国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】益井園:益井紅茶みらいせかんど

投稿日:2013年9月11日

この紅茶について

毎年、吉田山大茶会に来られていて、
ほぼ全種類試飲できるという太っ腹ぶりをひろされている益井園さんです。
前々回・前回・今回そして、岡山と含めて4回お会いしているのですが、
まともにご挨拶をしたことがないので、未だに顔ばれはしていないという展開です。
若干、寂しいやらなんやら。
まあいいですけど・・・

追伸:2014年の吉田山大茶会にて、益井さんにはれてご挨拶。
1日だけブースのお手伝いをしました。

茶葉

20130814みらいせかんど1

茶葉は試飲もかねて、今年吉田山で買ったみらいせかんどを使ってます。
撚りの綺麗さもさることながら、仕分けがちゃんとできているので、
見た目がきれいです。
前から丁寧に作ってるのは知ってましたが、
写真にとって大きく見るとより一層、特徴がわかります。
この撮影は、自分にとっても勉強になるので良いと思ってます。

水色

20130814みらいせかんど2

香りがめちゃくちゃいい。
『ざ・紅茶』というばかりに、さわやかで清々しい香りがします。
花の香りと言いたいけど、東方美人とかと同じような感じの香り。
ただマスカテルフレーバーじゃなくて、上等な青茶のような香りです。
渋みは軽くある程度。
軽ーく酸味が乗るか乗らないか。
これは淹れたてが一番おいしいかもしれないけど、長く淹れたのも楽しみです。

長く淹れた方は、色目はさほどかわりはありませんでしたが、
香りが濃くなってました。
渋みも味もよりはっきり出てきて、『そのまま飲めるおいしい紅茶』状態です。
僕が宣伝するまでもなく、ずいぶん有名人なので、知ってる人も多いのですがね。
人に勧めても問題ない紅茶です。

茶殻

20130814みらいせかんど3

いつものことながら、茶殻の香りをかいでみたのですが、
紅茶に流れるべき香りが残ってなくて、きっちり出てました。
僕自身は、煙い渋い香りが好きじゃないので、『悪い香り』というのですが、
これが茶殻から出ている紅茶は、軒並みいい抽出になる紅茶です。

ここの紅茶がずっと続いてくれればなぁ・・・って思います。
(益井さんもいい年なので)

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


  1. SECRET: 0
    PASS:
    >みらい生産農家 益井さん
    先日は紅茶・烏龍茶商談会、お疲れ様です。
    参加した方の話を聞く限り、益井さん以外のたくさんの農家さんの紅茶も『ちゃんと紅茶らしくなってきている』と聞きましたので、大変嬉しく思います。
    その中でも飛び抜けて、益井さんの紅茶がこれからもおいしい紅茶であり続けることをお祈り申し上げます。
    記憶にある上では、最低でも、4回お目にかかってるのですが、基本引っ込み思案なのでほかの方みたいに挨拶はしてなかったかと思います。
    (どこが引っ込み思案やねん)
    またいつかの機会にでも、よろしくお願いいたします。

  2. みらい生産農家 益井 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    丁寧に評価いただき、ありがとうございます。
    多分、何度かお目にかかっているのでしょうが、
    顔バレしてませんね。
    まあ、自分自身、物覚えに何があるので・・・。
    次世代に繋げていきたいと思い、町内でも過激に活動してますが、煎茶の産地ゆえの難しさもあります。

  3. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >喫茶去 きっさこさん
    去年の地紅茶サミットのパネルディスカッションでもお話しされてましたが(観客席から)
    香りを非常に重視した作りをしているそうです。
    まだこちらのレビューでは紹介しませんが『みおぷれみあむ』の香りは段違いだそうです。
    お気に召せば、お店でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    益井さん、いつもパワフルですよね
    益井さんのギャバ茶は、静岡県の認定した中山間地の100銘茶で知っていましたが 紅茶もぜひ飲んでみたいです
    紅茶なのに青茶の香りがするなんて益々興味あります♪

関連記事

【大分県】山片茶園:在来セカンドフラッシュ2017-2

【大分県】山片茶園:在来セカンドフラッシュ2017

【この紅茶について】 このブログではおなじみの、大分県の山片茶園さんの紅茶です。 今年から、紅茶が変わったところがあると聞きました。 厳密にどのように変わったのかが興味のある所です。 実際に飲んで確認 …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

no image

静岡:タネカ太田園:太田さんちの紅茶

□熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになります。それが熟成と …

no image

【静岡】石原園:与一郎紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。輸出用釜炒り茶・ぐり茶など …

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017-2

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017

【この紅茶について】 この紅茶は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 よくよく調べてみたら、2017年の和束紅茶さんの紅茶を購入していないことが判明。 毎年の変化を確認するためにも必要なので、2 …

アーカイブ