国産紅茶レビュー 静岡県

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

投稿日:2013年6月3日

太田さんちの紅茶 熟成という不思議

基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。
乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。
ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになります。
それが熟成というのであれば、存在するのかもしれません。
まるでお酒が寝かせると、アルコールに水分子の膜ができて、滑らかになるように。
(研究しているところがあるそうなので、結果を待ちたいものです)

紅茶の香りが変わる

 太田さんちの紅茶 20130411-1


先ほど熟成の話を書きましたが、ネタはお茶です。
購入は昨年6月の吉田山大茶会です。
賞味期限のことを考えれば、まあ、とっくに切れているのですが、
そもそも、紅茶はちゃんと密封して加湿状態じゃなければ腐りはしないので、
そのままにしておきました。
そしていざ開けてみると、前まであったもさっとした香りがなくなり、爽やかな香りに。
一体なにがあったんだ?って感じでした。

湯気とともに立ち上がるのは花の香り

 太田さんちの紅茶 20130411-2

元々は、穀物っぽい香りでした。
ですが、淹れたら、飲み口爽やかで花の香り。
『この紅茶の熟成とはこういうことか』
新鮮な驚きに襲われました。

茶葉は変わりなし

 太田さんちの紅茶 20130411-3

熟成がされていたからといって、茶葉は変わりなし。
もしかしたら、茶葉に残っていた香りは違っていたのかもしれませんね。
ただ、最初に試飲した当時はそういうのを気にしなかったので何とも言えませんが。

追伸:
品種がわかりませんでしたので、6/1~2の吉田山大茶会で聞いてみましたら、品種はべにふうきだったそうです。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


  1. […] 静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶 […]

  2. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >喫茶去 きっさこさん
    作ってらっしゃるようですが、
    サイトには載ってないですね。
    僕も毎年の吉田山大茶会でだけお見受けするので、
    普通に買えるのかわかりません。
    (なので6月1~2日はぜひ、京都吉田山へ(o ̄∀ ̄)ノ”)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    カネタ太田園さんも 紅茶作られているんですか?!
    知らなかったです
    緑茶も最高
    紅茶も飲んでみたいです
    新しい情報ありがとうございます

関連記事

【静岡県】益井園:かほりふぁあすと2017-2

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017

【 かほりふぁあすと2017 :この紅茶について】 かほりふぁあすと2017 は、益井園さんの紅茶です。 香駿という品種のファーストフラッシュです。 もう2017年も終わりというのに、遅れてしまい申し …

【中国】九曲紅梅②

【中国】九曲紅梅

【この紅茶について】 この紅茶は、お茶仲間である中国茶の専門家A氏から頂いた紅茶です。 A氏の中国茶専門サイトは→こちら この紅茶は「九曲紅梅」といいます。 中国の浙江省杭州市で作られています。 原産 …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018 -2

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018

【 狭山かおり紅茶茜2018 この紅茶について】 狭山かおり紅茶茜2018 は、埼玉県で作られた国産紅茶です。 埼玉県といえば、この紅茶でも使われている品種『さやまかおり』でも有名な産地です。 関東の …

【静岡県】マルヒ製茶:和紅茶紅ーくれないー2017-2

【静岡県】マルヒ製茶: 和紅茶紅ーくれないー2017

【 和紅茶紅ーくれないー2017 :この紅茶について】 和紅茶紅ーくれないー2017 はエコ茶会で購入したものです。 マルヒ製茶さんは、初めて購入させていただいた紅茶と思います。 昨今、静岡での生産農 …

アーカイブ