国産紅茶レビュー 石川県

加賀の紅茶『輝』2018 :茶レンジの会【石川県】

投稿日:2019年6月7日

【 加賀の紅茶『輝』2018 この紅茶について】

加賀の紅茶『輝』2018 は、石川県加賀市の打越製茶農業協同組合の有志の方々と石川県茶商工業協同組合で作られている加賀地方の紅茶です。

毎年、打越の製茶場で製茶されています。
購入は石川県の日本茶専門店やアンテナショップなどで販売されいます。
石川県のお土産として、徐々に人気が高まっております。

このブログでは過去に試飲記事を書いていますので、おなじみの紅茶でもあります。

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶2017

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

石川:加賀の紅茶

【 加賀の紅茶『輝』2018 茶葉】

【石川県】小林屋茶舗: 加賀の紅茶『輝』2018 -1
茶葉の形状は、ざっくりと大ぶりに裁断され、折り畳まれて平たい形をしています。
チップをすくって測っているようなそういう感じがしました。

茶葉そのものは非常に軽く、茶葉そのものも薄手の茶葉です。
お湯の表面に張るように浮くんだろうなとう印象を受けました。

【水色・味・香り】

【石川県】小林屋茶舗: 加賀の紅茶『輝』2018 -2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、わらや落ち葉っぽい香りがします。
味は、甘さと植物の蔓や茎のような風味がします。

味の系統は、滋納系です。典型的な滋納系で、滋納系の説明をするときに一番わかり易い味です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、樹皮のような香りが強く表に出てきました。
味は、収斂性のある酸味がぐっと表に押し出てきます。

わかりやすいくらい代表的な滋納系の紅茶です。
時間を掛けずにあっさりと淹れると、紅茶とは思えないようなライトな感じでのめます。
食べ物との相性は高いでしょう。

【茶殻】

【石川県】小林屋茶舗: 加賀の紅茶『輝』2018 -3
茶殻はざっくりしたチップが広がってます。
大きさはそろっており、ある程度形を決めて製茶したような印象を受けます。

残り香は蒸した枯れ葉のような香りで、入れる前から全部どこを切り取っても滋納系の国産紅茶という印象です。

まさしく『日本らしい紅茶の模範』と言えるのではないでしょうか。

石川県の加賀の紅茶をお求めになりたいと思いましたら、ぜひ下記サイトを御覧ください。

加賀の紅茶トップページ – いれ方 石川県茶商工協同組合 – 加賀棒茶

-国産紅茶レビュー, 石川県

執筆者:

関連記事

日本の紅茶やぶきた2019:森内茶農園【静岡県】-パッケージ

日本の紅茶やぶきた2019 :森内茶農園【静岡県】

【 日本の紅茶やぶきた2019 この 和紅茶 について】 今日の 和紅茶 は、静岡県の森内茶農園さんの 日本の紅茶やぶきた2019 をご紹介します。 今回使われている、やぶきたは、緑茶の品種で、日本で …

杵築紅茶 国産きつき紅茶べにふうき2017 -茶液

国産きつき紅茶べにふうき2017 :杵築紅茶【大分県】

【 国産きつき紅茶べにふうき2017 この和紅茶について】 国産きつき紅茶べにふうき2017 は、大分県の杵築市で作られている杵築和紅茶さんの和紅茶です。 知る人ぞ知る紅茶の名手です。 前まではティー …

【京都府】永谷農園(永谷知良):一番摘み宇治の和紅茶2017-2

【京都府】永谷農園: 一番摘み宇治の和紅茶2017

【 一番摘み宇治の和紅茶2017 :この紅茶について】 一番摘み宇治の和紅茶2017 は、2013年に仕入れ、ご挨拶に行き2014年は直販をさせていただいておりました。 それから3年経ちまして、久しぶ …

20131112山片茶園 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド -2

【大分県】山片茶園: 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド

【 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド この紅茶について】 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド は、先日の京都和束茶源郷まつりで出品した商品です。 ホントは別のものを山片くんに頼んでいた所、それが …

【静岡県】釜炒り茶柴本:釜炒り茶柴本の手つみ蜜香茶2019-パッケージ

釜炒り茶柴本の 手つみ蜜香茶2019 :釜炒り茶柴本【静岡県】

【 手つみ蜜香茶2019 この和紅茶について】 今日の和紅茶は、静岡県の釜炒り茶柴本さんの 手つみ蜜香茶2019 をご紹介します。 この紅茶は2019年の秋に東京で行われているTea for Peac …

アーカイブ