国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:さえみどり

投稿日:2014年1月15日

【この紅茶について】

豊好園さんの15品種ある紅茶中の一つです。
さえみどりは、緑茶でつかわれる品種でちょくちょく目にします。

【茶葉】

国産紅茶20140115豊好園さえみどり1
茶葉の形状は豊好園さんらしく、大ぶりの撚りのしっかりした茶葉です。
普通、これを見たら、さぞかし大きく展開するのかなと思うんですがね。
摘み取っている箇所が違うので、結果として違うんですが、面白い茶葉です。

【水色】

国産紅茶20140115豊好園さえみどり2
水色は明るめの朱色です。
香りはココナツミルクみたいな乳香がします。
タイプ的には清廉になると思います。
軽く香ばしく、若干甘めです。渋みはほぼなしです。
さえみどりの紅茶はそうないですが、これはありの紅茶です。
温度が落ち着いたら、少し青めの香りが立ちだしました。
ただ、味が滋納めに傾きだしました。
清廉じゃなくて、滋納ですかね・・・

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は濃い朱色になりました。
香りは落ち着いた時の乳香+若干青めの香りに
香ばしさが追加してます。
味は、酸味が顔を出してきて、香ばしさと酸味で甘みがなりを潜めてます。
味は岩茶っぽいです。香りはそれじゃないですが。

【茶殻】

国産紅茶20140115豊好園さえみどり3
茶殻は他と同じく膨らんだ系です。
摘みとり箇所が芯芽や1葉近辺なので、結果として広がったように見えないんですよね。
ただ、黒いけれども芯芽の集合と考えると、感慨深い紅茶です。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

no image

【愛知】磯田園製茶:やぶきた(熟成)国産紅茶

【茶葉】 基本、国産紅茶は一度全開に混ぜてから量を図ります。上と下で茶葉が違ってたり粉が下に落ちてたりするからです。それをしたうえで、粉が出てない紅茶も多くあります。そういう茶農家さんの努力は『もっと …

no image

※再掲 【熊本】天の製茶園:天の紅茶

【この紅茶について】 一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。あと、個人的にももう一度検証して、この上位 …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(黒ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、喜寿園さんのオリジナル品種『きじゅみどり』で作った紅茶です。他の在来や緑茶の品種とちがい、独特の風味が感じられる日本でもここだけのお茶です。茶園さんごとにしかない『独 …

【京都】京都地紅茶:京都地紅茶2017(べにふうき15)-2

【京都】京都地紅茶: 京都地紅茶2017(べにふうき15)

【 京都地紅茶2017(べにふうき15) :この紅茶について】 京都地紅茶2017(べにふうき15) は、京都市の京北町の紅茶です。 先日ご紹介しました『京都地紅茶』さんの紅茶です。 【京都府】京都地 …

no image

【大分】高橋製茶:和紅茶by吉四六の里

【この紅茶について】 この紅茶は、映画『種まく旅人~みのりの茶~』の舞台になりました、高橋製茶さんの紅茶です。元々、大分は熊本と同じく『国産紅茶発祥の地』として知られていますが、紅茶の農家はそんなにも …

アーカイブ