京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17)

投稿日:2017年12月29日

【 京都地紅茶2017(べにふうき17) :この紅茶について】

京都地紅茶2017(べにふうき17) は、京都市の京北町で購入した紅茶です。
品種はべにふうきです。

過去の記事については、こちらを御覧ください。

【京都府】京都地紅茶:常蓮山発酵茶2017

【京都】京都地紅茶:京都地紅茶2017(べにふうき15)

【京都府】京都地紅茶:京のべに茶2017

今回購入したのは、以上の4商品です。
各々面白い紅茶でした。

【茶葉】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -1
茶葉はおおぶりです。
裁断の形跡も見られません。
細く撚られた茶葉は、針金のようです。
この状態でもほんのりと甘めの香りが漂ってきます。
見た目が非常にきれいなので、フルリーフ派の方々は好む紅茶ではないでしょうか。

【水色・味・香り】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、注いだ時にバラのような香りが立ち上りました。カップの中では淡いアーモンドのような香りがします。
味は、甘さとコクが軽くします。

味の系統は、滋納系と清廉系の間で、滋納系よりです。ですがまだ薄い印象が感じられますので、次を待ちます。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙になりました。
香りは、酒粕の香りの中に軽くアーモンドっぽい香りを感じます。
味は、香ばしさとコクを感じます。ライトなコーヒーを飲んているような感じです。

この内容で言えば、味の系統は望蘭系になってしまいます。
時間の経過とともに味の雰囲気が明確に変わっていく紅茶が初めてだったので、なんの系統で言えばいいか少し悩みます。

【茶殻】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -3
茶殻は茶葉の形状をそのまま開いたような感じになりました。
こちらも手摘みだったのでしょうか。
多くは1葉目のような雰囲気の茶葉です。
香りもほぼ残ってませんでした。
時間にもよるんですんが、出の良い紅茶と言えるのではないでしょうか。

この紅茶は、2通りの使い方ができます。
浅めに淹れて香りを楽しむ方法、長めに淹れて香ばしさを楽しむ方法。
気持ちを落ち着けたい時に浅めに淹れて、気分をリセットさせたい時に長めに淹れるといいでしょう。

使い分けができる紅茶って非常に面白いですね。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【宮崎県】宮崎茶房: 五ヶ瀬紅茶こうしゅんiemae2019-パッケージ

五ヶ瀬紅茶こうしゅんiemae2019 :宮崎茶房【宮崎県】

【 五ヶ瀬紅茶こうしゅんiemae2019 この 和紅茶 について】 今日の 和紅茶 は、宮崎県の宮崎茶房さんの 五ヶ瀬紅茶こうしゅんiemae2019 をご紹介します。 宮崎茶房さんは、主に ・やま …

北限の村上茶 富士美園20130403 雪国紅茶2012 -茶液

雪国紅茶2012 :北限の村上茶 富士美園【新潟県村上市】

【 雪国紅茶2012 この和紅茶について】 今回の和紅茶は、新潟県の富士美園さんの 雪国紅茶2012 をご紹介します。 厳密には『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。(2013年記事を …

日本の紅茶べにふうき1st2019:森内茶農園【静岡県】-パッケージ

日本の紅茶べにふうき1st2019 :森内茶農園【静岡県】

【 日本の紅茶べにふうき1st2019 この 和紅茶 について】 今日の 和紅茶 は、静岡県の森内茶農園さんの 日本の紅茶べにふうき1st2019 をご紹介します。 静岡県は、日本トップクラスの国産紅 …

人と農・自然をつなぐ会20131026 瀬戸谷もみじ2013 -2

【静岡県】㈲人と農・自然をつなぐ会: 瀬戸谷もみじ2013

【 瀬戸谷もみじ2013 この紅茶について】 今回は、静岡県の㈲人と農・自然をつなぐ会さんの 瀬戸谷もみじ2013 をご紹介します。 『人と農・自然をつなぐ会』は長い間完全無農薬・有機で栽培していらっ …

国産紅茶20131105 丸子紅茶べにひかり2011 -2

【静岡県】丸子紅茶 : 丸子紅茶べにひかり2011

【 丸子紅茶べにひかり2011 この紅茶について】 今回は、静岡県の丸子紅茶さんの 丸子紅茶べにひかり2011 をご紹介します。 先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだと …

アーカイブ