国産紅茶レビュー 大分県

大分:山片茶園:田舎のお茶やの紅茶です(レギュラー)

投稿日:2013年5月4日

□一期一会の普及品

本人にも確認してますが、『レギュラー商品は単品で売るには忍びなく、ブレンドすると本気を出すロットを集めている』というものです。
つまり、今から書くレビューがこうだという感想を書いても、今実際に買って飲む場合は全く違うお茶になるという事です。
そういう意味でも、『一期一会』なんだと思っていただければいいと思います。

あんまり何回も書くとステマっぽいですが、
『ここのレギュラー行の品質は、他の茶園での国産紅茶よりも質が高い』です。

その点だけご了承ください。

□きれいに切りそろえられる茶葉

基本的に裁断機にかけて均一化しています。
これはいつでも安定した味で出せると言う事でもあります。

20130422山片茶園レギュラー1

□いろんな味がちゃんぽん

20130422山片茶園レギュラー2

感想は『渋いのやら香りが華やかなのやら甘いのやら』いろいろな状態。
つっけぱなしにしておくと、香りそのものが別の紅茶かと思うような変身ぶりを見せます。
これに砂糖ミルクを入れてもいいんだけど、それをするといろんな個性が消えてしまうような予感がしてしまう。
でも、おもしろそうなので、記事にはしないけど個人的にやってみようかななんて思うわけです。
『紅茶の感覚のリセット』にはいいかと思います。

□淹れる前に隠れていた茶葉出てくる

20130422山片茶園レギュラー3

淹れる前は基本的に『見た目普通の色の紅茶』でした。
そこはいろんなロットといろんなシーズンがブレンドされているお茶です。
なかから青い茶葉が出てきたりします。
あとで『あの香りはこの茶葉・・・この味はこの茶葉か・・・』なんてマニアックな検証もできます。
いろんな意味で面白いものを作るな、三代目・・・

今年も期待してますよ(o ̄∀ ̄)ノ”

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

no image

京都:永谷農園:永谷の手作り宇治紅茶

□検索すればヒットするけどひっそり売られていた 国産紅茶を集める際に、正直、どこからあたって良い物か困惑していました。声をかけても返ってこない。基本的に茶業組合はノータッチ。作ってる人たちは、他の茶園 …

no image

【鹿児島】東八重製茶:紅ふうき茶

【紹介された紅茶】 ツイッターのフォロワーの方に『知り合いが、紅茶を作ってみたらしいので飲んでみてほしい』という連絡を受けまして、FB経由で連絡を入れさせていただき、いただきました。物がべにふうきなの …

no image

【熊本】お茶のカジハラ:告茶

【十三の国産紅茶の拠点】 というと、本人が怒りますけどね。 今回の告茶(つげちゃ)は、僕が直接知り合いでも買いに行ったわけでもありません。 毎度お世話になっております、『日本茶の』専門店”茶淹”さんで …

no image

【熊本】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶

【茶葉】 本来、3gティーバッグに入ってるんですが、包装を開けました。釜炒り茶っぽい雰囲気はするんですが、選別がちょっと不十分。機械選別の限界なのですかね。 【水色】 水色は明るい橙。香りは特徴なし。 …

アーカイブ