国産紅茶レビュー 石川県

石川:加賀の紅茶

投稿日:2013年4月2日

私は、能登生まれ金沢育ちです

うちの故郷では、はたから見ると冗談かと思われますが、
本当に『個人で茶室を作ってる』人がいます。
といっても、別棟を建てるのではなく、家の一角を4畳半にして一部を釜を入れるようにしてます。

そういう所ですので、お茶に関しては茶道をはじめとする抹茶ばかりかというとそうではなく、
普段の生活は『番茶』と称する関東の人でいうほうじ茶を飲んでます。
急須でも薬缶でも楽なので、みんなそうしてます。

基本的に紅茶とは無縁な土地柄だった

金沢は江戸の時代から『文化都市』もしくは『大都市』と言われてきました。
(一部の人はまだその認識を持ってます)
明治以降、他地域との経済格差が広がる一方、
元々の富裕層が東京に行ってしまい、師団司令部がおかれるまで
本当に存亡の危機だったそうです。
そして、町人文化でなく武家文化中心だったため、
新しいものを入れる風土が乏しく、結果として伝統的なものが数多く残るという結果になったのでしょう。
(ただ、学業に対する一部の人の熱意は高く、現在IT企業が数多く存在してます)

そういう『排他的な生活文化圏で紅茶にチャレンジする』と言う事は、
いわば、衝撃でした。

それでも、金沢で紅茶を作る

検索していただければわかると思いますが、
今のところ、『ちゃんと紅茶を提供できるお店』は石川県で5軒しかない。
100万以上人口がいるのに5軒。
150万以上いる京都は30軒以上ある。
更に増殖中。
そんな我が故郷石川でそういう挑戦を続けている『加賀の紅茶』のチームの方々には敬意を表したいです。
(誰だか、直接知ってるんですけどね)

『茶葉の話はいいのか?』

茶葉は

加賀の紅茶20120401-1

毎年よりわけがきっちりして行ってるらしく、荒茶っぽさがありません。
今回も、400cc5g3分から淹れます。

金沢の紅茶ということで

加賀の紅茶20120401-2

ライトが足りないわけじゃなくて、3分でこのくらいの色目になりました。
金箔が浮かんでるのは、まあいたずらということで。
(加賀の紅茶には金箔は入ってません)
番茶に似た渋さと、香ばしい風味。
個人的には、濃い目に淹れて、アイスにする方が好きかな。
(去年、アイスティーネタとして書いていたと思う)
うだる暑さの中で、国産紅茶ミルクティー(やぶきたかそれに近い緑茶品種)は
ものすごく合います。

計量しやすい茶葉

これも裁断をかけているのか

加賀の紅茶20120401-3

軽量がしやすいです。
味を安定させれるので嬉しいです。
この紅茶は、収穫は石川県加賀市ですが、製茶は静岡の丸子紅茶です。
そう言う意味で、味にブレがないんですね。

-国産紅茶レビュー, 石川県

執筆者:

関連記事

no image

【岐阜】こころ野農園:こころ野紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は『岐阜県一気買い』の時に購入した紅茶です。一気買いと言っても、ネットで検索していける所をまとめて買っただけなんですがね。岐阜県がお茶のある程度の生産地だとはその時に知り …

奈良】や~まんと茶園:大和紅茶2017-2

【奈良】や~まんと茶園: 大和紅茶2017

【 大和紅茶2017 :この紅茶について】 大和紅茶2017 は吉田山大茶会の際に購入しました。 奈良県の茶園さんが作られたそうで、この紅茶の他にもいろいろなお茶を作られてました。 健康になれるよう意 …

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

no image

大分:山片茶園:田舎のお茶やの紅茶です(レギュラー)

□一期一会の普及品 本人にも確認してますが、『レギュラー商品は単品で売るには忍びなく、ブレンドすると本気を出すロットを集めている』というものです。つまり、今から書くレビューがこうだという感想を書いても …

【静岡県】紅茶専門店 紅葉~くれは~:天香2017(製造:井村製茶)

【 天香2017 : この紅茶について】 この紅茶は、佐賀の国産紅茶専門店紅葉(くれは)さんで販売されていた紅茶です。 このお店は、店主が全国いろんな国産紅茶からセレクトをし、一般向け販売や卸などを行 …

アーカイブ