国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016

投稿日:

【この紅茶について】

熊本県の天の紅茶は、もはや国産紅茶好きならば言わずと知れた農家さんです。
数多くの人が「国産紅茶でおすすめはどれですか?」と聞かれると、真っ先にこれをあげます。
天の紅茶さん香りや味は、海外の紅茶好きを虜にしてきました。
ただ、たまに手に入らない時があるんですよね。
人気すぎて。
(岡本さんの紅葉さんでは、手に入るくらい潤沢に用意されてますが)

天の製茶園の天野さんとは、2012年に知り2013年ぐらいからお付き合いがありますが、実は2016年地紅茶サミット奈良で初めてご挨拶をしました。
随分長い間かかりました。
紅茶への熱意が熱い方でした。
こういう方が、引き続き良い紅茶を作り続けてくれると大変ありがたいです。

過去記事一覧→こちら

【茶葉】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-1
茶葉の形状を書く前に、茶葉について説明しますと、天の紅茶は複数の緑茶品種のブレンドです。
そして販売するまで1年ぐらい寝かしているそうです。
なので2016年なのですが2015年に摘んだものだそうです。
実際どこまでが正しい情報なのかわかりませんが、この味だけは確かです。

【水色・味・香り】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-2
3分淹れました。
非常にわかりやすいです。
焙煎した香ばしさに、カラメルのような甘い香りです。
水色はクリアな茶色。
味は甘さも渋みも無いですがあとに残るすっきり感と、鼻の奥から駆け抜けてくる香ばしい香りがします。

望蘭系教科書のような紅茶です。

長く淹れましたら、全然違うものと思うくらい変わりました。
水色は、黒が混ざっているくらいの濃い赤です。
香りはほぼカラメルかと思うくらい香ばしく甘いです。
味は焙煎した香ばしさがいっぱいになります。
そして鼻からその香ばしさが凝縮したような香りが抜けていきます。
香ばしいとしか言いようがありません。
そして「いわゆる国産紅茶」とは違う甘さです。

この紅茶はなんでも耐えられるくらい強いです。
力強い紅茶です。

【茶殻】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-3
茶殻は、紅茶に見えません。
コーヒーかと思うくらいの色目です。
ただ、形状がコーヒーではないので紅茶かなと分かる程度。
もしこれが粉紅茶だったら、確実に細挽きのコーヒーと言われるのかなと思います。
残り香はまだ香ばしくいい香りが漂います。
個人的には、圧力をかけて残り香さえも紅茶にしてしまいたいと思います。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:


  1. […] 【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016 […]

関連記事

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶①

①と書いたのは、②があるからです。 【お茶農家兼プログラマー】 平岡園さんは、ツイッターの方で、主に『プログラマー』の方でお世話になっております。 その方の去年の三富紅茶(商品名)を出してみました。 …

no image

【佐賀】北野農園:有機うれしの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、直接知り合いではなく、佐賀嬉野にお茶のイベントで行かれた大阪の知り合いから勧められていた紅茶です。話に聞いてから随分たってたんですが、改めて買える算段がついたので、購 …

【鹿児島】屋久島紅茶2016-2

【鹿児島】屋久島紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、十三のお茶屋さん茶淹さんで購入しました。 2016年に購入したことは間違いないので、2016年産です。 ただし、どのシーズンかはわかりません。 鹿児島の紅茶は多いです …

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-2

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 地味に数を増やし始めている「燻製した」紅茶です。 紅茶を燻製すると聞くと、驚く人も多いですが、紅茶を発酵後に燻製して加熱する紅茶は …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

アーカイブ