。

強めの春の紅茶っぽいです。

東京紅茶の本領は長く淹れたあとかもしれません。
味と香りの力強さを感じます。

【茶殻】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)3
一つ一つが、その形状を元に戻した茶殻です。
お茶の茶殻というよりも、落葉した濡れた葉そのもの。
全く裁断の形跡がないとここまでキレイに戻るものです。

茶番形状を第一に考える人にとっては、とても興味深い国産紅茶だと思います。

-国産紅茶レビュー, 東京都

執筆者:

関連記事

【岐阜県】なべしま銘茶:飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016-2

【岐阜県】なべしま銘茶: 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016

【 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 :この紅茶について】 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 は、今回飲む紅茶はもともとティーバッグで頂いたものです。 2.5gづつでしたので、2つ切って5gで …

no image

【静岡】井村製茶:菊川紅茶(やぶきた紅茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の井村製茶さんの紅茶です。 品種はやぶきたです。 紅富貴と随分風味も見た目も違ってます。 同じ茶園でも全く違うものが出来上がるのもまた面白いです。 【茶葉】 茶葉 …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

群馬子持紅茶2016春2

【群馬県】HOATEA:子持紅茶2016春

【この紅茶について】 この紅茶は、群馬県のお茶「子持茶」を紅茶にしたものです。 農家さんがただたんに作ったわけではなくて、 群馬県前橋市の紅茶専門店「ティーストア」(HOATEA)さんが監修してます。 …

no image

【静岡】丸子紅茶:べにひかり

【この紅茶について】 静岡丸子の丸子紅茶です。先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだとよく話されていましたので、やはり全国区だなって思います。 このべにひかりは、実は今年 …

アーカイブ