国産紅茶レビュー 岐阜県

【岐阜県】庵・花茶ティーファクトリー: 春日の紅茶和香葉FF2017

投稿日:2017年11月20日

【 春日の紅茶和香葉FF2017 :この紅茶について】

春日の紅茶和香葉FF2017 は、ほぼ吉田山大茶会でのみ購入機会がある紅茶です。

岐阜の現地に行けばたぶん手に入るのかもしれませんし、ほかの国産紅茶のイベント(特に東京)に行けばあるのかもしれません。
ただ、こちらから手の届くチャンネルが非常に少なく、結果的に年一回の入手機会となってしまいます。

この和香葉については、過去にも試飲記事を書いていますので、併せてご覧いただければと思います。

過去記事:【岐阜】庵・花茶:春日の紅茶 和香葉(オータム)

【茶葉】

【岐阜県】庵・花茶ティーファクトリー: 春日の紅茶和香葉FF2017 -1
大きめの葉を一枚一枚撚ったような形状をしてます。
フルリーフ大好きな方にはお勧めの形状です。
封を切ったとき、香ばしめの甘い香りが立ち上がりました。
もしかすると、前よりも芳香がいいかもしれません。
時より見える新芽の茶葉のよりが、実にこれから淹れる紅茶に期待を持たせてくれます。

【水色・味・香り】

【岐阜県】庵・花茶ティーファクトリー: 春日の紅茶和香葉FF2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色になりました。
香りは、バラとかジャスミンの香りです。少しだけ樹皮のような香りがします。
味は、軽く甘みがあります。

味の系統は、清廉系です。
華やかな香りと軽めの味で、ライトに飲みたい人にはこのタイミングがお勧めできます。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、橙色になりました。
香りは、ジャスミンの香りに生木っぽい香りが合わさったような感じです。
味は、軽く渋みが見え隠れしますが、メインは酷と甘みです。

茶葉をつけっぱなしにしても、ライトに飲む事ができます。
食べ物を特に必要としない、読書の時になどゆっくり時間の経過を楽しみながら飲む紅茶として向いているかと思います。

【茶殻】

【岐阜県】庵・花茶ティーファクトリー: 春日の紅茶和香葉FF2017 -3
茶殻は、茶葉から推測した通り、ほぼ生のままの形状で戻りました。
青々しい残り香が紅茶としての香り成分を出していたんだなと感じます。
ただ、これもうまく入れれば2煎目を淹れれるのではないかなぁ・・・なんておもったりします。
実際やってみないとわからないわけですが、この試飲記事では、通常飲むように1煎だけで終わらせたいと思います。

もしかすると、ツイッターでこそっと2煎目の感想を書いているかもしれません。
良く書いているかどうかは、その時までのお楽しみということにしておいてください。

庵・花茶ティーファクトリーさんの紅茶をお求めになりたいと思いましたら、ぜひ下記サイトを御覧ください。

春日茶・日本のダージリン 春日ティーファクトリー

-国産紅茶レビュー, 岐阜県

執筆者:

関連記事

【奈良県】ファーム奥和田:大和かげろひ紅茶2016-2

【奈良県】ファーム奥和田: 大和かげろひ紅茶2016

【 大和かげろひ紅茶2016 この紅茶について】 今回は、奈良県のファーム奥和田さんの 大和かげろひ紅茶2016 をご紹介します。 奈良で作られた紅茶で、地紅茶サミット奈良で買いました。 品種はやぶき …

天の上紅茶2019:天の製茶園 【熊本県水俣市】-パッケージ

天の上紅茶2019 :天の製茶園 【熊本県水俣市】

【 天の上紅茶2019 この 和紅茶 について】 今日の 和紅茶 は、熊本県の天の製茶園さんの 天の上紅茶2019 をご紹介します。 熊本県は日本有数の紅茶の産地です。 数多くの農家さんが個性的で、品 …

国産紅茶20131109 三富紅茶2013(缶入り・上級茶)-2

【埼玉県】お茶の平岡園: 三富紅茶2013(缶入り・上級茶)

【 三富紅茶2013(缶入り・上級茶) この紅茶について】 今回は、埼玉県の平岡園さんの 三富紅茶2013(缶入り・上級茶) をご紹介します。 この紅茶は、国産紅茶レビュー前半のほうで扱った『三富紅茶 …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)2

【東京都】木下園製茶工場: 東京紅茶2016(さやまかおり)

【 東京紅茶2016(さやまかおり) この紅茶について】 今回は、東京都の木下園製茶工場さんの 東京紅茶2016(さやまかおり) をご紹介します。 この紅茶は、木下園さんから頂いた紅茶です。 緑茶にも …

上村茶園20130723べにちゃ2012 -茶液

べにちゃ2012 :川添茶の上村茶園【和歌山県白浜町】

【 べにちゃ2012 この 和紅茶 について】 今回の和紅茶は、和歌山県の上村茶園さんの べにちゃ2012 をご紹介します。 記憶が間違ってなければ、なのですが、今回のこの紅茶は、おちゃうけ屋のかなざ …

アーカイブ