国産紅茶レビュー 福岡県

【福岡】おぼろ紅茶:奥八女上陽茶おぼろ紅茶(緑)

投稿日:2013年10月8日

【この紅茶について】

国産紅茶20131008おぼろ紅茶緑1

これは前回のおぼろ紅茶(赤)でも触れましたが、
福岡に行った知り合いからお土産でもらった国産紅茶です。
なんで赤と緑と分けたのかな・・・って思ってたんですが、
前の記事を読み直して思い出しました。
こりゃ、分けないとダメだわ・・・
特徴が全然違う紅茶ですから。
ただ、日本国内でこの相反する特徴を作ってしまうという点は
その根元の技術力の高さに感服します。

【茶葉】

国産紅茶20131008おぼろ紅茶緑2

茶葉は綺麗に揃えられて細く撚られています。
茎・繊維のようなものは見られず、パッと見みえるのは、柔らかい芯芽の部分だと分かりました。
手摘みなのか・・・
茶葉を取り出すときから既に香りが。
こういうのを本当に『紅茶』って言うんだよなと。

【水色】

国産紅茶20131008おぼろ紅茶緑3

水色はワインレッドで、鮮やかな透明感です。
香りは、注いだときは凍頂烏龍やダージリンのFFに似た香りに、甘い紅茶らしい花の香りがします。
味は軽く渋く、爽やかです。
飲んで鼻から抜ける感じが、いわゆるスリランカやインドのイメージとは全く違う、台湾の紅茶が近いです。
いい紅茶でも、1袋30gと少ないんですよね・・・

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は、赤が濃くなり深くなりました。
香りは変化なし。というか、増減せずにそのまま。抜群の安定感。
味は渋みが強くなり、ずっしりとした感覚になりました。
これに、砂糖と牛乳(昨日のイベントで余ったの)を入れてみようかな・・・

※しばらくお待ちください

砂糖だけ入れたら、渋みが一気に強くなりましたが
牛乳を入れたら、渋みが沈静化。
牛乳の匂いと紅茶の香りが混ざっていい感じの甘い香りになりました。

【茶殻】

国産紅茶20131008おぼろ紅茶緑4

茶殻は一見膨らんだ系に見えますが、茶葉と比較してもらえばわかりますが、
短い茶葉が開いた茶殻でした。
細かいBOPにならない程度の短さで裁断しているので、一見どっちなのかなって
思います。
山片くんとのところといい、こういう裁断していると、実に淹れ易いです。

一つ悔やむところがあるとすれば、茶殻にまだいい香りが残っていたということ。
きっちり出しきれてなかったのは、僕の未熟の致すところ・・・

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 福岡県

執筆者:

関連記事

no image

【宮崎】宮崎茶房:みやざき有機紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、前に東京の某有名紅茶専門店にも卸されているやまなみやみなみさやかを作っている宮崎茶房さんの『ブレンド』商品です。使われている品種は複数のものをブレンドしているので、何 …

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-2

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016

【この紅茶について】 この紅茶は。地紅茶サミット奈良で購入しました。 ただ、宮崎茶房さんは、毎年吉田山大茶会で購入している茶農家さんです。 なので、ここでは「吉田山で出していない紅茶を下さい」とリクエ …

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-1

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で買いました。 って書くと「え~、まだあるやん」って言われますが、これは当時店頭に並んでなかったものを売ってもらいました。 故に、「地紅茶サ …

【奈良県】TEA FARM MITOCHA:-緋-いろは2017-2

【奈良県】TEA FARM MITOCHA:-緋-いろは2017

【この紅茶について】 この紅茶は吉田山大茶会で購入しました。 初めて買った紅茶なので、どのような中身なのか楽しみです。 奈良県は、だんだん紅茶を作っている人が表に出てくるようになっています。 この積極 …

no image

【三重】川戸紅茶:パール紅茶(赤)

【この紅茶について】 前回のパール紅茶(緑)の時も書きましたが、これは昔日本の頂点を名実ともに極めた紅茶です。「自称日本一」ではなく、品評会制度が紅茶にもあったときに、何度も日本一に輝いています。それ …

アーカイブ