国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:やぶきた

投稿日:2014年1月9日

【この紅茶について】

この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶です。
最近わかったことがありまして、この豊好園さんの緑茶が
宮中に献上されるお茶になったと、豊好園さんからのDMで判明しました。
紅茶に合わせて、緑茶も注目です。

【茶葉】

国産紅茶2010109豊好園やぶきた1
茶葉は綺麗に撚られていて、大ぶりです。
豊好園さんの紅茶は、全体的にそのまま製茶していて
裁断とかされてないようです。
計量の時、大変絡むのでどのくらいなのかよくわからない時があります。
こればかりは、目分量が厳しいなっていつも思ってます。
茶葉の形状が好きな方にはたまらない紅茶なんですけどね。

【水色】

国産紅茶2010109豊好園やぶきた2
水色は薄めの茶色です。
香りは穀物っぽいですが、きつくないです。
タイプ別に分けるなら滋納です。
軽く酸味が見え隠れしますが、ライトでさっぱりしてます。
ただ個人的には3分はまだ薄いといった感じです。
濃く出るまで待つことにします。

温度が落ち着きいた所では、風味が濃くなりました。
香ばしさが出てきて、
やはり、温度が落ち着いてからが本領発揮のようです。
滋納らしい香ばし目の落ち着いた風味が感じられます。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は濃い茶色、焦げ茶っぽくになりました。
香りがはちみつ入れた甘酒のような感じになりました。
香ばしくて甘めです。
味は酸味が表にぐっと出てます。
ライトなコーヒーとも言えますが、番茶とも言えます。
直近で飲んだもので一番違いのは『べにふうきのほうじ紅茶』かも知れません。

【茶殻】

国産紅茶2010109豊好園やぶきた3
茶殻は開いた系です。
見ていただくとわかると思うんですが、茶葉が一芯二葉を中心に丁寧に摘まれています。
一瞬手摘みなのか?と思うくらいです。
(どっちか聞いてみないとわかりませんが)
もし手摘みを持って、このように製茶されているということであるならば、ものすごい労力だなって思います。
これを買った時は、『あるものを少しづつ』なんて注文つけてしまいましたが、このなかで気に入ったものがあれば、ごそっと買うのがいいのでしょうね。
将来的にはそんなことをしたいななんて思ってますが。
(その前に直売仲介を活発化させないと)

ヤブキタの紅茶は、一概に『悪い』と決めつけていた傾向がありました。
これを個性ととって、使い方飲み方を考えれば、紅茶の品種と同じく充分楽しめそうです。
ティーブレンダーの熊崎俊太郎さんがおっしゃってた
『お茶は料理の材料です』
と言うのがよくわかる気がします。
やぶきた紅茶は難しいと言われますが、『これは料理素材』とかんがえると、どういう素材になって欲しいかという考えのもとで作ることができます。
茶葉からいろんなアレンジが広がる素材になり得るとそう思う1杯でした。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

no image

【岐阜】なべしま銘茶:飛騨紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、丸子紅茶のべにふうきを、飛騨まで持って行って製茶した紅茶だそうです。丸子ティーファクトリーで講習を受けた方が作っていらっしゃるというお話でした。『茶葉の輸入』で地元の …

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-2

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016

【この紅茶について】 地紅茶サミット奈良で購入しました。 社会福祉法人青葉仁会ということろが生産販売団体です。 紅茶づくりが、社会との接点になるという事例になるのかもしれません。 詳しくは、問い合わせ …

【静岡県】井村製茶:金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017-2

【静岡県】井村製茶: 金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017

【 金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017 :この紅茶について】 金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017 は、東京で行われたエコ茶会にて購入しました。 昔、縁がありまして一度試飲をさせてい …

no image

【栃木県】大金茶園;那須野紅茶

【納得いかない場合は販売しないという紅茶】 実際にお会いしたことはないので、伝聞要素が多いのですが、まずは、南山城紅茶の師匠筋に当たる紅茶です。そして、納得できなければ販売をしないという紅茶です。実際 …

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-2

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016

【この紅茶について】 この紅茶の試飲は2回目です。 前回は2013年に、知り合い(中国茶の専門家)に頂いたものでした。 今回は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。 この4年間の間で、この『茨城のお茶 …

アーカイブ