国産紅茶レビュー 石川県

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶『輝』2018

投稿日:

【 加賀の紅茶『輝』2018 この紅茶について】

この紅茶は、石川県加賀市の打越製茶農業協同組合の有志の方々と石川県茶商工業協同組合で作られている加賀地方の紅茶です。
毎年、打越の製茶場で製茶されています。
購入は石川県の日本茶専門店やアンテナショップなどで販売されいます。
石川県のお土産として、徐々に人気が高まっております。

このブログでは過去に試飲記事を書いていますので、おなじみの紅茶でもあります。

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶2017

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

石川:加賀の紅茶

【茶葉】

【石川県】小林屋茶舗:加賀の紅茶『輝』20188-1
茶葉の形状は、ざっくりと大ぶりに裁断され、折り畳まれて平たい形をしています。
チップをすくって測っているようなそういう感じがしました。

茶葉そのものは非常に軽く、茶葉そのものも薄手の茶葉です。
お湯の表面に張るように浮くんだろうなとう印象を受けました。

【水色・味・香り】

【石川県】小林屋茶舗:加賀の紅茶『輝』2018-2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、わらや落ち葉っぽい香りがします。
味は、甘さと植物の蔓や茎のような風味がします。

味の系統は、滋納系です。典型的な滋納系で、滋納系の説明をするときに一番わかり易い味です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、樹皮のような香りが強く表に出てきました。
味は、収斂性のある酸味がぐっと表に押し出てきます。

わかりやすいくらい代表的な滋納系の紅茶です。
時間を掛けずにあっさりと淹れると、紅茶とは思えないようなライトな感じでのめます。
食べ物との相性は高いでしょう。

【茶殻】

【石川県】小林屋茶舗:加賀の紅茶『輝』2018-3
茶殻はざっくりしたチップが広がってます。
大きさはそろっており、ある程度形を決めて製茶したような印象を受けます。

残り香は蒸した枯れ葉のような香りで、入れる前から全部どこを切り取っても滋納系の国産紅茶という印象です。

まさしく『日本らしい紅茶の模範』と言えるのではないでしょうか。

-国産紅茶レビュー, 石川県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

【静岡県】井村製茶:金谷和紅茶ももかPremium2017(べにふうき)2

【静岡県】井村製茶: 金谷和紅茶ももかPremium2017

【 金谷和紅茶ももかPremium2017 :この紅茶について】 金谷和紅茶ももかPremium2017 は神戸ティーフェスティバルで購入しました。 先日記事を書きました『金谷和紅茶ももか』の今年のも …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

【和歌山県】(株)モリカワ:川添紅茶2016-2

【和歌山県】(株)モリカワ:川添紅茶2016

【この紅茶について】 和歌山県白浜にて、おみやげとして販売していたものです。 中身は、3g入ってるティーバッグでした。 和歌山県の紅茶としては、いろいろありますが、ここの会社のは初めてみました。 和歌 …

【静岡県】紅茶専門店 紅葉~くれは~:天香2017(製造:井村製茶)

【 天香2017 : この紅茶について】 この紅茶は、佐賀の国産紅茶専門店紅葉(くれは)さんで販売されていた紅茶です。 このお店は、店主が全国いろんな国産紅茶からセレクトをし、一般向け販売や卸などを行 …

アーカイブ