国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: 限定有機紅茶みなみさやか2018

投稿日:

【 限定有機紅茶みなみさやか2018 この紅茶について】

限定有機紅茶みなみさやか2018 は宮崎県の宮崎茶房の紅茶です。
みなみさやかの紅茶は、非常に人気が高く、数多くのお茶の専門家が、自身の茶会にて代表的な国産紅茶として紹介します。
ただ、出るときと出ないときがあり、毎年安定して買えるかと言われるとそうではありません。
宮崎茶房さんのイベント出店で運良く変えれば、確実に手に入れたいそんな紅茶です。

過去にも試飲レビューを書いていますので、併せてご覧ください。

【宮崎県】宮崎茶房:みなみさやかSF2016(限定品)
【宮崎】宮崎茶房:みなみさやか

【茶葉】

限定有機紅茶みなみさやか2018 茶葉

茶葉は大ぶりで、一つ一つが団子のように撚られ丸まってます。
封を切ったときからすがすがしい香りが立ち上っていて、紅茶を淹れる前からすでに紅茶が始まってる感がする紅茶です。
お客の目の前で封を切って、その香りから楽しませるのも非常にいいでしょう。
スタートからおいしいとしか形容できない茶葉です。

【水色・味・香り】

限定有機紅茶みなみさやか2018 紅茶

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、注いだ時にバラの香りがしました。飲むときに口を近づけるとカラメルのような綿菓子のような香りがします。
味は、ほんのり甘い香りがします。が、ほぼ白湯です。

味の系統は、滋納系の風味がします。が3分ではまだ薄いのでこれからもっと変わりそうです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、アーモンドとカラメルとビスケットを混ぜたような香りです。
味は、甘い風味がひろがります。砂糖を入れていないのに。

時間がたっても、基本的には滋納系の紅茶です。
ただ、一般的な滋納系の国産紅茶と違い、香りも味も全然別物なので、生の和菓子と合わせるといいでしょう。
羊羹とか干菓子とかでは合わせきれないと思います。
ここぞというお客さんが来た時に出す紅茶としては最適です。

【茶殻】

限定有機紅茶みなみさやか2018 茶殻

茶殻は、ほぼ生の茶葉に戻ったような雰囲気を感じさせられます。
香りは枯葉のような香りがします。
一度でぎゅっと味と香りを出し切ったようなそんな雰囲気です。

でも、2煎目も淹れますけどね。

全体的に、お客さんが来たら出すのに向く紅茶かなという感じがします。
自分だけで飲んでもいいのですが、飲みだしてからほかの人と飲みたくなるようなそんな気持ちになります。
ぐいぐいと飲み上げる紅茶というよりも、本当に時間をかけて人と楽しんでいる時間のつなぎとして使うのに向いています。

そういう意味で、コミュニケーションに向いたおいしい国産紅茶です。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016-2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 この木下園製茶工場さんは、4年近くの付き合いです。 最初は購入をさせていただいて、ティーバッグを展開して試飲したのが始まりでした。 …

【鹿児島県】㈲屋久島八万寿茶園:屋久島有機紅茶ティーバッグ2017-2

【鹿児島県】㈲屋久島八万寿茶園: 屋久島有機紅茶ティーバッグ2017

【 屋久島有機紅茶ティーバッグ2017 :この紅茶について】 屋久島有機紅茶ティーバッグ2017 は、エコ茶会かシングルオリジンで購入したものです。 鹿児島は紅茶の大産地の一つです。 屋久島は南の方に …

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶ふじかおり2015年2nd

【この紅茶について】 佐賀の太田さんの国産うれしの紅茶に関しては、2013年に試飲レビューを書きました。 佐賀県:国産うれしの紅茶 前にこのネタ書いたかなぁ・・・って思ってましたが、書いてませんでした …

群馬子持紅茶2016春2

【群馬県】HOATEA:子持紅茶2016春

【この紅茶について】 この紅茶は、群馬県のお茶「子持茶」を紅茶にしたものです。 農家さんがただたんに作ったわけではなくて、 群馬県前橋市の紅茶専門店「ティーストア」(HOATEA)さんが監修してます。 …

no image

【滋賀】満田製茶:しがの紅茶

【茶葉】 選別がまだみたいで、荒茶っぽいです。ただ、全体的に裁断を入れているみたいで長さは均等にみえます。これがどこまでうまくいっているのかは楽しみです。 【水色】 色目はいい感じの赤です。甘酒っぽい …

アーカイブ