国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: 限定有機紅茶みなみさやか2018

投稿日:2019年10月13日

【 限定有機紅茶みなみさやか2018 この紅茶について】

限定有機紅茶みなみさやか2018 は宮崎県の宮崎茶房の紅茶です。
みなみさやかの紅茶は、非常に人気が高く、数多くのお茶の専門家が、自身の茶会にて代表的な国産紅茶として紹介します。
ただ、出るときと出ないときがあり、毎年安定して買えるかと言われるとそうではありません。
宮崎茶房さんのイベント出店で運良く変えれば、確実に手に入れたいそんな紅茶です。

過去にも試飲レビューを書いていますので、併せてご覧ください。

【宮崎県】宮崎茶房:みなみさやかSF2016(限定品)
【宮崎】宮崎茶房:みなみさやか

【茶葉】

限定有機紅茶みなみさやか2018 茶葉

茶葉は大ぶりで、一つ一つが団子のように撚られ丸まってます。
封を切ったときからすがすがしい香りが立ち上っていて、紅茶を淹れる前からすでに紅茶が始まってる感がする紅茶です。
お客の目の前で封を切って、その香りから楽しませるのも非常にいいでしょう。
スタートからおいしいとしか形容できない茶葉です。

【水色・味・香り】

限定有機紅茶みなみさやか2018 紅茶

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、注いだ時にバラの香りがしました。飲むときに口を近づけるとカラメルのような綿菓子のような香りがします。
味は、ほんのり甘い香りがします。が、ほぼ白湯です。

味の系統は、滋納系の風味がします。が3分ではまだ薄いのでこれからもっと変わりそうです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、アーモンドとカラメルとビスケットを混ぜたような香りです。
味は、甘い風味がひろがります。砂糖を入れていないのに。

時間がたっても、基本的には滋納系の紅茶です。
ただ、一般的な滋納系の国産紅茶と違い、香りも味も全然別物なので、生の和菓子と合わせるといいでしょう。
羊羹とか干菓子とかでは合わせきれないと思います。
ここぞというお客さんが来た時に出す紅茶としては最適です。

【茶殻】

限定有機紅茶みなみさやか2018 茶殻

茶殻は、ほぼ生の茶葉に戻ったような雰囲気を感じさせられます。
香りは枯葉のような香りがします。
一度でぎゅっと味と香りを出し切ったようなそんな雰囲気です。

でも、2煎目も淹れますけどね。

全体的に、お客さんが来たら出すのに向く紅茶かなという感じがします。
自分だけで飲んでもいいのですが、飲みだしてからほかの人と飲みたくなるようなそんな気持ちになります。
ぐいぐいと飲み上げる紅茶というよりも、本当に時間をかけて人と楽しんでいる時間のつなぎとして使うのに向いています。

そういう意味で、コミュニケーションに向いたおいしい国産紅茶です。

宮崎茶房さんの紅茶をお求めになりたいと思いましたら、ぜひ下記サイトを御覧ください。

株式会社 宮﨑茶房

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

no image

【栃木県】大金茶園;那須野紅茶

【納得いかない場合は販売しないという紅茶】 実際にお会いしたことはないので、伝聞要素が多いのですが、まずは、南山城紅茶の師匠筋に当たる紅茶です。そして、納得できなければ販売をしないという紅茶です。実際 …

no image

京都:永谷農園:永谷の手作り宇治紅茶

□検索すればヒットするけどひっそり売られていた 国産紅茶を集める際に、正直、どこからあたって良い物か困惑していました。声をかけても返ってこない。基本的に茶業組合はノータッチ。作ってる人たちは、他の茶園 …

no image

【愛媛】農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶

【茶葉】 パッと見、葉っぱが硬そうです。萎凋か発酵はどちらかが不十分な気配です。これは、実際に作ってる人達がみたら、すぐにわかると思います。ちょいちょいと、茎が多い気もします。ただ、繊維がすくないんで …

【大分県】山片茶園(Jastea):紅茶・青 在来2017-2

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea紅茶・青 在来2017

【 Jastea紅茶・青 在来2017 :この紅茶について】 Jastea紅茶・青 在来2017 は、お茶通販サイトのJasteaが、山片茶園さんに出向き、彼が考える手法で作った紅茶です。 『限りなく …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016-2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 この木下園製茶工場さんは、4年近くの付き合いです。 最初は購入をさせていただいて、ティーバッグを展開して試飲したのが始まりでした。 …

アーカイブ