国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶

投稿日:2013年12月21日

【この紅茶について】

この紅茶は、静岡県の井村製茶さんの紅茶で、
ファーストコンタクトは、11月1日に解説した当方のショッピングサイト『紅茶仲介部』での問い合わせでした。
続いて、フェイスブックグループ地紅茶サミットにも入会され、アクティブに活動されているなという感じでした。

コンタクトを頂いてから、数回連絡を取らせていただきまして、
扱っている紅茶をうちのショッピングサイトで取り扱わせていただくことに成りまして、今購入することが出来ます。
その際に写真をとった時に感じた感想などを書いたのですが、本来のレビューとは違うものですので、改めて国産紅茶レビューを書かせていただきたいと思いました。

この紅茶はべにふうきの紅茶です。
試飲された時に、お子さんが『桃の香りがする』ということで
この紅茶のキャッチフレーズが『桃の香りがする紅茶』ということになったそうです。
商品撮影をした時に飲んでいるんですが、なかなか興味深くちゃんとした形で記事にしたいなと思ってました。
井村製茶さんの紅茶はこれと合わせて3商品。
そして、試験用に作られた1つと合わせてご紹介していこうと思います。

なお、今年中に全ストックの試飲レビューを書くつもりでしたが、随分サボってしまいすみませんでした。
ともかく、全紅茶のレビューを再優先に行っていきたいと思います。

【茶葉】

国産紅茶20131221井村製茶べにふうき1
茶葉は小さめですが、全体的に綺麗カットされています。
計量しやすい紅茶のパターンです。
若干茎が多目です。
もう少し少なかったらよかったかなと、茶葉の姿を気にする人として思ってしまいます。
茶葉の色は申し分なく仕上がってると思います。
この段階で香りはしませんが、撚りも硬さもしっかりしてますので
丁寧に仕上げているなと感じました。

【水色】

国産紅茶20131221井村製茶べにふうき2
水色は明るい茶色です。
香りは軽くスモーキーですが、全体的に熟した果物のような感じの香りです。
この香りが『まるで桃のよう』という香りの所以でしょう。
飲んだ感じは軽く甘く穀物っぽいです。
滋納と清廉の間ぐらいの紅茶です。
(ベースは滋納で、香りが特徴として飛び出ている感じ)
温度が落ち着いてからは、全体的に滋納の特徴的な穀物っぽい香りが前面に出ています。
味は、軽く渋くなり、香ばしさも出てきました。
軽く香る熟した果実のような香りはまだ健在で、
まるでほんのり甘いフレーバードティーのような感じです。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は濃い目のルビー色です。
香りは軽く酸っぱさがありますが、全体的にスモーキーです。
味は渋さが全面に出ていていい感じです。
ここまででて、初めて紅茶感がします。
多分、筋金入りの紅茶好きは10分以上淹れないと納得出来ないようなそんな感じです。

【茶殻】

国産紅茶20131221井村製茶べにふうき3
茶殻は『開いた系』の茶殻です。
戻ることで、どれだけ均一にカットされていたのかというのが手に取る様にわかります。
残り香もそこまで立ち上っているわけではありませんので、
しっかり出し切ったのかなという感じがしました。

多分明日も、更新します。
きっとします。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

【三重県】ハサマ共同製茶組合:kyoukan茶紅茶べにふうき2017-2

【三重県】ハサマ共同製茶組合:kyoukan茶紅茶べにふうき2017

【この紅茶について】 この紅茶は、愛知県尾張旭市で行われました『国産紅茶グランプリ』の金賞として選ばれた紅茶です。 シングルオリジンティーフェスティバルにて販売されていたものを購入してきました。 ハサ …

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-2

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 熊本のお茶のカジハラさんは、「告茶」という名前で商品化しております。 紅茶よりも釜炒り茶の方が印象に残る方で、この方の釜炒り茶のファ …

no image

【茨城】木村製茶工場:さしま紅茶

【茶葉】 茶葉は、きれいに撚られて選別も丁寧で、ここまで良い茶葉だったけ?と改めて思うほどです。仕事が丁寧だなって今更ながら思ってしまします。 【水色】 中国紅茶のような味と風味。香りはそこまで中国紅 …

no image

【岐阜】庵・花茶:春日の紅茶 和香葉(オータム)

【出会いは紹介の紅茶】 この紅茶は、僕の記憶が確かなら、ツイッターで『岐阜県に良い紅茶がある』と紹介を受けて注文しました。岐阜は、あんまし有名じゃないですがお茶の主要産地として名を連ね、日本で13位で …

no image

静岡:タネカ太田園:太田さんちの紅茶

□熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになります。それが熟成と …

アーカイブ