京都府 国産紅茶レビュー

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

投稿日:2013年11月12日

【この紅茶について】

こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、
より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。

京都宇治田原で作られた紅茶で、明治時代から育てている在来種で出来ています。
樹勢が弱いらしく、年1回、製品ベースで数十kgしか取れない為、
なくなってしまえばその年の分は終了というものになります。
そのためか、この商品の流通量は少ないのですが、
ちゃんと淹れられる人の口コミでゆっくりと認知度が広まっているそうです。

うちでも、現在50g17袋ありますので、一袋800円(送料込み)で注文をお受けいたします。
こっちは、通販サイトに現品限りですが載せる予定です。

【茶葉】

国産紅茶20131108永谷農園1

茶葉は綺麗に撚られてます。
袋から開けて思ったのですが、この段階では全体的に茶葉が小さいです。
粉になったのか比重の関係で粉が残ったのか。
それは詳しくはわかりませんが、封を開けた段階で香りが漂ってきました。
こういう国産紅茶は少ないのですが、非常に面白いです。

【水色】

国産紅茶20131108永谷農園2

水色は濃い目の朱色。
香りは、香草とも花の香とも言えるような香りが立ち上ってます。
味は、ほんのり甘く、口の中いっぱいに香りが広がります。
3分でなかなか出るもんだなと感心してます。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は50%増しぐらいになりました。
香りは立ち上るというか、落ち着いた感じ。
(香りそのものはほとんど変わってません)
渋みがフワッと広がり、口の中にメントールに似た爽快感が残ってます。
この方の師匠筋の別名『くじらの紅茶』も飲んでみたいな・・・ってつくづく思います。

【茶殻】

国産紅茶20131108永谷農園3

茶葉は全体的に開く系です。
さっきの『粉状態』だった茶葉は実は一部は『極小に折りたたまれた茶葉だった』という状態だったみたいです。
全体的に広がって、底をほじくり返しても、大きめの茶葉が沢山発掘できました。

思わず、どれだけ撚れていただんだろう・・・ってびっくりします。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【岐阜】こころ野農園:こころ野紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は『岐阜県一気買い』の時に購入した紅茶です。一気買いと言っても、ネットで検索していける所をまとめて買っただけなんですがね。岐阜県がお茶のある程度の生産地だとはその時に知り …

no image

熊本:天の製茶園:天の紅茶

先日ですね、滋賀県に国産紅茶の全ストック持って行ったんですよ。全ストック。そして、呼んで頂いた方に14種類ぐらい紅茶を飲んでいただいたんですよ。14種類ぐらい。そしましたらね、そのお方が、これを大変気 …

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

no image

奈良:葉香製茶2012紅月

今日の国産紅茶は、奈良の茶園さんの『葉香製茶』さんのです。この当代社長は、Twitterで知り合った友達で、何回もお邪魔させていただいてもらってます。今は一貫して『無農薬・有機栽培』でお茶を作っており …

no image

【佐賀】うれしの紅茶振興協議会:嬉野紅茶

【茶葉】 茎も繊維も多いです。ただ、粉末の選り分けがしっかりしているのか見た目はひどくありません。自己選別、あらためて必要かな・・・とか思ってしまいます。 【水色】 水色は浅目。少し酸味がある。かすか …

アーカイブ