国産紅茶レビュー 福岡県

【福岡】星野製茶園:星の紅茶

投稿日:2013年8月23日

【この紅茶について】

この国産紅茶は九州北部の集中豪雨の時に注文しました。
たまたまです。
全く意図してませんでした。
生産地の星野村が被害が大きかったので、大丈夫かなと思ってたのですが、
無事連絡が入り発送となりました。
まだまだ復旧の途中らしいのですが、頑張って欲しいと思います。

【茶葉】

20130823星の紅茶1

紅茶を目指して作ったというよりかは、緑茶の形をした紅茶という感じです。
これが緑茶ならいい形状の緑茶じゃないでしょうか。
分別も思いのほかきっちりしあげてますので、荒茶感はほぼないです。
撚りも入っており、コンパクトな茶葉です。
ザクザク裁断するのもいいですが、こういうふうにある程度小さくできるよう挑戦してみるのも必要なのじゃないかと思います。

【水色】

20130823星の紅茶2

香りは思った以上に、紅茶らしく、ほんのり番茶っぽいかなと思ったら
良い烏龍茶に似た鮮かな香りがしてきました。
渋みは思った以上にもありますが、多分、砂糖や牛乳に負ける程度。
軽く酸味が見え隠れするけれど、これは紅茶と言ってもいいと思う紅茶です。

長く漬けていたらどう変わるでしょうか。

色目は15%ましぐらい。
思った以上に濃くなりませんでした。
ほんのり甘い紅茶らしい香りが強くなり、渋みが控えられ変わってお茶らしい味が出てきました。
でも砂糖や牛乳に耐えられそうにないので、ストレートようですかね。
でも、この風味なら、番茶度が高い国産紅茶と半々で淹れてアイスティーにすると香ばしく爽やかいいものになりそうです。

【茶殻】

20130823星の紅茶3

茶葉は綺麗に展開されています。
膨らんだという感覚でではなく、元々使った茶葉が上の方の柔らかいものを使っているなとわかります。
紅茶は大きい葉を加工する技術がなければ、一芯二~三葉までがおいしい紅茶になると多くの農家さんが言います。
緑茶でも同じなのですが、量産で安定して海外に負けない紅茶を作れない現状では、一つ一つ丁寧に作ることこそが、国産紅茶の認知度と人気を高める基本の方法なのかと思います。

明日も更新します。

-国産紅茶レビュー, 福岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】益井園:みお ぷれみあむ

【この紅茶について】 この紅茶は益井園さんの紅茶で品種『香駿』です。 『かおり』シリーズでも特にいいロットに『みおぷれみあむ』という商品名をつけるそうです。 益井園さんの紅茶はかおりのセカンドが、秋に …

no image

【鹿児島】伸晃園:知覧紅茶かなや

【きっかけはツイッター】 正確には、伸晃園さんは販売のお茶屋さんで、作ってるのは鹿児島の塗木さんという茶農家さんです。テレビでも紹介されるエコファーマーの有名人で、紅茶用に品質を安定させるためのでっか …

no image

【岐阜】新世紀工房:東白川生まれの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、「都道府県集中注文」の時に、一気に買った岐阜県産紅茶の一部です。岐阜県は「白川茶」で代表されるお茶の産地です。こちらでも、いくつかの茶農家さんがチャレンジをして紅茶を …

no image

【静岡】森内茶農園:べにふうき2nd(2012)

【茶葉】 茶葉は大きめで綺麗に撚られています。品のいい中国茶(もしくは台湾茶)の青茶のような感じです。細かい作業手順を確か聞いていたようなきがするんですが、イマイチ忘れました。ただ、毎年紅茶と合わせて …

no image

【岐阜】こころ野農園:こころ野紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は『岐阜県一気買い』の時に購入した紅茶です。一気買いと言っても、ネットで検索していける所をまとめて買っただけなんですがね。岐阜県がお茶のある程度の生産地だとはその時に知り …

アーカイブ