国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良】月ヶ瀬健康茶園:べにほまれ

投稿日:2013年9月20日

【この紅茶について】

前にも、テレビに出られる前に記事にしましたが、
イギリスで飲んだ紅茶に感動して、実家でも作ってみようと紅茶作りをされている
月ヶ瀬健康茶園の紅茶です。
品種は、川戸紅茶と同じく、べにほまれで、ここでは他にも色々な品種の紅茶を作ってます。
べにふうき、べにひかり、あと緑茶品種のものとか青茶の品種のものとか、実験的なものも含めて色々作っているそうですが、一度お会いしただけの僕には、一切回ってくることはありません。
そこは、紅葉の岡本さんとかもっと有名な方々のところに行ってるんでしょうね。
(そらそうだ、こっちに持ってきても、まだ金にならんし)

【茶葉】

国産紅茶20130920月ヶ瀬べにほまれ1

茶葉が、一枚一枚が形がきっちり残ってその上で綺麗に撚られています。
ライトの加減で青が強調されてますが、実際はまだ黒いです。
ですが、この状態でも、随分いい茶葉だなって思います。
若干測る時大変でしたが(なかなか数字が合わなくて)どこにも出しても恥ずかしくない
いい茶葉です。

【水色】

国産紅茶20130920月ヶ瀬べにほまれ2

水色は薄い橙です。
香りは、セカンドのはずなのに、青茶のような香りがします。
(人によってはダージリンのような香りというかも)
味はわずかに渋い程度。
この段階から言うと、3分では絶対的に短すぎたってことでしょう。
5分は欲しかったかもしれません。
この段階では、『香りを楽しむ紅茶』です。
まるで、中国・台湾のお茶みたいですね。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目は3倍増し以上で赤みを帯びた色になってます。
香りは先ほどの青茶っぽい香りに、甘い花の香りが追加されてます。
味は、ずしっと渋くて、鼻から抜ける香りが心地いいです。
まさしく『紅茶』という。
ただ、ミルクや砂糖をざぶざぶ入れるというわけでなく、そのままでさらりと飲んでもらいたい雰囲気です。
キームンとかディンブラとかダージリンとか、そんな感じの紅茶に仕上がってます。
さすが、岩田さん・・・

【茶殻】

国産紅茶20130920月ヶ瀬べにほまれ3

茶葉と比較してもらえればわかりますが、
絵に書いたような『開く系の茶殻』です。
残り香は、もう出しきった感があるのですが、
なんか、もう1回出そうな気配です。
一度淹れきってから2煎目ではなく1/3ぐらいなくなって差し湯がいいかもしれません。
それで、通常の1.6666…倍楽しめると思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

【大分】山片茶園:おくみどり2012秋

【この紅茶について】 この紅茶は、去年の山片茶園のおくみどりで作った紅茶で本人は『微妙』と評していた紅茶です。もらってから、随分経つのに、まだ『封を開けたら芳香が漂う』チートな紅茶です。 【茶葉】 例 …

no image

【静岡】井村製茶:菊川紅茶(やぶきた紅茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の井村製茶さんの紅茶です。 品種はやぶきたです。 紅富貴と随分風味も見た目も違ってます。 同じ茶園でも全く違うものが出来上がるのもまた面白いです。 【茶葉】 茶葉 …

no image

【静岡】丸子紅茶:べにひかり

【この紅茶について】 静岡丸子の丸子紅茶です。先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだとよく話されていましたので、やはり全国区だなって思います。 このべにひかりは、実は今年 …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡県川根本町の紅茶です。 毎年みていますので、おなじみの紅茶です。 昨日は、香駿という品種でしたが、次はみらいと言う品種で、益井園さんが自己管理茶園から選抜して作っ …

アーカイブ