京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17)

投稿日:2017年12月29日

【 京都地紅茶2017(べにふうき17) :この紅茶について】

京都地紅茶2017(べにふうき17) は、京都市の京北町で購入した紅茶です。
品種はべにふうきです。

過去の記事については、こちらを御覧ください。

【京都府】京都地紅茶:常蓮山発酵茶2017

【京都】京都地紅茶:京都地紅茶2017(べにふうき15)

【京都府】京都地紅茶:京のべに茶2017

今回購入したのは、以上の4商品です。
各々面白い紅茶でした。

【茶葉】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -1
茶葉はおおぶりです。
裁断の形跡も見られません。
細く撚られた茶葉は、針金のようです。
この状態でもほんのりと甘めの香りが漂ってきます。
見た目が非常にきれいなので、フルリーフ派の方々は好む紅茶ではないでしょうか。

【水色・味・香り】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、注いだ時にバラのような香りが立ち上りました。カップの中では淡いアーモンドのような香りがします。
味は、甘さとコクが軽くします。

味の系統は、滋納系と清廉系の間で、滋納系よりです。ですがまだ薄い印象が感じられますので、次を待ちます。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙になりました。
香りは、酒粕の香りの中に軽くアーモンドっぽい香りを感じます。
味は、香ばしさとコクを感じます。ライトなコーヒーを飲んているような感じです。

この内容で言えば、味の系統は望蘭系になってしまいます。
時間の経過とともに味の雰囲気が明確に変わっていく紅茶が初めてだったので、なんの系統で言えばいいか少し悩みます。

【茶殻】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -3
茶殻は茶葉の形状をそのまま開いたような感じになりました。
こちらも手摘みだったのでしょうか。
多くは1葉目のような雰囲気の茶葉です。
香りもほぼ残ってませんでした。
時間にもよるんですんが、出の良い紅茶と言えるのではないでしょうか。

この紅茶は、2通りの使い方ができます。
浅めに淹れて香りを楽しむ方法、長めに淹れて香ばしさを楽しむ方法。
気持ちを落ち着けたい時に浅めに淹れて、気分をリセットさせたい時に長めに淹れるといいでしょう。

使い分けができる紅茶って非常に面白いですね。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

太田さんちの紅茶 熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになりま …

【埼玉県】清水園製茶工場:埼玉夢紅茶2016-2

【埼玉県】清水園製茶工場:埼玉夢紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット2016奈良で購入しました。 ゆめわかばという品種で、全国的にもコレを紅茶に使っている人はそういないでしょう。 今回見たのが、初めてかとおもいます。 ( …

no image

【宮崎】岩佐製茶:高原町産紅茶

【このお茶について】 この紅茶は、普通に買いに行ったものじゃなくて、Twitterで紹介を受けて注文しました。テレビかラジオの地方放送で紹介されていたものらしく全国的に放送されていなかったので、注文し …

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

no image

【宮崎】宮崎茶房:みなみさやか

【この紅茶について】 毎年、吉田山大茶会に出品していただいてもらってます宮崎茶房さんの別の品種の紅茶です。みなみさやかだったかな・・・東京の有名紅茶専門店さんで、レギュラーメニューとして入れられていた …

アーカイブ