国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶

投稿日:2013年12月21日

【この紅茶について】

この紅茶は、静岡県の井村製茶さんの紅茶で、
ファーストコンタクトは、11月1日に解説した当方のショッピングサイト『紅茶仲介部』での問い合わせでした。
続いて、フェイスブックグループ地紅茶サミットにも入会され、アクティブに活動されているなという感じでした。

コンタクトを頂いてから、数回連絡を取らせていただきまして、
扱っている紅茶をうちのショッピングサイトで取り扱わせていただくことに成りまして、今購入することが出来ます。
その際に写真をとった時に感じた感想などを書いたのですが、本来のレビューとは違うものですので、改めて国産紅茶レビューを書かせていただきたいと思いました。

この紅茶はべにふうきの紅茶です。
試飲された時に、お子さんが『桃の香りがする』ということで
この紅茶のキャッチフレーズが『桃の香りがする紅茶』ということになったそうです。
商品撮影をした時に飲んでいるんですが、なかなか興味深くちゃんとした形で記事にしたいなと思ってました。
井村製茶さんの紅茶はこれと合わせて3商品。
そして、試験用に作られた1つと合わせてご紹介していこうと思います。

なお、今年中に全ストックの試飲レビューを書くつもりでしたが、随分サボってしまいすみませんでした。
ともかく、全紅茶のレビューを再優先に行っていきたいと思います。

【茶葉】

国産紅茶20131221井村製茶べにふうき1
茶葉は小さめですが、全体的に綺麗カットされています。
計量しやすい紅茶のパターンです。
若干茎が多目です。
もう少し少なかったらよかったかなと、茶葉の姿を気にする人として思ってしまいます。
茶葉の色は申し分なく仕上がってると思います。
この段階で香りはしませんが、撚りも硬さもしっかりしてますので
丁寧に仕上げているなと感じました。

【水色】

国産紅茶20131221井村製茶べにふうき2
水色は明るい茶色です。
香りは軽くスモーキーですが、全体的に熟した果物のような感じの香りです。
この香りが『まるで桃のよう』という香りの所以でしょう。
飲んだ感じは軽く甘く穀物っぽいです。
滋納と清廉の間ぐらいの紅茶です。
(ベースは滋納で、香りが特徴として飛び出ている感じ)
温度が落ち着いてからは、全体的に滋納の特徴的な穀物っぽい香りが前面に出ています。
味は、軽く渋くなり、香ばしさも出てきました。
軽く香る熟した果実のような香りはまだ健在で、
まるでほんのり甘いフレーバードティーのような感じです。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は濃い目のルビー色です。
香りは軽く酸っぱさがありますが、全体的にスモーキーです。
味は渋さが全面に出ていていい感じです。
ここまででて、初めて紅茶感がします。
多分、筋金入りの紅茶好きは10分以上淹れないと納得出来ないようなそんな感じです。

【茶殻】

国産紅茶20131221井村製茶べにふうき3
茶殻は『開いた系』の茶殻です。
戻ることで、どれだけ均一にカットされていたのかというのが手に取る様にわかります。
残り香もそこまで立ち上っているわけではありませんので、
しっかり出し切ったのかなという感じがしました。

多分明日も、更新します。
きっとします。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(白ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、和束町の喜寿園さんの紅茶でしかも、『ホテルオークラ限定モデル』という今は買えないものです。ただ、だからといって特別だというわけでなく、通常発売されている赤ラベルと黒ラ …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 べにふうき

【この紅茶について】 この紅茶は、水車むら紅茶の試飲パックの最後の紅茶です。 10gづつの試飲パックは、正直こういう試し飲みが効果的にできるのでありがたいです。 品種はべにふうきです。 べにふうきは全 …

no image

【熊本】桜野園:さくら紅茶

【茶葉】 茶葉は短めですが、綺麗に寄られてます。 姿かたちも綺麗な茶葉です。 細かめなので微細な重さも測りやすいです。 改めて見てみるといい茶葉だったんだな、って思います。 【水色】 水色は赤黒いけど …

no image

【静岡】豊好園:やまかい

【この紅茶について】 多くの品種紅茶を送ってくださった豊好園さんの紅茶です。 今回は「やまかい」という品種で、緑茶に使われます。 ただ、こちらも他と同じようにそんなにも多く栽培されておらず、 こだわり …

アーカイブ