国産紅茶レビュー 島根県

【島根】西製茶所:出雲の国のべにふうき紅茶

投稿日:2013年9月8日

【この紅茶について】

何回も紹介していますが、島根の茶農家さんの紅茶です。
ここは、ブーム以前から紅茶を作っている所で、一部の人はここに来て作り方を学んで自分で作られているそうです。
そう言う意味で、ここも『国産紅茶の拠点』のひとつなのかもしれません。

【茶葉】

国産紅茶20130908出雲べにふうき1

茶葉は、カットされてザクザクしてます。
撚りを重視したというよりか、毎回正確に測れるサイズを目指したという感覚が強いです。
茶葉が短冊にみえます。

【水色】

国産紅茶20130908出雲べにふうき2

色目は濃くて明るい赤です。
香りは、ほのかに蜜香で、甘い香りで
味は、強い渋みが特徴的です。
ただ、やはり薄かったです。
これも5分以上推奨。
思いのほか、3分では薄い紅茶が多くて、現状でびっくりしてます。

長く淹れたらどうなるでしょうか。

色目は4倍マシぐらいの濃い赤になりました。
香りは蜜香っぽさが影を潜め、代わりに紅茶らしい甘い香りと渋さが出てきています。
味は、少し濃い感じです。
紅茶らしい紅茶。さすがべにふうき。
品種安定って、ある程度あるんだなと改めて実感できます。
ただ、温度が落ち着くと、酸味が顔をずいぶん出してくるので
国産紅茶らしさはなくなるかもしれません。
とりあえず、砂糖と牛乳を手加減して入れてきます。
(強く入れなければ、大丈夫だと確認してきました)

【茶殻】

国産紅茶20130908出雲べにふうき3

ほかの茶園では、こういうタイプの紅茶は「膨らむ」という現象になるんですが、
これはちゃんと展開されています。
香りも残しがない感じでしたので、しっかり出せたのかなと思います。
いわゆる「紅茶らしい国産紅茶」なので、砂糖を入れずにというのは、
少し厳しいかもしれません。
ただ、多量でなくても砂糖を少し入れると、風味がかわるので飲みやすいかもしれません。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 島根県

執筆者:

関連記事

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

no image

【静岡】森内茶農園:べにふうき2nd(2012)

【茶葉】 茶葉は大きめで綺麗に撚られています。品のいい中国茶(もしくは台湾茶)の青茶のような感じです。細かい作業手順を確か聞いていたようなきがするんですが、イマイチ忘れました。ただ、毎年紅茶と合わせて …

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

no image

【愛知】磯田園製茶:やぶきた(熟成)国産紅茶

【茶葉】 基本、国産紅茶は一度全開に混ぜてから量を図ります。上と下で茶葉が違ってたり粉が下に落ちてたりするからです。それをしたうえで、粉が出てない紅茶も多くあります。そういう茶農家さんの努力は『もっと …

アーカイブ