国産紅茶レビュー 岐阜県

【岐阜県】庵・花茶ティーファクトリー:春日の紅茶 和香葉ファーストフラッシュ2017

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、ほぼ吉田山大茶会でのみ購入機会がある紅茶です。
岐阜の現地に行けばたぶん手に入るのかもしれませんし、ほかの国産紅茶のイベント(特に東京)に行けばあるのかもしれません。
ただ、こちらから手の届くチャンネルが非常に少なく、結果的に年一回の入手機会となってしまいます。

この和香葉については、過去にも試飲記事を書いていますので、併せてご覧いただければと思います。

過去記事:【岐阜】庵・花茶:春日の紅茶 和香葉(オータム)

【茶葉】

【岐阜県】庵・花茶ティーファクトリー:春日の紅茶 和香葉ファーストフラッシュ2017-1
大きめの葉を一枚一枚撚ったような形状をしてます。
フルリーフ大好きな方にはお勧めの形状です。
封を切ったとき、香ばしめの甘い香りが立ち上がりました。
もしかすると、前よりも芳香がいいかもしれません。
時より見える新芽の茶葉のよりが、実にこれから淹れる紅茶に期待を持たせてくれます。

【水色・味・香り】

【岐阜県】庵・花茶ティーファクトリー:春日の紅茶 和香葉ファーストフラッシュ2017-2

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色になりました。
香りは、バラとかジャスミンの香りです。少しだけ樹皮のような香りがします。
味は、軽く甘みがあります。

味の系統は、清廉系です。
華やかな香りと軽めの味で、ライトに飲みたい人にはこのタイミングがお勧めできます。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、橙色になりました。
香りは、ジャスミンの香りに生木っぽい香りが合わさったような感じです。
味は、軽く渋みが見え隠れしますが、メインは酷と甘みです。

茶葉をつけっぱなしにしても、ライトに飲む事ができます。
食べ物を特に必要としない、読書の時になどゆっくり時間の経過を楽しみながら飲む紅茶として向いているかと思います。

【茶殻】

【岐阜県】庵・花茶ティーファクトリー:春日の紅茶 和香葉ファーストフラッシュ2017-3
茶殻は、茶葉から推測した通り、ほぼ生のままの形状で戻りました。
青々しい残り香が紅茶としての香り成分を出していたんだなと感じます。
ただ、これもうまく入れれば2煎目を淹れれるのではないかなぁ・・・なんておもったりします。
実際やってみないとわからないわけですが、この試飲記事では、通常飲むように1煎だけで終わらせたいと思います。

もしかすると、ツイッターでこそっと2煎目の感想を書いているかもしれません。
良く書いているかどうかは、その時までのお楽しみということにしておいてください。

-国産紅茶レビュー, 岐阜県

執筆者:

関連記事

no image

石川:加賀の紅茶

私は、能登生まれ金沢育ちです うちの故郷では、はたから見ると冗談かと思われますが、 本当に『個人で茶室を作ってる』人がいます。 といっても、別棟を建てるのではなく、家の一角を4畳半にして一部を釜を入れ …

【奈良県】田原ナチュラル・ファーム:大和高原のお茶『ゆい』和紅茶2016-2

【奈良県】田原ナチュラル・ファーム:大和高原のお茶『ゆい』和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 この農家さんも自然を謳っているお茶です。 紅茶という感じよりも、「緑茶を押し出すついいでに」紅茶を推しているという感じにもとれます。 …

no image

【熊本】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶

【茶葉】 本来、3gティーバッグに入ってるんですが、包装を開けました。釜炒り茶っぽい雰囲気はするんですが、選別がちょっと不十分。機械選別の限界なのですかね。 【水色】 水色は明るい橙。香りは特徴なし。 …

no image

【愛媛】農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶

【茶葉】 パッと見、葉っぱが硬そうです。萎凋か発酵はどちらかが不十分な気配です。これは、実際に作ってる人達がみたら、すぐにわかると思います。ちょいちょいと、茎が多い気もします。ただ、繊維がすくないんで …

no image

【静岡】石原園:与一郎紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。輸出用釜炒り茶・ぐり茶など …

アーカイブ