国産紅茶レビュー 岡山県

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

投稿日:2013年9月14日

【茶葉】

国産紅茶20130914かつやま紅茶(在来)1

もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。
多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、
出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方をしてくだされば、もっと見栄えがよくなるんだろうななんて希望的観測でものを云うてみます。
(ここだけに限った話ではありませんが)
見た感じ、『発酵した煎茶』という感じでしょうか。

【水色】

国産紅茶20130914かつやま紅茶(在来)2

水色は浅めの茶です。
香りは、ポン菓子と玄米スープの間ぐらいの香りです。
鼻から抜ける香りはいいんですが、味が少し酸味がのっかり、番茶っぽい。
全体的に、玄米茶っぽい感覚です。
ですが、香りは玄米茶じゃありません。
なんとも、たった3分で複雑な感想です。
ただ、味の濃い目の食べ物とは、相性が良さそうです。
思いのほか、食べ物味を綺麗にリセットしてくれます。
(ただいま、食物と一緒に試飲中)
ただ、紅茶感はほぼありません。
飲み口も『発酵した煎茶』という感じです。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目がさっきの50%マシぐらいになりました。
香りは特に変化なく、味もいわゆる一般的な『国産紅茶』に落ち着きました。
ただ、『今の国産紅茶としては可もなく不可もなく』なので、長く淹れるよりも
3分とか5分以下とかのほうが、個性が楽しめていいと思います。
良きにしろ悪きにしろ。

一度、レモンティー実験をしてみたい紅茶ではあります。

【茶殻】

国産紅茶20130914かつやま紅茶(在来)3

茶殻が、膨らんだ感が大きいなと思います。
きっちり出れば悪くないのですが、このお茶のスペックはまだまだこれからという
気がしてなりません。
紅茶として、更なるご研鑽、お祈り申し上げます。

多分、これが紅茶として完成したら『ルフナ系』の国産紅茶になると思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 岡山県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

【この紅茶について】 この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数 …

no image

【熊本】お茶のカジハラ:告茶

【十三の国産紅茶の拠点】 というと、本人が怒りますけどね。 今回の告茶(つげちゃ)は、僕が直接知り合いでも買いに行ったわけでもありません。 毎度お世話になっております、『日本茶の』専門店”茶淹”さんで …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、そしてホテ …

no image

奈良:葉香製茶2012紅月

今日の国産紅茶は、奈良の茶園さんの『葉香製茶』さんのです。この当代社長は、Twitterで知り合った友達で、何回もお邪魔させていただいてもらってます。今は一貫して『無農薬・有機栽培』でお茶を作っており …

no image

【奈良】さざんかの会:さざんか紅茶

【茶葉】 茶葉は全体的に小さくまとまり、綺麗にグリグリされてます。玉緑茶のような加工をしてるわけではないのでしょうが、綺麗にぐり茶の形式になってます。仕分けもほどほど良く、見た目は良い方です。 【水色 …

アーカイブ