国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016

投稿日:

【この紅茶について】

熊本県の天の紅茶は、もはや国産紅茶好きならば言わずと知れた農家さんです。
数多くの人が「国産紅茶でおすすめはどれですか?」と聞かれると、真っ先にこれをあげます。
天の紅茶さん香りや味は、海外の紅茶好きを虜にしてきました。
ただ、たまに手に入らない時があるんですよね。
人気すぎて。
(岡本さんの紅葉さんでは、手に入るくらい潤沢に用意されてますが)

天の製茶園の天野さんとは、2012年に知り2013年ぐらいからお付き合いがありますが、実は2016年地紅茶サミット奈良で初めてご挨拶をしました。
随分長い間かかりました。
紅茶への熱意が熱い方でした。
こういう方が、引き続き良い紅茶を作り続けてくれると大変ありがたいです。

過去記事一覧→こちら

【茶葉】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-1
茶葉の形状を書く前に、茶葉について説明しますと、天の紅茶は複数の緑茶品種のブレンドです。
そして販売するまで1年ぐらい寝かしているそうです。
なので2016年なのですが2015年に摘んだものだそうです。
実際どこまでが正しい情報なのかわかりませんが、この味だけは確かです。

【水色・味・香り】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-2
3分淹れました。
非常にわかりやすいです。
焙煎した香ばしさに、カラメルのような甘い香りです。
水色はクリアな茶色。
味は甘さも渋みも無いですがあとに残るすっきり感と、鼻の奥から駆け抜けてくる香ばしい香りがします。

望蘭系教科書のような紅茶です。

長く淹れましたら、全然違うものと思うくらい変わりました。
水色は、黒が混ざっているくらいの濃い赤です。
香りはほぼカラメルかと思うくらい香ばしく甘いです。
味は焙煎した香ばしさがいっぱいになります。
そして鼻からその香ばしさが凝縮したような香りが抜けていきます。
香ばしいとしか言いようがありません。
そして「いわゆる国産紅茶」とは違う甘さです。

この紅茶はなんでも耐えられるくらい強いです。
力強い紅茶です。

【茶殻】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-3
茶殻は、紅茶に見えません。
コーヒーかと思うくらいの色目です。
ただ、形状がコーヒーではないので紅茶かなと分かる程度。
もしこれが粉紅茶だったら、確実に細挽きのコーヒーと言われるのかなと思います。
残り香はまだ香ばしくいい香りが漂います。
個人的には、圧力をかけて残り香さえも紅茶にしてしまいたいと思います。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

【この紅茶について】 【茶葉】 この茶葉は手摘みで作っているそうで、形状がしっかりしているものばかりです。 しかもゴールデン芯目(ゴールデンチップとかシルバーチプとかの部分)も混ざっており、見た目も楽 …

no image

【熊本】桜野園:さくら紅茶

【茶葉】 茶葉は短めですが、綺麗に寄られてます。 姿かたちも綺麗な茶葉です。 細かめなので微細な重さも測りやすいです。 改めて見てみるといい茶葉だったんだな、って思います。 【水色】 水色は赤黒いけど …

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016-2

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で購入しました。 グリーンエイトさんの3つ目です。 いつも、一つ一つ先入観なしで飲んでいるので、どのくらい違うのか考えていないですが、これは …

【熊本県】お茶のカジハラ:告茶春摘みべにふうき和紅茶2017-2

【熊本県】お茶のカジハラ: 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017

【 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 :この紅茶について】 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 は、何度となく登場してます熊本県のお茶のカジハラさんの『告茶』シリーズです。 熊本といえば、今年地紅茶 …

no image

【鹿児島】緒方茶工房:ベニオガタ紅茶

【茶葉】 茶葉は撚ったというより、フレークにした感じです。計量したとき、量に対してカサが少なかったので、本当にその量なのかと測りなおしたくらいです。気分、もうちょい選別がほしいか、って感じです。 【水 …

アーカイブ