国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、2018年吉田山大茶会にて購入しました。
紅茶だけにとどまらず、自然農法で作られた数々のお茶は全国広くファンを増やしています。
イベント参加も積極的で、いろんなお茶のイベントで買うことができます。
安全で安心できる、顔の見えるお茶を手に入れたいと思う人には最適な農家さんです。

ちなみに、過去の試飲記事がありますのであわせて御覧ください。
【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016

もともと丁寧にお茶を作ることで定評のある柴本さんの紅茶ですが、今回の紅茶はどのように仕上がってるでしょうか。

【茶葉】

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018-1
茶葉は一つ一つが大きくわかれてます。
少し青さを残しながら、きれいに撚られた茶葉は作りの丁寧さを非常によく感じます。
封を開けた時に、少し華やかな香りが立ち上がりました。
お茶を淹れる前からすでに香りが立ち上がっている紅茶です。

淹れたらどんなのになるんだろうって期待を持てます。

【水色・味・香り】

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018-2
3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、ウッディな浅いごぼうのような香りがします。
味は、軽く甘みを感じます。口の中から、スミレかなにかの花のような香りが抜けていきます。

味の系統は、やや滋納系よりの清廉系です。

3分では特徴の表層だけかなと思っていましたが、その表層がとても興味深い香りでした。
香りを楽しみたい方は、このくらいの浅い淹れ方でいいかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、ややラプサンっぽい燻製された香りになりました。
味は、グッっと渋さが顔をだしてきました。口に含んだ時に渋さと一緒にやや青い葉っぱみたいな風味と、きゅっという収斂性を感じます。
香りを持ちながらキリッっとリフレッシュしたい時に向いた味です。

長く淹れても、清廉系です。

【茶殻】

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018-3
茶殻は、一つ一つが再び葉っぱそのものに戻ったような形状です。
残り香からも燻煙香がしますので、加工の時についたのかそれとも育てた結果自分から発している香りなのかという事がわかります。

燻煙香を立ち上らせる紅茶は、食べ物との相性もよく使い勝手のいい紅茶です。
その香りが強すぎると、ラプサンスーチョンのようなものになりますが、適度な香りであるならば祁門紅茶などに近く、甘くない食べ物との相性もいいものになります。

今回の紅茶の非常に良い紅茶でした。
来年も期待して待ってます!!

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

石川:加賀の紅茶

私は、能登生まれ金沢育ちです うちの故郷では、はたから見ると冗談かと思われますが、 本当に『個人で茶室を作ってる』人がいます。 といっても、別棟を建てるのではなく、家の一角を4畳半にして一部を釜を入れ …

no image

【福岡】星野製茶園:星の紅茶

【この紅茶について】 この国産紅茶は九州北部の集中豪雨の時に注文しました。たまたまです。全く意図してませんでした。生産地の星野村が被害が大きかったので、大丈夫かなと思ってたのですが、無事連絡が入り発送 …

no image

【福岡】おぼろ紅茶:奥八女上陽茶おぼろ紅茶(緑)

【この紅茶について】 これは前回のおぼろ紅茶(赤)でも触れましたが、福岡に行った知り合いからお土産でもらった国産紅茶です。なんで赤と緑と分けたのかな・・・って思ってたんですが、前の記事を読み直して思い …

no image

凍らせて発酵させるお茶

基本なところに立ち戻りますが、 紅茶のような発酵したお茶の作り方って御存知ですか? 普通にお茶を飲んでる時は意識しませんが知識として、 茶摘み↓萎凋(しおらせる)↓揉捻(揉み上げる)↓発酵(酸化させる …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

アーカイブ