国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

投稿日:2017年11月18日

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】

かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。
購入が6月でしたので、必然的に2016年です。
このブログでは多く登場している益井園さんです。

この記事で初めて知った方の為に説明しますと、
この紅茶は静岡川根本町の国産紅茶です。
つかってる品種は香駿という緑茶につかう品種です。
元々香りが良い品種なので、それに輪をかけて萎凋を行い香りを高めてます。
セカンドなので、太陽をいっぱい浴びた茶葉は、濃い味に仕上がります。

特徴として断言してしまいましたが、実際は味見をしてみないとわかりませんので、試飲をしてみます。

【茶葉】

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016 -1
茶葉はある程度切りそろえられた短冊状です。
捻って撚られたというよりも、折りたたまれて少し厚みのある茶葉は、一つ一つに重さを感じられます。
色目はファーストと比べる濃い目になってます。
封を切った時から、濃い香りが立ち上ります。
元々香りには力を入れている農家さんなので、ここから存在感を非常に強く感じます。

【水色・味・香り】

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016 -2

3分淹れました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、青葉のような刺激の強さと濡れ落ち葉のようなふんわりとした香りがします。
味は、軽い渋みと、ふんわりとしたコクを感じます。

味の系統は、清廉と望蘭の間です。ただ3分ではまだ特徴がつかみにくいです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し濃い目の赤橙色になりました。
香りは、葉っぱぽさが姿を隠し、代わりに生ぎのようなどっしりした香りが出てきました。
味は、渋みが前面に押し出てきました。
系統的には清廉系に入ると思いますが、ここでも清廉系と望蘭系の間ぐらいと考えるのが良いかと思います。
個性の強い紅茶です。

【茶殻】

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016 -3
長さが綺麗に揃えられた茶葉が、綺麗に短冊状に開いた茶殻です。
茶殻そのものは、スモーキーな香りを残してます。
紅茶にその香りが移る機会がなかなかないのですが、もしかしたら2煎目を淹れたとしたら移るのでしょうか。
益井さんの青葉のようなスッキリする香りと裏腹にこういう香りをまだ隠していると思うと、淹れるのって難しいなぁという気もします。

一度確認してみないといけませんね。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【京都府】永谷農園(永谷知良):一番摘み宇治の和紅茶2017-2

【京都府】永谷農園: 一番摘み宇治の和紅茶2017

【 一番摘み宇治の和紅茶2017 :この紅茶について】 一番摘み宇治の和紅茶2017 は、2013年に仕入れ、ご挨拶に行き2014年は直販をさせていただいておりました。 それから3年経ちまして、久しぶ …

no image

奈良:葉香製茶2012紅月

今日の国産紅茶は、奈良の茶園さんの『葉香製茶』さんのです。この当代社長は、Twitterで知り合った友達で、何回もお邪魔させていただいてもらってます。今は一貫して『無農薬・有機栽培』でお茶を作っており …

【宮崎県】甲斐製茶園:やっぱり手作り高千穂産紅茶2016-2

【宮崎県】甲斐製茶園:やっぱり手作り高千穂産紅茶2016

【この紅茶について】 【茶葉】 茶葉は、裁断されていないフルリーフです。 枝も葉もどうなってるのかわからないくらいのサイズ感です。 刈って、そのまま製茶した荒茶感がものすごいです。 【水色・味・香り】 …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 五月

【この紅茶について】 水車むら紅茶は、全国の紅茶生産が止まった後の1984年にスタートし、日本でも古参の部類に入る紅茶生産会社です。ここには勉強しにきた今での有名紅茶農家の方も多く、その支持も高いです …

【京都】京都地紅茶:京都地紅茶2017(べにふうき15)-2

【京都】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき15)

【 京都地紅茶2017(べにふうき15) :この紅茶について】 京都地紅茶2017(べにふうき15) は、京都市の京北町の紅茶です。 先日ご紹介しました『京都地紅茶』さんの紅茶です。 【京都府】京都地 …

アーカイブ