三重県 国産紅茶レビュー

【三重】川戸紅茶:パール紅茶(赤)

投稿日:2013年9月9日

【この紅茶について】

前回のパール紅茶(緑)の時も書きましたが、これは昔日本の頂点を名実ともに極めた紅茶です。
「自称日本一」ではなく、品評会制度が紅茶にもあったときに、何度も日本一に輝いています。
それが現在にも続く系譜の紅茶です。
緑との違いは、こちらの方が少し安く買えます。
もしかして、毎年価格が違うかもしれませんので、現地に行かれるか、お問い合わせの上
お買い求めください。


大きな地図で見る

【茶葉】

国産紅茶20130909パール紅茶赤1

茶葉はこちらも淹れ易い様に茶葉が小さくなってます。
一瞬、粉なのか茶葉なのか悩んだこともありました。
(もちろん茶葉です)
ただ、測りやすくて淹れ易い茶葉であることは間違いなしです。

【水色】

国産紅茶20130909パール紅茶赤2

水色は、鮮やかな「紅茶の」赤です。
香りは、最初から紅茶以外形容できない香りです。
飲んだ時に鼻から抜けた香りにしても同じです。
甘い紅茶独特の香りが抜けていきます。
(アッサムのSF以降のリーフの香りが近いかもしれません。)
渋みはそんなに乗ってませんでしたが軽く風味がかってます。
3分はこれでも短いなって印象です。
やはり5分以上でしょうか。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

国産紅茶20130909パール紅茶赤3

補正をしているわけじゃないんですが、
そこが濃い朱にそまり、全く見えません。
香りは落ち着きましたが、やはり濃くて甘い典型的な紅茶の香りがします。
しっかり入れた分、渋いです。
ただ、鼻から抜ける香りが甘く爽やかで国産紅茶であることを疑うようなものです。

で、もう、砂糖と牛乳入れてきてもいいですかね?

【茶殻】

国産紅茶20130909パール紅茶赤4

茶殻は、小さい茶葉にありがちな「膨らんだ」ではなく、
一つ一つが開いた茶葉です。
しかも、カットサイズが全部ほぼ同じで、いつ淹れても同じように飲めるという
品質の均一化を茶園単位で行えている例なのかなと思います。

やはり、すげえな。

明日も、更新します。

-三重県, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

no image

【佐賀】北野農園:有機うれしの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、直接知り合いではなく、佐賀嬉野にお茶のイベントで行かれた大阪の知り合いから勧められていた紅茶です。話に聞いてから随分たってたんですが、改めて買える算段がついたので、購 …

no image

【栃木県】大金茶園;那須野紅茶

【納得いかない場合は販売しないという紅茶】 実際にお会いしたことはないので、伝聞要素が多いのですが、まずは、南山城紅茶の師匠筋に当たる紅茶です。そして、納得できなければ販売をしないという紅茶です。実際 …

no image

【大分】山片茶園:かなやみどり

【この紅茶について】 この記事でも何回も出ております『山片茶園』の紅茶です。日本には400軒紅茶を作っており、商品数も1000点以上と言われていますが、ここの紅茶と比できる紅茶は数少ないです。僕自身、 …

no image

【岐阜】新世紀工房:東白川生まれの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、「都道府県集中注文」の時に、一気に買った岐阜県産紅茶の一部です。岐阜県は「白川茶」で代表されるお茶の産地です。こちらでも、いくつかの茶農家さんがチャレンジをして紅茶を …

アーカイブ