国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

投稿日:2013年10月28日

【この紅茶について】

この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。
ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数箇所しか作ってない『べにほまれ』、そして鹿児島の試験場におけるアッサムの配合種『はつもみじ』などと同じく、純粋に紅茶になるべくして生まれた品種であるということです。
昭和46年の紅茶自由化以後、紅茶輸入量が急拡大し国内消費量が爆発的に増えていったにも関わらず、国内の紅茶品種は同時に消費が増えていった緑茶品種への改植という憂き目にあい、不遇の時代をたどることになるのです。

【茶葉】

国産紅茶20131027聖心の紅茶1

茶葉は撚りきらないのも混ざってますが、全体的には綺麗に発酵し、コンパクトに撚られています。
ただ、茶葉一つ一つのサイズが大きいので、写真は他の紅茶と同じく5~6gなのですが非常に大きく見えます。
国内でこのように大きい茶葉に作っている所は、紅茶を作り始めたところか中国茶を意識している所がほとんどで、『裁断しているのに茶葉が大きい』と言うのは、非常に珍しい例です。

【水色】

国産紅茶20131027聖心の紅茶2

水色は、透明な橙です。
香りは特に目立ったものもなく
香りは軽く香ばしい程度です。
どうやら、3分じゃほとんど出なかったようです。
もっと待つことにします。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は濃い赤茶色になりました。
香りは甘くて香ばしい感じがします。
味は、軽く酸味が乗ってますが、鼻から甘くて花のような香りが抜けていきます。
推奨は10分以上でしょうかね。
そうなると抽出中の保温状態の問題ですが、保温性の高いポットと保温性の高いティーコージーと座布団が入りますね。
もしくは魔法瓶。(もしくは、『魔法瓶』)
ゆっくり待つことで得られる味わいというのが、まああるんだなって改めて確認させられます。

【茶殻】

国産紅茶20131027聖心の紅茶3

茶殻は、開いた系です。
写真じゃわかりにくいかもしれませんが、茶殻は急須いっぱいに広がってます。
まさに『ふえるわかめ』状態。
紅茶を淹れていたというよりも『紅茶を漬けていた』というのが表現としてふさわしいかもしれません。
こういう茶殻になるのは、他は中国茶を意識したり、包種茶のような形状を目指した紅茶くらいです。
でも、この紅茶、裁断している紅茶です。

冒頭の

この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています』というのに、もう一つが書いてないやないかい!!

って思われる方がいらっしゃいますと思います。
そう、これはここまで隠しておく必要があったのです。※ないよ。
この紅茶は全国でも唯一の『女子校の管轄する茶園』だということです。
ご興味のある方は検索してください。
そして手にとって見てください。

もしかしたら、あなたが手にとったその『聖心の紅茶』は、女子学生が摘んだ『世界で唯一の紅茶』かもしれませんよ。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017-2

【京都府】和束紅茶: 和束紅茶みおく2017

【 和束紅茶みおく2017 :この紅茶について】 和束紅茶みおく2017 は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 よくよく調べてみたら、2017年の和束紅茶さんの紅茶を購入していないことが判明。 …

no image

【大分】杵築紅茶:べにたちわせ

【この紅茶について】 日本最古の紅茶専門店ティーハウスムジカで販売されてました今年の杵築紅茶『べにたちわせ』です。べにたちわせそのものは、そんなにも生産されていません。なので、珍しい品種と言えば珍しい …

no image

※再掲 【熊本】天の製茶園:天の紅茶

【この紅茶について】 一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。あと、個人的にももう一度検証して、この上位 …

no image

【奈良】さざんかの会:さざんか紅茶

【茶葉】 茶葉は全体的に小さくまとまり、綺麗にグリグリされてます。玉緑茶のような加工をしてるわけではないのでしょうが、綺麗にぐり茶の形式になってます。仕分けもほどほど良く、見た目は良い方です。 【水色 …

no image

【福岡】このみ園:八女紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、Twitterでお世話になってます知り合いが福岡に行った際に買ってきてくれたものです。この時にはこれの他に、いくつも買ってくれくれてました。誠にありがたく思います。 …

アーカイブ