国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房:みねかおり2017 ※多分セカンド

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶はおなじみ宮崎茶房さんの紅茶です。
シングルオリジンで購入しました。
『多分セカンド』と書いたのは、当日そう聞いていたはずだと思ったからです。
もしこの記事をご覧になられていて、違っている場合、Facebookページにメッセージ下さい。

一応、みねかおりのセカンドという体で、試飲をしていきます。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房:みねかおり2017 ※多分セカンド1
しっかりとした茶葉ががっしりと撚られてます。
一つ一つが重厚感を感じます。
見た目は青っぽいです。
下手するとまだ発酵していない雰囲気さえ感じます。
計量してても、正直どんな紅茶に成るか想像つきません。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房:みねかおり2017 ※多分セカンド2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、ライムとかレモンとか柑橘系の香りがします。
味は、ほんのり甘みとコクを感じます。

味の系統は、清廉系かと思います。
時間が経つとどのくらい化けるのか楽しみです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、綿菓子っぽい香りになりました。ただ重層な香りなのでマダなんかいそうです。
味は、コクと甘みが更に強くなりました。戻り香が花の茎のような香りで青っぽいです。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房:みねかおり2017 ※多分セカンド3
茶殻は一枚一枚がそのままの計上で元に戻ってます。
摘んできたままを紅茶のした感じです。
宮崎茶房さんの紅茶は基本的にこういう紅茶が多いです。
というかほとんどこれなのかもしれません。
手摘みなのか機械摘みなのか正直わからない物がほとんどです。
いつも飲んだ後まで楽しませてくれるお茶ですので、ぜひともこれを手に取られた方は、『淹れたあと』までご覧いただければと思います。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

no image

【京都】椿堂:京都紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、『最初に京都の紅茶を全部集めてみよう』ミッションの時にいろいろ検索・聞き込みをして買いに行ったものです。場所は深草の近くにあり、京阪墨染駅の近所です。自転車で行ったの …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【埼玉】田畑園:和風紅茶

【茶葉】 淹れやすくブロークンにしたのかと思います。選別はブロークンにしたせいか、さほど目立ってませんが、繊維や茎が混ざってるので、仕分けはほどほどにしたのかなって思います。 【水色】 番茶みたいな風 …

no image

≪国産紅茶レビュー100記事目≫【京都】南山城紅茶プロジェクト:やぶきた

【この紅茶について】 100記事目がこの紅茶になったのは偶然です。狙ってません。南山城紅茶は、僕が本格的に紅茶を集め出した時に一番最初に関わることのできた紅茶製造チームです。南山城村役場の方が関わって …

【大分県】山片茶園(Jastea):紅茶・青 在来2017-2

【大分県】山片茶園(Jastea):紅茶・青 在来2017

【この紅茶について】 この紅茶は、お茶通販サイトのJasteaが、山片茶園さんに出向き、彼が考える手法で作った紅茶です。 『限りなく青く、香りを高めた紅茶』ということですが、実際どのように入るのか確認 …

アーカイブ