京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17)

投稿日:2017年12月29日

【 京都地紅茶2017(べにふうき17) :この紅茶について】

京都地紅茶2017(べにふうき17) は、京都市の京北町で購入した紅茶です。
品種はべにふうきです。

過去の記事については、こちらを御覧ください。

【京都府】京都地紅茶:常蓮山発酵茶2017

【京都】京都地紅茶:京都地紅茶2017(べにふうき15)

【京都府】京都地紅茶:京のべに茶2017

今回購入したのは、以上の4商品です。
各々面白い紅茶でした。

【茶葉】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -1
茶葉はおおぶりです。
裁断の形跡も見られません。
細く撚られた茶葉は、針金のようです。
この状態でもほんのりと甘めの香りが漂ってきます。
見た目が非常にきれいなので、フルリーフ派の方々は好む紅茶ではないでしょうか。

【水色・味・香り】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、注いだ時にバラのような香りが立ち上りました。カップの中では淡いアーモンドのような香りがします。
味は、甘さとコクが軽くします。

味の系統は、滋納系と清廉系の間で、滋納系よりです。ですがまだ薄い印象が感じられますので、次を待ちます。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙になりました。
香りは、酒粕の香りの中に軽くアーモンドっぽい香りを感じます。
味は、香ばしさとコクを感じます。ライトなコーヒーを飲んているような感じです。

この内容で言えば、味の系統は望蘭系になってしまいます。
時間の経過とともに味の雰囲気が明確に変わっていく紅茶が初めてだったので、なんの系統で言えばいいか少し悩みます。

【茶殻】

【京都府】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき17) -3
茶殻は茶葉の形状をそのまま開いたような感じになりました。
こちらも手摘みだったのでしょうか。
多くは1葉目のような雰囲気の茶葉です。
香りもほぼ残ってませんでした。
時間にもよるんですんが、出の良い紅茶と言えるのではないでしょうか。

この紅茶は、2通りの使い方ができます。
浅めに淹れて香りを楽しむ方法、長めに淹れて香ばしさを楽しむ方法。
気持ちを落ち着けたい時に浅めに淹れて、気分をリセットさせたい時に長めに淹れるといいでしょう。

使い分けができる紅茶って非常に面白いですね。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【埼玉県】心向樹:べにふうき2016(赤いラベル)2

【埼玉県】心向樹:べにふうき2016(赤いラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 心向樹さんは、農家さんではなくて茶商さんです。 いろんな地に出向き、品質の良いお茶を求めて、それを小分けにして販売しています。 こ …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 かぐや姫

【この紅茶について】 この紅茶は㈱水車むらさんの生産です。 前にも触れましたが、自由化国産紅茶が消滅した後に開始し、 今や国産紅茶の生産のリーダーの一人です。 この紅茶は、そこで作られたやぶきたの紅茶 …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、そしてホテ …

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶2017-2

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶2017

【 加賀の紅茶2017 :この紅茶について】 加賀の紅茶2017は、石川県で作られた紅茶です。 2009年から販売が始まり、今年で8年目を迎えました。 この間、いろいろ試行錯誤を繰り返しながら改善を身 …

【熊本県】お茶のカジハラ:告茶春摘みべにふうき和紅茶2017-2

【熊本県】お茶のカジハラ: 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017

【 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 :この紅茶について】 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 は、何度となく登場してます熊本県のお茶のカジハラさんの『告茶』シリーズです。 熊本といえば、今年地紅茶 …

アーカイブ