京都府 国産紅茶レビュー

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

投稿日:2013年11月12日

【この紅茶について】

こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、
より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。

京都宇治田原で作られた紅茶で、明治時代から育てている在来種で出来ています。
樹勢が弱いらしく、年1回、製品ベースで数十kgしか取れない為、
なくなってしまえばその年の分は終了というものになります。
そのためか、この商品の流通量は少ないのですが、
ちゃんと淹れられる人の口コミでゆっくりと認知度が広まっているそうです。

うちでも、現在50g17袋ありますので、一袋800円(送料込み)で注文をお受けいたします。
こっちは、通販サイトに現品限りですが載せる予定です。

【茶葉】

国産紅茶20131108永谷農園1

茶葉は綺麗に撚られてます。
袋から開けて思ったのですが、この段階では全体的に茶葉が小さいです。
粉になったのか比重の関係で粉が残ったのか。
それは詳しくはわかりませんが、封を開けた段階で香りが漂ってきました。
こういう国産紅茶は少ないのですが、非常に面白いです。

【水色】

国産紅茶20131108永谷農園2

水色は濃い目の朱色。
香りは、香草とも花の香とも言えるような香りが立ち上ってます。
味は、ほんのり甘く、口の中いっぱいに香りが広がります。
3分でなかなか出るもんだなと感心してます。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は50%増しぐらいになりました。
香りは立ち上るというか、落ち着いた感じ。
(香りそのものはほとんど変わってません)
渋みがフワッと広がり、口の中にメントールに似た爽快感が残ってます。
この方の師匠筋の別名『くじらの紅茶』も飲んでみたいな・・・ってつくづく思います。

【茶殻】

国産紅茶20131108永谷農園3

茶葉は全体的に開く系です。
さっきの『粉状態』だった茶葉は実は一部は『極小に折りたたまれた茶葉だった』という状態だったみたいです。
全体的に広がって、底をほじくり返しても、大きめの茶葉が沢山発掘できました。

思わず、どれだけ撚れていただんだろう・・・ってびっくりします。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:


  1. 【京都府】永谷農園: 一番摘みプレミアム宇治の和紅茶2015 より:

    […] ※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶 […]

  2. […] ※過去記事 ・京都:永谷農園:永谷の手作り宇治紅茶 ・再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶 […]

関連記事

no image

【大分】杵築紅茶:べにたちわせ

【この紅茶について】 日本最古の紅茶専門店ティーハウスムジカで販売されてました今年の杵築紅茶『べにたちわせ』です。べにたちわせそのものは、そんなにも生産されていません。なので、珍しい品種と言えば珍しい …

no image

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

太田さんちの紅茶 熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになりま …

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-2

【熊本県】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶べにふうき2016

【この紅茶について】 この紅茶は、今年地紅茶サミットが開かれる熊本県水俣市の紅茶です。 水俣市は多くの高品質な紅茶を作る地域で、今のところ「ハズレを探すのが難しい地域」になります。 2013年にここの …

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-2

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016

【この紅茶について】 地紅茶サミット奈良で購入しました。 社会福祉法人青葉仁会ということろが生産販売団体です。 紅茶づくりが、社会との接点になるという事例になるのかもしれません。 詳しくは、問い合わせ …

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-2

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入したものです。 静岡は生産者がどんどん増えている地域です。 ある程度似ている形状のものもあれば、それとは違う物を目指す人もいます。 この方の紅 …

アーカイブ