国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:やぶきた

投稿日:2014年1月9日

【この紅茶について】

この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶です。
最近わかったことがありまして、この豊好園さんの緑茶が
宮中に献上されるお茶になったと、豊好園さんからのDMで判明しました。
紅茶に合わせて、緑茶も注目です。

【茶葉】

国産紅茶2010109豊好園やぶきた1
茶葉は綺麗に撚られていて、大ぶりです。
豊好園さんの紅茶は、全体的にそのまま製茶していて
裁断とかされてないようです。
計量の時、大変絡むのでどのくらいなのかよくわからない時があります。
こればかりは、目分量が厳しいなっていつも思ってます。
茶葉の形状が好きな方にはたまらない紅茶なんですけどね。

【水色】

国産紅茶2010109豊好園やぶきた2
水色は薄めの茶色です。
香りは穀物っぽいですが、きつくないです。
タイプ別に分けるなら滋納です。
軽く酸味が見え隠れしますが、ライトでさっぱりしてます。
ただ個人的には3分はまだ薄いといった感じです。
濃く出るまで待つことにします。

温度が落ち着きいた所では、風味が濃くなりました。
香ばしさが出てきて、
やはり、温度が落ち着いてからが本領発揮のようです。
滋納らしい香ばし目の落ち着いた風味が感じられます。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は濃い茶色、焦げ茶っぽくになりました。
香りがはちみつ入れた甘酒のような感じになりました。
香ばしくて甘めです。
味は酸味が表にぐっと出てます。
ライトなコーヒーとも言えますが、番茶とも言えます。
直近で飲んだもので一番違いのは『べにふうきのほうじ紅茶』かも知れません。

【茶殻】

国産紅茶2010109豊好園やぶきた3
茶殻は開いた系です。
見ていただくとわかると思うんですが、茶葉が一芯二葉を中心に丁寧に摘まれています。
一瞬手摘みなのか?と思うくらいです。
(どっちか聞いてみないとわかりませんが)
もし手摘みを持って、このように製茶されているということであるならば、ものすごい労力だなって思います。
これを買った時は、『あるものを少しづつ』なんて注文つけてしまいましたが、このなかで気に入ったものがあれば、ごそっと買うのがいいのでしょうね。
将来的にはそんなことをしたいななんて思ってますが。
(その前に直売仲介を活発化させないと)

ヤブキタの紅茶は、一概に『悪い』と決めつけていた傾向がありました。
これを個性ととって、使い方飲み方を考えれば、紅茶の品種と同じく充分楽しめそうです。
ティーブレンダーの熊崎俊太郎さんがおっしゃってた
『お茶は料理の材料です』
と言うのがよくわかる気がします。
やぶきた紅茶は難しいと言われますが、『これは料理素材』とかんがえると、どういう素材になって欲しいかという考えのもとで作ることができます。
茶葉からいろんなアレンジが広がる素材になり得るとそう思う1杯でした。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016-2

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016

【この紅茶について】 地紅茶サミット奈良2016で購入した国産紅茶です。 多分、初めて見るんじゃないかなって気がします。 ただ、初めて作ったような気がしませんでした。 僕が見るのが初めてなのかもしれま …

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 前にもこの農家さんの紅茶は紹介していますが、これはそのべにふうきです。 太田重喜製茶工場さんのべにふうきは、今まで飲んだ事がないか …

no image

【静岡】おごせ茶園:和紅茶

【茶葉】 茶葉の残りが少なかったので粉が多く出ていますが、全体的にリーフがしっかりしてて、綺麗な茶葉です。試飲パックで外に出しているので多分、飲んでいる方も随分いらっしゃると思います。記憶が間違ってな …

【静岡県】カネトウ三浦園:手摘み和紅茶秋摘み2017-2

【静岡県】カネトウ三浦園: カネトウ手摘み和紅茶秋摘み2017

【 カネトウ手摘み和紅茶秋摘み2017 :この紅茶について】 カネトウ手摘み和紅茶秋摘み2017 は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 数多くある静岡県の紅茶生産者の中で、カネトウ三浦園さんは …

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-2

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入したものです。 静岡は生産者がどんどん増えている地域です。 ある程度似ている形状のものもあれば、それとは違う物を目指す人もいます。 この方の紅 …

アーカイブ