国産紅茶レビュー 宮崎県

宮崎:宮崎茶房:やまなみ

投稿日:2013年5月5日

□出会いは吉田山

毎年6月ごろに記事にしてます『吉田山大茶会』
今年もありますが、そこに見ている限りでは毎年参加されています。
毎回ひっそりとブースを構えていらっしゃるので、正直人だかることもありません。
ですが、去年、ジークレフさんかどこかが別の品種を販売されていたような気がします。
もしかしたら、今年はそれに気付いている方が、吉田山まで来るかもしれないと思ってます。

□中国茶のようなきれいな撚り

20130430宮崎宮崎茶房やまなみ1

僕は均一に裁断されたり、CTCのように量りやすい茶葉を好みます。
ただ、フルリーフが嫌いだというわけではありません。
他人様に出すときに『同じ茶葉なのに毎回味が違う』とかいうのが気に食わないだけです。
ただ、自分で飲むときは別で同じ味だったら飽きるでしょう。
毎回違った発見があると新鮮なものです。

中国茶はそういう傾向があると思います。
少しづつじらしながら正体を見せていく。

これもそういう茶葉だと思います。
まあ、人によってはこういうきれいな柔らかそうなリーフはポリポリかじりたいというそうですが。

□自分の経験値で変わる印象

実は最初の印象は『薄いだけの紅茶』という印象でした。

20130430宮崎宮崎茶房やまなみ2

今は、ある程度鼻が直ってきたので(元々鼻が悪いので)香りをかぎ分けることができるようになりました。
そうしましたら、蜜っぽいなまめかしい香りがしているの気づきました。
時間を追うごとに、香りも顔を変えていく。
3分段階では、味はライトなのですが、5分を超えると渋みが追い付いてきて、紅茶感が増します。
ただ、長い事つけっぱなしにしていると典型的な国産紅茶の表情になってしまうので、5分をめどに茶葉から上げるといい雰囲気が持続するのではないかなって思いました。

□すべて出し切った茶がら

20130430宮崎宮崎茶房やまなみ3

見た目は蓋椀で出した中国茶のような開き方です。
ただ、違うのは、香りがこれでもか!!って出たあとで、
燃え尽きた感があります。
つまり、『今飲んだ紅茶にすべてをささげた』素晴らしい紅茶って感じでしょうか。
大体は、何かしら香りとか何かが残る茶葉が多いのですが、
これだけすっきり出ると、かえってすがすがしく、『また淹れよう』って気にもなります。

事実、この茶葉とみなみさやかは、もう少ししかありません・゜・(ノД`)・゜・
今年も買えることを切に願います。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)

【この紅茶について】 この紅茶は、木下園さんから送られた紅茶第3弾です。 べにふうきと印雑(インドで取ってきた品種の雑種なんだけど選抜された品種)のブレンドです。 紅茶を作る時に、印雑を使う例はよく見 …

no image

【富山】富山紅茶の会:くれはの紅茶

この紅茶の事 この紅茶は、富山の紅茶ですが、作るのは鳥取の陣構茶生産組合で作られてます。ですが、茶葉は富山のお茶で、富山産の紅茶です。これと似た方式で作っているのが、加賀の紅茶で、そちらは、加賀市で取 …

no image

【鹿児島】塗木製茶工場:知覧紅茶クラサワ

【この紅茶について】 ここでは3回目の紹介になります、神戸の『伸晃園』さんの取り扱っている紅茶です。 【茶葉】 茶葉は、裁断の目が細かいです。よく見ないとわからなかったのですが、一つ一つの撚りがきれい …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【福岡】鶴製茶園:八女の紅茶『紅鶴』

【茶葉】 茶葉は、綺麗にカットされていて計量しやすかったです。発酵は強めなのかもしれません。青目の茶葉がほとんど見当たりませんでした。 【水色】 水色は綺麗な紅色です。微かに新茶のような青い香りがして …

アーカイブ