国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016

投稿日:

【この紅茶について】

熊本県の天の紅茶は、もはや国産紅茶好きならば言わずと知れた農家さんです。
数多くの人が「国産紅茶でおすすめはどれですか?」と聞かれると、真っ先にこれをあげます。
天の紅茶さん香りや味は、海外の紅茶好きを虜にしてきました。
ただ、たまに手に入らない時があるんですよね。
人気すぎて。
(岡本さんの紅葉さんでは、手に入るくらい潤沢に用意されてますが)

天の製茶園の天野さんとは、2012年に知り2013年ぐらいからお付き合いがありますが、実は2016年地紅茶サミット奈良で初めてご挨拶をしました。
随分長い間かかりました。
紅茶への熱意が熱い方でした。
こういう方が、引き続き良い紅茶を作り続けてくれると大変ありがたいです。

過去記事一覧→こちら

【茶葉】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-1
茶葉の形状を書く前に、茶葉について説明しますと、天の紅茶は複数の緑茶品種のブレンドです。
そして販売するまで1年ぐらい寝かしているそうです。
なので2016年なのですが2015年に摘んだものだそうです。
実際どこまでが正しい情報なのかわかりませんが、この味だけは確かです。

【水色・味・香り】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-2
3分淹れました。
非常にわかりやすいです。
焙煎した香ばしさに、カラメルのような甘い香りです。
水色はクリアな茶色。
味は甘さも渋みも無いですがあとに残るすっきり感と、鼻の奥から駆け抜けてくる香ばしい香りがします。

望蘭系教科書のような紅茶です。

長く淹れましたら、全然違うものと思うくらい変わりました。
水色は、黒が混ざっているくらいの濃い赤です。
香りはほぼカラメルかと思うくらい香ばしく甘いです。
味は焙煎した香ばしさがいっぱいになります。
そして鼻からその香ばしさが凝縮したような香りが抜けていきます。
香ばしいとしか言いようがありません。
そして「いわゆる国産紅茶」とは違う甘さです。

この紅茶はなんでも耐えられるくらい強いです。
力強い紅茶です。

【茶殻】

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-3
茶殻は、紅茶に見えません。
コーヒーかと思うくらいの色目です。
ただ、形状がコーヒーではないので紅茶かなと分かる程度。
もしこれが粉紅茶だったら、確実に細挽きのコーヒーと言われるのかなと思います。
残り香はまだ香ばしくいい香りが漂います。
個人的には、圧力をかけて残り香さえも紅茶にしてしまいたいと思います。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

【京都府】南山城紅茶プロジェクト:南山城紅茶SF2016-2

【京都府】南山城紅茶プロジェクト:南山城紅茶SF2016

【この紅茶について】 当ブログをご覧の方は、もうおなじみだと思います。 幾度となくネタとして取り上げてきました「南山城紅茶」です。 過去記事の一覧は【こちら】からお願いします。 ふとしたこと(ツイッタ …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 かぶならし

最近嫁に『同じところの紅茶が続いている』と言われます。 実はあとストックが水車村、益井園、豊好園の3か所分しかなく そこの商品数が他と比べ群を抜いて多いので(山片君のを除く)、 結果としてここのが順番 …

no image

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【この紅茶について】 こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。 京都宇治田原で作られた紅茶で、明 …

【奈良県】奈良県産やまとみどり2016-2

【奈良県】奈良県産やまとみどり2016

【この紅茶について】 この紅茶は、十三のお茶屋さん「茶淹」さんにて購入した紅茶です。 奈良県産で品種は「やまとみどり」です。 ここのこだわりの主の置く紅茶ですので、中途半端なわけがありません。 (ハー …

アーカイブ