京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】永谷農園: 一番摘み宇治の和紅茶2017

投稿日:2017年11月17日

【 一番摘み宇治の和紅茶2017 :この紅茶について】

一番摘み宇治の和紅茶2017 は、2013年に仕入れ、ご挨拶に行き2014年は直販をさせていただいておりました。
それから3年経ちまして、久しぶりに仕入れをさせていただきました。
容量も内容も変わりました。
どのような紅茶になったか、引き続きご覧いただければと思います。

なお、この紅茶は通販取扱をしております。
URLにつきましてはこのページの下記に記載しますので、御覧ください。
(11/18より公開予定です)

※過去記事
京都:永谷農園:永谷の手作り宇治紅茶
再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【茶葉】

【京都府】永谷農園: 一番摘み宇治の和紅茶2017 -1
茶葉は短めに切りそろえられ、ところどころ細かくなっているものもあります。
これは2013年も同じような形状で、茶葉の形そのものはそれほど変化がないようです。
ですが、開けたときから香ばしい香りが立ち上ってました。
購入の際に永谷さんが『色々試行錯誤してる』とお話されてましたので、よりみんなに飲みやすい紅茶に仕上げようとしている努力の結果なのかもしれません。

【水色・味・香り】

【京都府】永谷農園: 一番摘み宇治の和紅茶2017 -2
3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、アーモンドとカラメルのような香りでほんのり甘いです。
味は、軽く旨味と甘みを感じます。

味の系統は、望蘭系になります。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、甘さが強くなりビスケットのような香りになりました。
味は、甘さに渋みとコクが増えました。

2013年までは清廉系の紅茶と思ってました。
この紅茶は、香りも味も様相を変えコーヒー好きも取り込めそうな紅茶になってました。
濃く淹れれば、砂糖やミルクも耐えられる紅茶になりそうな風味がします。

【茶殻】

【京都府】永谷農園: 一番摘み宇治の和紅茶2017 -3
茶葉が開き、大きな茶殻に変化しました。
茶葉の細かさから考えると、全く別物になっている雰囲気です。
ガラスのポットで淹れるとその変化を楽しむことができる紅茶のようです。

この紅茶は、2017年茶源郷まつりでも試飲販売をしておりました。
その際、紅茶の好きな方、お茶に詳しい方に評判でした。
全体的に香りとコクが強い紅茶なので、お茶好きの人にミートするのかなと感じました。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】桜野園:さくら紅茶

【茶葉】 茶葉は短めですが、綺麗に寄られてます。 姿かたちも綺麗な茶葉です。 細かめなので微細な重さも測りやすいです。 改めて見てみるといい茶葉だったんだな、って思います。 【水色】 水色は赤黒いけど …

【静岡県】マルヒ製茶:和紅茶紅ーくれないー2017-2

【静岡県】マルヒ製茶: 和紅茶紅ーくれないー2017

【 和紅茶紅ーくれないー2017 :この紅茶について】 和紅茶紅ーくれないー2017 はエコ茶会で購入したものです。 マルヒ製茶さんは、初めて購入させていただいた紅茶と思います。 昨今、静岡での生産農 …

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-2

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 地味に数を増やし始めている「燻製した」紅茶です。 紅茶を燻製すると聞くと、驚く人も多いですが、紅茶を発酵後に燻製して加熱する紅茶は …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

【奈良県】ファーム奥和田:大和かげろひ紅茶2016-2

【奈良県】ファーム奥和田:大和かげろひ紅茶2016

【この紅茶について】 奈良で作られた紅茶で、地紅茶サミット奈良で買いました。 品種はやぶきたということですので、緑茶をメインに作っている農家さんと思います。 無農薬・無化学肥料を押し出してます。 健康 …

アーカイブ