国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】山片茶園: 山片茶園在来セカンドフラッシュ2017

投稿日:2017年11月21日

【 山片茶園在来セカンドフラッシュ2017 :この紅茶について】

山片茶園在来セカンドフラッシュ2017 は、このブログではおなじみの、大分県の山片茶園さんの紅茶です。
今年から、紅茶が変わったところがあると聞きました。
厳密にどのように変わったのかが興味のある所です。
実際に飲んで確認をしてみましょう。

【茶葉】

【大分県】山片茶園: 山片茶園在来セカンドフラッシュ2017 -1
山片茶園らしい、小さく裁断された茶葉です。
絡まらないので、毎回計量しやすいです。
緑茶に使っていた在来ということもあって、少し茶葉の色目が青いです。
セカンドなんですが、パッと見た感じファーストにも見えます。
この茶葉だけ見ると、青めの紅茶かなと思います。
ただ、毎回見た目と違う紅茶の印象に、毎回驚かされるので、淹れて飲んでみるまではわかりません。

【水色・味・香り】

【大分県】山片茶園: 山片茶園在来セカンドフラッシュ2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、乳香がします。バニラとかスイートポテトのような甘い香りがします。
味は、ほんのり甘みを感じますが、ほぼありません。

味の系統は、この段階では清廉系になると思いますが、まだ判断できません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し濃い赤橙色になりました。
香りは、香りは同じで、乳香でバニラとかスイートポテトのような甘い香りがします。
味は、ここで渋さがぐっと乗ってきました。

先入観なしで飲んだのですが、非常に美味しい紅茶です。
そのままでもいいですし、甘さ控えめで、バターの香高い焼き菓子なんかぴったりです。
3時のおやつや夕方の休憩など、一息ついてリフレッシュしたい時に、リラックスと切り替えが同時にできる紅茶です。

べにふうきはもっと赤い濃い紅茶らしくなるのではないでしょうか。

【茶殻】

【大分県】山片茶園: 山片茶園在来セカンドフラッシュ2017 -3
短めの茶葉がざくざくと残ってます。
綺麗に整えられた茶殻が、バランス良く紅茶を出した後を物語ってます。
残り香が、青い刺さるような葉っぱらしい香りが残っていました。
紅茶としての優しい雰囲気とは裏腹な残り香です。
でも、その分を残して良い部分を紅茶に注げたと考えると、すごく飲みやすくてやさしい紅茶に仕上がるんだと改めて感じました。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

【岡山県】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶2016-2

【岡山県】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入しました。 過去に地紅茶サミット岡山を開催した高梁紅茶のチームです。 前に試飲したのは3年半ぐらい前でした。 この間でどのくらい変わったのでしょ …

no image

【奈良】月ヶ瀬健康茶園:べにほまれ

【この紅茶について】 前にも、テレビに出られる前に記事にしましたが、 イギリスで飲んだ紅茶に感動して、実家でも作ってみようと紅茶作りをされている 月ヶ瀬健康茶園の紅茶です。 品種は、川戸紅茶と同じく、 …

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016-2

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】 かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。 購入が6月でしたので、必然的に2016年です。 このブログでは多く登場している …

no image

【京都】中尾園:和風紅茶

【茶葉】 荒茶っぽいというか、荒茶そのものですね。せめて、淹れる前に茎と繊維をとればよかったかな・・・とか思ってしまいます。 こういうのもなんですが、煎茶でしないことを紅茶でするのはどうかなって思いま …

アーカイブ