国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】山片茶園:在来セカンドフラッシュ2017

投稿日:

【この紅茶について】

このブログではおなじみの、大分県の山片茶園さんの紅茶です。
今年から、紅茶が変わったところがあると聞きました。
厳密にどのように変わったのかが興味のある所です。
実際に飲んで確認をしてみましょう。

【茶葉】

【大分県】山片茶園:在来セカンドフラッシュ2017-1
山片茶園らしい、小さく裁断された茶葉です。
絡まらないので、毎回計量しやすいです。
緑茶に使っていた在来ということもあって、少し茶葉の色目が青いです。
セカンドなんですが、パッと見た感じファーストにも見えます。
この茶葉だけ見ると、青めの紅茶かなと思います。
ただ、毎回見た目と違う紅茶の印象に、毎回驚かされるので、淹れて飲んでみるまではわかりません。

【水色・味・香り】

【大分県】山片茶園:在来セカンドフラッシュ2017-2

3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、乳香がします。バニラとかスイートポテトのような甘い香りがします。
味は、ほんのり甘みを感じますが、ほぼありません。

味の系統は、この段階では清廉系になると思いますが、まだ判断できません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し濃い赤橙色になりました。
香りは、香りは同じで、乳香でバニラとかスイートポテトのような甘い香りがします。
味は、ここで渋さがぐっと乗ってきました。

先入観なしで飲んだのですが、非常に美味しい紅茶です。
そのままでもいいですし、甘さ控えめで、バターの香高い焼き菓子なんかぴったりです。
3時のおやつや夕方の休憩など、一息ついてリフレッシュしたい時に、リラックスと切り替えが同時にできる紅茶です。

べにふうきはもっと赤い濃い紅茶らしくなるのではないでしょうか。

【茶殻】

【大分県】山片茶園:在来セカンドフラッシュ2017-3
短めの茶葉がざくざくと残ってます。
綺麗に整えられた茶殻が、バランス良く紅茶を出した後を物語ってます。
残り香が、青い刺さるような葉っぱらしい香りが残っていました。
紅茶としての優しい雰囲気とは裏腹な残り香です。
でも、その分を残して良い部分を紅茶に注げたと考えると、すごく飲みやすくてやさしい紅茶に仕上がるんだと改めて感じました。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-2

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入した紅茶です。 「十年秘蔵」って書いてあるんで、作ってから10年保存してたのかなと雑に考えました。 (チャンスがあれば、意味を教えてほしい) ぱ …

no image

【福岡】おぼろ紅茶:奥八女上陽茶おぼろ紅茶(緑)

【この紅茶について】 これは前回のおぼろ紅茶(赤)でも触れましたが、福岡に行った知り合いからお土産でもらった国産紅茶です。なんで赤と緑と分けたのかな・・・って思ってたんですが、前の記事を読み直して思い …

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶ふじかおり2015年2nd

【この紅茶について】 佐賀の太田さんの国産うれしの紅茶に関しては、2013年に試飲レビューを書きました。 佐賀県:国産うれしの紅茶 前にこのネタ書いたかなぁ・・・って思ってましたが、書いてませんでした …

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の井村製茶さんの紅茶で、 ファーストコンタクトは、11月1日に解説した当方のショッピングサイト『紅茶仲介部』での問い合わせでした。 続いて、フェイスブックグルー …

no image

【大分】山片茶園:おくみどり2012秋

【この紅茶について】 この紅茶は、去年の山片茶園のおくみどりで作った紅茶で本人は『微妙』と評していた紅茶です。もらってから、随分経つのに、まだ『封を開けたら芳香が漂う』チートな紅茶です。 【茶葉】 例 …

アーカイブ