京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17)

投稿日:2017年12月29日

【 京都地紅茶2017(べにふうき17) :この紅茶について】

京都地紅茶2017(べにふうき17) は、京都市の京北町で購入した紅茶です。
品種はべにふうきです。

過去の記事については、こちらを御覧ください。

【京都府】京都地紅茶:常蓮山発酵茶2017

【京都】京都地紅茶:京都地紅茶2017(べにふうき15)

【京都府】京都地紅茶:京のべに茶2017

今回購入したのは、以上の4商品です。
各々面白い紅茶でした。

【茶葉】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -1
茶葉はおおぶりです。
裁断の形跡も見られません。
細く撚られた茶葉は、針金のようです。
この状態でもほんのりと甘めの香りが漂ってきます。
見た目が非常にきれいなので、フルリーフ派の方々は好む紅茶ではないでしょうか。

【水色・味・香り】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、注いだ時にバラのような香りが立ち上りました。カップの中では淡いアーモンドのような香りがします。
味は、甘さとコクが軽くします。

味の系統は、滋納系と清廉系の間で、滋納系よりです。ですがまだ薄い印象が感じられますので、次を待ちます。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙になりました。
香りは、酒粕の香りの中に軽くアーモンドっぽい香りを感じます。
味は、香ばしさとコクを感じます。ライトなコーヒーを飲んているような感じです。

この内容で言えば、味の系統は望蘭系になってしまいます。
時間の経過とともに味の雰囲気が明確に変わっていく紅茶が初めてだったので、なんの系統で言えばいいか少し悩みます。

【茶殻】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -3
茶殻は茶葉の形状をそのまま開いたような感じになりました。
こちらも手摘みだったのでしょうか。
多くは1葉目のような雰囲気の茶葉です。
香りもほぼ残ってませんでした。
時間にもよるんですんが、出の良い紅茶と言えるのではないでしょうか。

この紅茶は、2通りの使い方ができます。
浅めに淹れて香りを楽しむ方法、長めに淹れて香ばしさを楽しむ方法。
気持ちを落ち着けたい時に浅めに淹れて、気分をリセットさせたい時に長めに淹れるといいでしょう。

使い分けができる紅茶って非常に面白いですね。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【大分県】杵築紅茶:杵築紅茶べにたちわせ-2

【大分県】杵築紅茶: きつき紅茶べにたちわせ

【 きつき紅茶べにたちわせ について】 日本最古の紅茶専門店ティーハウスムジカで販売されてました2013年の きつき紅茶べにたちわせ です。 べにたちわせそのものは、そんなにも生産されていません。 な …

天の上紅茶2018パッケージ

【熊本県】天の製茶園: 天の上紅茶2018

【 天の上紅茶2018 この紅茶について】 今回は、熊本県の天の製茶園さんの 天の上紅茶2018 をご紹介します。 天の製茶園さんで作られている天の紅茶の中の上位グレードの国産紅茶です。 通常の天の紅 …

【奈良県】上久保さん:奈良月ヶ瀬紅茶2016-2

【奈良県】上久保さん:奈良月ヶ瀬紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は奈良県の紅茶です。 僕自身、面識がないので詳しくは言えませんが、奈良県は国産紅茶がどんどん増えている感じがしました。 もしかすると、宇治茶地域の中で一番多いかもしれませ …

国産紅茶20130430有機紅茶やまなみ2012

【宮崎県】宮崎茶房: 有機紅茶やまなみ2012

【 有機紅茶みなみさやか2013 この紅茶について】 今回は宮崎県の宮崎茶房さんの 有機紅茶やまなみ2012 をご紹介します。 毎年6月ごろに記事にしてます『吉田山大茶会』 今年もありますが、そこに見 …

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-2

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 地味に数を増やし始めている「燻製した」紅茶です。 紅茶を燻製すると聞くと、驚く人も多いですが、紅茶を発酵後に燻製して加熱する紅茶は …

アーカイブ