国産紅茶レビュー 富山県

【富山】富山紅茶の会:富山あさひの紅茶

投稿日:2013年9月1日

【この紅茶について】

この紅茶は、姉妹品である『富山くれはの紅茶』と同じところの紅茶で、
製造も同じ鳥取の陣構茶生産組合なのですが、
何が違うかと言いますと、前のは富山市平岡で採れた茶葉を使い
こちらは富山市朝日町で採れた茶葉を使ってます。
基本的に、出来たと告知がない限り一般発売をされていないようで、
僕もこれは岡山の地紅茶サミットの時に買いました。
全国には、こういう手の「いろんな意味で限定品」というのが多いのが現状でしょうか。

【茶葉】

20130901富山あさひの紅茶1

形状自体は、前のものと同じで、細かくしてあり計量がしやすいです。
分別の度合いは、正直わかりにくいですが、思いのほか繊維や茎は少なそうです。
むやみやたらに粉砕すると、必ず粉っぽさが出てくるのですが、これはそこまで出ていなくて
見ている感じはよさげにみえます。

【水色】

20130901富山あさひの紅茶2

水色は、薄い赤です。少し橙傾向です。
香りはそこまで自己主張しておらず、味は少し酸味が強いです。
渋みも苦みも今の所ないです。
と書くと、ライトな紅茶のように見えますが、ただ単に抽出時間不足じゃないかという感じです。
他の紅茶でもそうですが、国産紅茶は5分からがおすすめって言っていいのではないかと思ってきてます。

長時間淹れたらどうなるでしょうか

色目は黒目が入って濃くなりました。
味は特に大きな変化なし。
さっきまで出ていた酸味がどこかに消えました。
わずかながら渋みが顔を出したせいでしょうか。
安定していると言うか、出が物足りないと言うか。
そもそも、もっと茶葉を入れる事を想定しているのかと思うくらいです。
ただ、これ以上茶葉を入れたら、このライト感を楽しめないだろうななんて思うわけで、
もしかしたら、和菓子との相性を考えて、これだけ控えめにしているのかもしれません。

やはり、『茶道の文化圏』が深い所でもありますので、紅茶単品で飲ませるなんてことは
基本考えてないのかもしれません。
そういう意味で、『お茶会用』の控えめな紅茶です。

【茶殻】

20130901富山あさひの紅茶3

茶殻は、膨らんだような感じです。
そもそも、カサがなかったので、大きく戻らないというのが本音でしょうか。
これだけコンパクトだと逆に片付けやすくていいです。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 富山県

執筆者:


  1. […] 前試飲した時は2013年でした。 (過去記事はこちら) 2016年はどのくらい変わっているでしょうか。 […]

関連記事

no image

【岐阜】なべしま銘茶:飛騨紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、丸子紅茶のべにふうきを、飛騨まで持って行って製茶した紅茶だそうです。丸子ティーファクトリーで講習を受けた方が作っていらっしゃるというお話でした。『茶葉の輸入』で地元の …

no image

※再掲 【熊本】天の製茶園:天の紅茶

【この紅茶について】 一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。あと、個人的にももう一度検証して、この上位 …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶そうふう

【この紅茶について】 この紅茶は、先日の茶源郷まつりに委託で出した茶葉で、和束の喜寿園さんが作られている紅茶です。品種は『そうふう』で、手に入れるには、喜寿園さん直接かいつもお馴染み十三茶淹さんでお買 …

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017-2

【京都府】和束紅茶: 和束紅茶みおく2017

【 和束紅茶みおく2017 :この紅茶について】 和束紅茶みおく2017 は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 よくよく調べてみたら、2017年の和束紅茶さんの紅茶を購入していないことが判明。 …

アーカイブ