国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、2018年吉田山大茶会にて購入しました。
紅茶だけにとどまらず、自然農法で作られた数々のお茶は全国広くファンを増やしています。
イベント参加も積極的で、いろんなお茶のイベントで買うことができます。
安全で安心できる、顔の見えるお茶を手に入れたいと思う人には最適な農家さんです。

ちなみに、過去の試飲記事がありますのであわせて御覧ください。
【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016

もともと丁寧にお茶を作ることで定評のある柴本さんの紅茶ですが、今回の紅茶はどのように仕上がってるでしょうか。

【茶葉】

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018-1
茶葉は一つ一つが大きくわかれてます。
少し青さを残しながら、きれいに撚られた茶葉は作りの丁寧さを非常によく感じます。
封を開けた時に、少し華やかな香りが立ち上がりました。
お茶を淹れる前からすでに香りが立ち上がっている紅茶です。

淹れたらどんなのになるんだろうって期待を持てます。

【水色・味・香り】

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018-2
3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、ウッディな浅いごぼうのような香りがします。
味は、軽く甘みを感じます。口の中から、スミレかなにかの花のような香りが抜けていきます。

味の系統は、やや滋納系よりの清廉系です。

3分では特徴の表層だけかなと思っていましたが、その表層がとても興味深い香りでした。
香りを楽しみたい方は、このくらいの浅い淹れ方でいいかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、ややラプサンっぽい燻製された香りになりました。
味は、グッっと渋さが顔をだしてきました。口に含んだ時に渋さと一緒にやや青い葉っぱみたいな風味と、きゅっという収斂性を感じます。
香りを持ちながらキリッっとリフレッシュしたい時に向いた味です。

長く淹れても、清廉系です。

【茶殻】

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018-3
茶殻は、一つ一つが再び葉っぱそのものに戻ったような形状です。
残り香からも燻煙香がしますので、加工の時についたのかそれとも育てた結果自分から発している香りなのかという事がわかります。

燻煙香を立ち上らせる紅茶は、食べ物との相性もよく使い勝手のいい紅茶です。
その香りが強すぎると、ラプサンスーチョンのようなものになりますが、適度な香りであるならば祁門紅茶などに近く、甘くない食べ物との相性もいいものになります。

今回の紅茶の非常に良い紅茶でした。
来年も期待して待ってます!!

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】丸子紅茶:丸子紅茶(紅富貴)FF+SF

【この紅茶について】 丸子紅茶は、今の国産紅茶業界のフラグシップのような茶園さんです。国産紅茶の父、多田元吉の地盤であり、この地から多くの『紅茶品種の再発見』がされてます。前世代から継続的に引き継いで …

【大分県】きつき紅茶: 杵築紅茶2018FF①-2

【大分県】杵築紅茶: きつき紅茶2018FFべにふうき①

【 きつき紅茶2018FFべにふうき① この紅茶について】 きつき紅茶2018FFべにふうき① は大分県で作られている国産紅茶です。 過去にも記事にしたことがありますが、杵築紅茶さんはセレクトショップ …

【大分県】蛍茶園:紅蛍2017(ティーバッグ)-2

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ)

【 紅蛍2017(ティーバッグ) :この紅茶について】 この紅茶は、大分県の耶馬渓町にある茶農家さんの紅茶です。 今は観光名所『耶馬渓』が近いということが有り、飲食店もされてます。 前に一度試飲記事を …

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。 自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。 紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。 農家の人の思いがそうさせ続けてい …

no image

【岐阜】新世紀工房:東白川生まれの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、「都道府県集中注文」の時に、一気に買った岐阜県産紅茶の一部です。岐阜県は「白川茶」で代表されるお茶の産地です。こちらでも、いくつかの茶農家さんがチャレンジをして紅茶を …

アーカイブ