国産紅茶レビュー 石川県

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶『輝』2018

投稿日:

【 加賀の紅茶『輝』2018 この紅茶について】

この紅茶は、石川県加賀市の打越製茶農業協同組合の有志の方々と石川県茶商工業協同組合で作られている加賀地方の紅茶です。
毎年、打越の製茶場で製茶されています。
購入は石川県の日本茶専門店やアンテナショップなどで販売されいます。
石川県のお土産として、徐々に人気が高まっております。

このブログでは過去に試飲記事を書いていますので、おなじみの紅茶でもあります。

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶2017

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

石川:加賀の紅茶

【茶葉】

【石川県】小林屋茶舗:加賀の紅茶『輝』20188-1
茶葉の形状は、ざっくりと大ぶりに裁断され、折り畳まれて平たい形をしています。
チップをすくって測っているようなそういう感じがしました。

茶葉そのものは非常に軽く、茶葉そのものも薄手の茶葉です。
お湯の表面に張るように浮くんだろうなとう印象を受けました。

【水色・味・香り】

【石川県】小林屋茶舗:加賀の紅茶『輝』2018-2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、わらや落ち葉っぽい香りがします。
味は、甘さと植物の蔓や茎のような風味がします。

味の系統は、滋納系です。典型的な滋納系で、滋納系の説明をするときに一番わかり易い味です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、樹皮のような香りが強く表に出てきました。
味は、収斂性のある酸味がぐっと表に押し出てきます。

わかりやすいくらい代表的な滋納系の紅茶です。
時間を掛けずにあっさりと淹れると、紅茶とは思えないようなライトな感じでのめます。
食べ物との相性は高いでしょう。

【茶殻】

【石川県】小林屋茶舗:加賀の紅茶『輝』2018-3
茶殻はざっくりしたチップが広がってます。
大きさはそろっており、ある程度形を決めて製茶したような印象を受けます。

残り香は蒸した枯れ葉のような香りで、入れる前から全部どこを切り取っても滋納系の国産紅茶という印象です。

まさしく『日本らしい紅茶の模範』と言えるのではないでしょうか。

-国産紅茶レビュー, 石川県

執筆者:

関連記事

no image

【滋賀】満田製茶:しがの紅茶

【茶葉】 選別がまだみたいで、荒茶っぽいです。ただ、全体的に裁断を入れているみたいで長さは均等にみえます。これがどこまでうまくいっているのかは楽しみです。 【水色】 色目はいい感じの赤です。甘酒っぽい …

【宮崎県】宮崎茶房:みねかおり2017 ※多分セカンド2

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房みねかおり2017 ※多分セカンド

【 宮崎茶房みねかおり2017 :この紅茶について】 宮崎茶房みねかおり2017 はおなじみ宮崎茶房さんの紅茶です。 シングルオリジンで購入しました。 『多分セカンド』と書いたのは、当日そう聞いていた …

no image

【熊本】天の製茶園:天の上紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、前に再掲載した天の紅茶の上位品目です。天の紅茶ですらあのクオリティーなのにまだ上があるのかと驚くばかりです。この商品があることを知ったのは、仲介させてもらうために天野 …

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

no image

【熊本】水俣市茶生産協議会:水俣茶 紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、自分で買ったものじゃなくて、ある方が水俣のある方経由で頂いたものをさらにこちらに頂いて、飲ませていただいてもらってます。常日頃お忙しすぎて、もらった熊本の紅茶の数々を …

アーカイブ