国産紅茶レビュー 石川県

石川:加賀の紅茶

投稿日:2013年4月2日

私は、能登生まれ金沢育ちです

うちの故郷では、はたから見ると冗談かと思われますが、
本当に『個人で茶室を作ってる』人がいます。
といっても、別棟を建てるのではなく、家の一角を4畳半にして一部を釜を入れるようにしてます。

そういう所ですので、お茶に関しては茶道をはじめとする抹茶ばかりかというとそうではなく、
普段の生活は『番茶』と称する関東の人でいうほうじ茶を飲んでます。
急須でも薬缶でも楽なので、みんなそうしてます。

基本的に紅茶とは無縁な土地柄だった

金沢は江戸の時代から『文化都市』もしくは『大都市』と言われてきました。
(一部の人はまだその認識を持ってます)
明治以降、他地域との経済格差が広がる一方、
元々の富裕層が東京に行ってしまい、師団司令部がおかれるまで
本当に存亡の危機だったそうです。
そして、町人文化でなく武家文化中心だったため、
新しいものを入れる風土が乏しく、結果として伝統的なものが数多く残るという結果になったのでしょう。
(ただ、学業に対する一部の人の熱意は高く、現在IT企業が数多く存在してます)

そういう『排他的な生活文化圏で紅茶にチャレンジする』と言う事は、
いわば、衝撃でした。

それでも、金沢で紅茶を作る

検索していただければわかると思いますが、
今のところ、『ちゃんと紅茶を提供できるお店』は石川県で5軒しかない。
100万以上人口がいるのに5軒。
150万以上いる京都は30軒以上ある。
更に増殖中。
そんな我が故郷石川でそういう挑戦を続けている『加賀の紅茶』のチームの方々には敬意を表したいです。
(誰だか、直接知ってるんですけどね)

『茶葉の話はいいのか?』

茶葉は

加賀の紅茶20120401-1

毎年よりわけがきっちりして行ってるらしく、荒茶っぽさがありません。
今回も、400cc5g3分から淹れます。

金沢の紅茶ということで

加賀の紅茶20120401-2

ライトが足りないわけじゃなくて、3分でこのくらいの色目になりました。
金箔が浮かんでるのは、まあいたずらということで。
(加賀の紅茶には金箔は入ってません)
番茶に似た渋さと、香ばしい風味。
個人的には、濃い目に淹れて、アイスにする方が好きかな。
(去年、アイスティーネタとして書いていたと思う)
うだる暑さの中で、国産紅茶ミルクティー(やぶきたかそれに近い緑茶品種)は
ものすごく合います。

計量しやすい茶葉

これも裁断をかけているのか

加賀の紅茶20120401-3

軽量がしやすいです。
味を安定させれるので嬉しいです。
この紅茶は、収穫は石川県加賀市ですが、製茶は静岡の丸子紅茶です。
そう言う意味で、味にブレがないんですね。

-国産紅茶レビュー, 石川県

執筆者:


関連記事

【静岡県】益井園:みおぷれみあむ2017-2

【静岡県】益井園: みおぷれみあむ2017

【 みおぷれみあむ2017 :この紅茶について】 みおぷれみあむ2017 は、静岡県の益井園さんの紅茶です。 茶品種の香駿の中でもよりすぐったものをこの名前をつけています。 なので、香りの広がり方が尋 …

no image

【愛媛】農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶

【茶葉】 パッと見、葉っぱが硬そうです。萎凋か発酵はどちらかが不十分な気配です。これは、実際に作ってる人達がみたら、すぐにわかると思います。ちょいちょいと、茎が多い気もします。ただ、繊維がすくないんで …

no image

【静岡】石原園:与一郎紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。輸出用釜炒り茶・ぐり茶など …

【京都府】和束紅茶:京都和束紅茶そうふう2018-パッケージ

【京都府】(株)和束紅茶: 京都和束紅茶そうふう2018

【 京都和束紅茶そうふう2018 この紅茶について】 今回は、京都府の和束紅茶さんの 京都和束紅茶そうふう2018 をご紹介します。 このブログで幾度となくご紹介させていただいる和束紅茶さんですが、こ …

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016-2

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】 かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。 購入が6月でしたので、必然的に2016年です。 このブログでは多く登場している …

アーカイブ