国産紅茶レビュー 大分県

大分:山片茶園:田舎のお茶やの紅茶です(レギュラー)

投稿日:2013年5月4日

□一期一会の普及品

本人にも確認してますが、『レギュラー商品は単品で売るには忍びなく、ブレンドすると本気を出すロットを集めている』というものです。
つまり、今から書くレビューがこうだという感想を書いても、今実際に買って飲む場合は全く違うお茶になるという事です。
そういう意味でも、『一期一会』なんだと思っていただければいいと思います。

あんまり何回も書くとステマっぽいですが、
『ここのレギュラー行の品質は、他の茶園での国産紅茶よりも質が高い』です。

その点だけご了承ください。

□きれいに切りそろえられる茶葉

基本的に裁断機にかけて均一化しています。
これはいつでも安定した味で出せると言う事でもあります。

20130422山片茶園レギュラー1

□いろんな味がちゃんぽん

20130422山片茶園レギュラー2

感想は『渋いのやら香りが華やかなのやら甘いのやら』いろいろな状態。
つっけぱなしにしておくと、香りそのものが別の紅茶かと思うような変身ぶりを見せます。
これに砂糖ミルクを入れてもいいんだけど、それをするといろんな個性が消えてしまうような予感がしてしまう。
でも、おもしろそうなので、記事にはしないけど個人的にやってみようかななんて思うわけです。
『紅茶の感覚のリセット』にはいいかと思います。

□淹れる前に隠れていた茶葉出てくる

20130422山片茶園レギュラー3

淹れる前は基本的に『見た目普通の色の紅茶』でした。
そこはいろんなロットといろんなシーズンがブレンドされているお茶です。
なかから青い茶葉が出てきたりします。
あとで『あの香りはこの茶葉・・・この味はこの茶葉か・・・』なんてマニアックな検証もできます。
いろんな意味で面白いものを作るな、三代目・・・

今年も期待してますよ(o ̄∀ ̄)ノ”

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【岡山】寿園:ももたろう紅茶

【茶葉】 茶葉は図りやすくそろえて丁寧に仕上がってます。重さをはかってた時に、わずかな誤差も調整できるように綺麗にそろってました。手間がかかってるなと感じます。 【水色】 3分では薄いかもしれない。渋 …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

no image

≪国産紅茶レビュー100記事目≫【京都】南山城紅茶プロジェクト:やぶきた

【この紅茶について】 100記事目がこの紅茶になったのは偶然です。狙ってません。南山城紅茶は、僕が本格的に紅茶を集め出した時に一番最初に関わることのできた紅茶製造チームです。南山城村役場の方が関わって …

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 前にもこの農家さんの紅茶は紹介していますが、これはそのべにふうきです。 太田重喜製茶工場さんのべにふうきは、今まで飲んだ事がないか …

no image

【三重】川戸紅茶:パール紅茶(赤)

【この紅茶について】 前回のパール紅茶(緑)の時も書きましたが、これは昔日本の頂点を名実ともに極めた紅茶です。「自称日本一」ではなく、品評会制度が紅茶にもあったときに、何度も日本一に輝いています。それ …

アーカイブ