国産紅茶レビュー 東京都

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

投稿日:2017年5月31日

【この紅茶について】

【茶葉】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)1

この茶葉は手摘みで作っているそうで、形状がしっかりしているものばかりです。
しかもゴールデン芯目(ゴールデンチップとかシルバーチプとかの部分)も混ざっており、見た目も楽しいです。
東京紅茶さんで、こういう紅茶は始めてみたなぁという気がします。
こういうものを集めて特別版として売り出すのでしょうか。
実に楽しみな茶葉です。

【水色・味・香り】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)2

3分淹れました。
水色は、明るめの朱がかった橙色です。
香りは、ほんのりと草の茎のような香りがします。
味は、牧草のような青々しい香りが鼻から抜けていきます。
これももしかすると、3分では足りなかったかなという気もします。

味の系統は、まだわかりません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、明るめの赤色になりました。
香りは、存在感がわかるくらい、青々とした草の香りです。
味は、ふわっと青さが香った後に、ガツンと渋さが追いかけてきます。
さすが紅茶品種だなと言う感じです。

全体的には、長めに淹れたほうが良いともいます。
そのほうが、紅茶らしさを感じます。
砂糖にも耐えられる渋さで、軽くならミルクもいいかと思います。

シーズンはわかりませんが、春茶っぽい感じがします。

【茶殻】

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)3
茶葉の形状から想像できる通り、一枚一枚がキレイに開きました。
まるで、秋の枯れ葉がキレイに重なっているような感じです。
ほんとに手摘みなんだなあと思うと同時に、一つ一つ丁寧に摘んで加工したのだなというのが手に取るようにわかります。

さすがに、このようなきれいな茶葉ばかりが紅茶じゃないですが、こういうのも同時に作っていただくと、大変助かります。
バリエーションが増えて、楽しみが増えますので。

-国産紅茶レビュー, 東京都

執筆者:

関連記事

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶ふじかおり2015年2nd

【この紅茶について】 佐賀の太田さんの国産うれしの紅茶に関しては、2013年に試飲レビューを書きました。 佐賀県:国産うれしの紅茶 前にこのネタ書いたかなぁ・・・って思ってましたが、書いてませんでした …

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の井村製茶さんの紅茶で、 ファーストコンタクトは、11月1日に解説した当方のショッピングサイト『紅茶仲介部』での問い合わせでした。 続いて、フェイスブックグルー …

no image

【鹿児島】塗木製茶工場:知覧紅茶クラサワ

【この紅茶について】 ここでは3回目の紹介になります、神戸の『伸晃園』さんの取り扱っている紅茶です。 【茶葉】 茶葉は、裁断の目が細かいです。よく見ないとわからなかったのですが、一つ一つの撚りがきれい …

アーカイブ