国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】久保田農園:和紅茶Erina2016(ティーバッグ)

投稿日:2017年3月2日

【この紅茶について】

これは、地紅茶サミット奈良で購入しました。
この久保田農園さんの紅茶は、他の人話でちらほら出てきておりました。
「奈良で紅茶をそんなにも作っていない」時期から、その名前を聞いており、長い間頑張っている農園さんの一つです。
ここのリーフの紅茶は、良い評判を聞きます。
さてティーバッグだったらどうなるのでしょうか。

【茶葉】

【奈良県】久保田農園:和紅茶Erina2016(ティーバッグ)1
茶葉はミンチです。
CTCをイメージしていると思うのですが、ミンチです。
前にある農家さんが、ひき肉機で紅茶を作ってました。
別名「ミンチ紅茶」と呼んでました。
それと同じくらいミンチです。
ほんとにひき肉機で作られたのでしょうか。

品種はつゆひかりで、緑茶品種です。

【水色・味・香り】

【奈良県】久保田農園:和紅茶Erina2016(ティーバッグ)2
3分淹れるとこのように成りました。
水色は、クリアな赤茶色です。思った以上に濃いめです。
香りは、少しスモーキーですが花のような香りです。
味は、かすかに渋みを感じますが、香ばしくスッキリしてます。

味の系統は、清廉と望蘭の間ぐらいです。
というか、3分でここまで出るんだなぁって感心してます。
見た目、本当にミンチ茶なのに。

しばらく成りました。
水色は、真っ黒です。僅かに赤いくらいに黒です。
香りは、濃いめの香ばしさがぐっと落ち着きを持たせています。
味は、少し渋みが顔をだしますが、やはり濃い香ばしさがあります。
ただ、温度が落ち着くと、ぐっと酸味が出てきます。
そこそこ熱めのうちに飲むほうが良いですね。

さっき、清廉と望蘭の間って言いましたが、これは望蘭系のです。
濃いです。
誰に飲ましても、紅茶としか言いようが無いです。
国産紅茶では珍しいタイプです。

【茶殻】

【奈良県】久保田農園:和紅茶Erina2016(ティーバッグ)2
茶殻の形状は、あのミンチ状態から広げたような感じです。
全体的に、挽かれてパット見紅茶に見えません。
ですが、これはCTCの派生なんだと考えると、腑に落ちます。
つくづくいろんな製法があるなだなと思いました。

誰かミンチ紅茶に挑戦してみませんか?

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】桜野園:さくら紅茶

【茶葉】 茶葉は短めですが、綺麗に寄られてます。 姿かたちも綺麗な茶葉です。 細かめなので微細な重さも測りやすいです。 改めて見てみるといい茶葉だったんだな、って思います。 【水色】 水色は赤黒いけど …

no image

【岡山】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、去年(2012年)の地紅茶サミットの開催地岡山県高梁市の紅茶で、 主催者グループの作っているものです。 元々は農家グループの地紅茶だったのですが、今メインで作っていら …

【神奈川県】如春園:こゆるぎ紅茶2017-2

【神奈川県】如春園:こゆるぎ紅茶2017

【この紅茶について】 この紅茶は、SNSで紹介を受け購入しました。 神奈川県の紅茶自体が初めての購入です。 神奈川県で紅茶を作っていることはいくつか確認はしていました。 購入チャンネルと機会がなかった …

no image

【静岡】豊好園:かなやみどり

【この紅茶について】 この紅茶は豊好園さんから購入した紅茶の第3弾です。今回はかなやみどりです。ここで作られている品種別紅茶はまだまだありますので、続々更新していきます。これだけ品種別に紅茶を作ってい …

no image

≪国産紅茶レビュー100記事目≫【京都】南山城紅茶プロジェクト:やぶきた

【この紅茶について】 100記事目がこの紅茶になったのは偶然です。狙ってません。南山城紅茶は、僕が本格的に紅茶を集め出した時に一番最初に関わることのできた紅茶製造チームです。南山城村役場の方が関わって …

アーカイブ