参考資料

【某所】とある秘密の国産紅茶5

投稿日:2013年9月20日

【この紅茶について】

この紅茶は、平成24年産で、品種は在来です。
こちらも、試しに頂いたものなので、農家さんとかを伏せさせていただきます。
ちなみに、今年もこの農家さんからは頂いてます(試作を)ので、

【茶葉】

国産紅茶20130920秘密1

茶葉は、若干緑茶っぽい形状もありますが、全体的にぐりぐりしていて面白い感じです。
ぐり茶の紅茶って感じでしょうか。
茎・繊維が散見しますが、ほかと比べれば圧倒的に少ないです。
製品としての意識が高く、形のいい紅茶です。

【水色】

国産紅茶20130920秘密2

水色は綺麗な赤です。
香りは、若干甘酒のような感じの穀物香がします。
味は、かすかに番茶ぽいですが、ほぼ白湯です。
3分じゃ短いですね。
これも5分以上のものです。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は黒く濃い赤になりました。
ここで渋みが乗っかかり、風味が出てきましたが、若干番茶っぽい。
温度が落ち着くと、酸味が顔を出してきました。
でも、探せばこんな海外の紅茶もあるな、って感じの風味です。
多分、砂糖や牛乳に負けますが、レモンティーにしたり、レモンアメを溶かすと
随分美味しくなると思います。

【茶殻】

国産紅茶20130920秘密3

茶殻は、膨らんだ系の茶殻です。
カット度合いも小さいですが、もしかしたらもっと小さい茶葉が多いので
そういうふうに見えてしまうのかな、なんて思ってしまいます。
今年になってから若干変わってますが、まだ伸びしろがある紅茶なので
首を長くして待ってます(o ̄∀ ̄)ノ”

明日も、更新します。

-参考資料

執筆者:

関連記事

ティーポット

和紅茶の底力を『あげていく』には

国産紅茶・和紅茶の現実を直視する 国産紅茶は、いたるところで見かけるようになりました。 最近では大手メーカーもティーバッグやドリンクなど、多岐にわたって展開を始めています。 これも、平成が始まってから …

金沢の氷室のまんじゅう

【閑話休題】京都の水無月と金沢の氷室開き

6月30日は京都では『水無月』です 今日は、Twitterを見ていても、Facebookを見ていても、この和菓子がよく登場する日でした。 夕飯を食べ終えると、ふと嫁さまと『甘いモノが食べたいね』と意見 …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶8

【この紅茶について】 この紅茶は、『今年の新作』と言ってもらったものです。袋から一掴みなので、荒茶状態だということは予告済みです。 【茶葉】 茶葉は、取り出すときは若干玉になってましたが、なんとかわら …

アーカイブ