お茶 国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2018

投稿日:2018年10月10日

【 太田園さんちの紅茶2018 この紅茶について】

太田園さんちの紅茶2018 は2018年の吉田山大茶会で購入しました。

毎年購入しているので、この紅茶の経年確認ができるくらいです。

過去の試飲記事がありますのでぜひ合わせて御覧ください。

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

品種は同じくべにふうきです。

毎年品質の良い紅茶に仕上げてきてくださいます。
今年のできも大変楽しみな紅茶です。

どのように仕上がっているか確認してみましょう。

【 太田園さんちの紅茶2018 茶葉】

太田園さんちの紅茶2018 -1
茶葉は、やや長めで一つ一つが大きく撚られた形をしてます。
一つ一つがきっちり独立しているので、絡まって玉になりません。

また、スプーンののりもいいので、軽量もしやすかったです。
開けた時にほんのりとシソっぽい香りがしてました。

枯れた茶葉の香りかなぁなんて勝手に思いがちになりそうなそんな香りです。

【水色・味・香り】

太田園さんちの紅茶2018 -2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、軽くココアっぽい香りと軽く枝豆っぽいグリーンな香りがします。
味は、軽く香ばしく、ほんのり甘さがします。

味の系統は、清廉系と望蘭系の間でやや望蘭系よりです。

淹れる時間が浅いので非常に爽やかでスッキリしてます。
もともと腰の強い紅茶なので、こんだけさっぱりしているのははじめてかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、濃い赤橙色になりました。
香りは、バニラとジャスミンの香りがします。入浴剤っぽいですがリラックスできる香りです。
味は、ぐっと渋く濃いです。そしてじんわりコクが広がります。

明確にわかる望蘭系との国産紅茶です。
とにかく濃い紅茶を好まれる方は、じっくりと10分位かけて淹れられるのがいいでしょう。

味が濃いので、お菓子との相性は非常にいいです。
過去に、これを期間限定の喫茶のメニューとして提供したことがあります。
その味の濃さに紅茶好きの方から、非常に評判でした。

【茶殻】

太田園さんちの紅茶2018 -3
茶殻は一つ一つがきっちりと茶葉の形状に戻りました。
お湯を注いだ時はバラバラに回っていただけですが、水分を吸って紅茶成分が出てくると、きっちり茶葉に戻り、どっしりとした雰囲気をしてます。

残り香には紅茶らしい香りは残っておらず、きっちり出きった雰囲気を感じさせます。

ちゃんと一発でどんと出切るそんな雰囲気の紅茶です。

ご興味を持たれた方は、カネタ太田園さんにご連絡してみてはいかがでしょうか?
なおカネタ太田園さんのお問い合わせはこちらになります。

カネタ太田園

紅茶があるかどうかはその時の運次第ですので、確認してみましょう。

-お茶, 国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【奈良県】さざんかの会:さざんか紅茶2016-2

【奈良県】山茶花(さざんか)の会: さざんか紅茶2016

Contents 【 さざんか紅茶2016 この紅茶について】【 さざんか紅茶2016 茶葉】【水色・味・香り】【茶殻】【 さざんか紅茶2016 この紅茶について】 さざんか紅茶2016 は地紅茶サミ …

静岡でべにふうきの和紅茶を探すには

まず、静岡でべにふうきの和紅茶を知る前に、和紅茶とは何か、ということをご存知でない方はこちらを御覧ください。 和紅茶とはなにか|京都紅茶道部支配人室 「和紅茶といえば、べにふうき」 そう言う人も多いで …

白川の紅茶ティーバッグ2019:白川園本舗【岐阜県】-パッケージ

白川の紅茶ティーバッグ2019 :白川園本舗【岐阜県】

Contents 【 白川の紅茶ティーバッグ2019 この 和紅茶 について】【茶葉】【水色・味・香り】【茶殻】【 白川の紅茶ティーバッグ2019 この 和紅茶 での飲み方の提案】【 白川の紅茶ティー …

【鹿児島】屋久島紅茶2016-2

【鹿児島県】十三の茶淹より購入: 屋久島紅茶2016

Contents 【 屋久島紅茶2016 この紅茶について】【茶葉】【水色・味・香り】【茶殻】【 屋久島紅茶2016 この紅茶について】 今回は、鹿児島県の 屋久島紅茶2016 をご紹介します。 この …

【静岡県】益井園: かほりふぁすと2018-パッケージ

【静岡県】益井園:益井さんちの農薬不使用 かほりふぁすと2018

Contents 【 かほりふぁすと2018 この紅茶について】【茶葉】【水色・味・香り】【茶殻】【 かほりふぁすと2018 この紅茶での飲み方の提案】【 かほりふぁすと2018 この紅茶について】 …

アーカイブ