国産紅茶レビュー 富山県

【富山】富山紅茶の会:富山あさひの紅茶

投稿日:2013年9月1日

【この紅茶について】

この紅茶は、姉妹品である『富山くれはの紅茶』と同じところの紅茶で、
製造も同じ鳥取の陣構茶生産組合なのですが、
何が違うかと言いますと、前のは富山市平岡で採れた茶葉を使い
こちらは富山市朝日町で採れた茶葉を使ってます。
基本的に、出来たと告知がない限り一般発売をされていないようで、
僕もこれは岡山の地紅茶サミットの時に買いました。
全国には、こういう手の「いろんな意味で限定品」というのが多いのが現状でしょうか。

【茶葉】

20130901富山あさひの紅茶1

形状自体は、前のものと同じで、細かくしてあり計量がしやすいです。
分別の度合いは、正直わかりにくいですが、思いのほか繊維や茎は少なそうです。
むやみやたらに粉砕すると、必ず粉っぽさが出てくるのですが、これはそこまで出ていなくて
見ている感じはよさげにみえます。

【水色】

20130901富山あさひの紅茶2

水色は、薄い赤です。少し橙傾向です。
香りはそこまで自己主張しておらず、味は少し酸味が強いです。
渋みも苦みも今の所ないです。
と書くと、ライトな紅茶のように見えますが、ただ単に抽出時間不足じゃないかという感じです。
他の紅茶でもそうですが、国産紅茶は5分からがおすすめって言っていいのではないかと思ってきてます。

長時間淹れたらどうなるでしょうか

色目は黒目が入って濃くなりました。
味は特に大きな変化なし。
さっきまで出ていた酸味がどこかに消えました。
わずかながら渋みが顔を出したせいでしょうか。
安定していると言うか、出が物足りないと言うか。
そもそも、もっと茶葉を入れる事を想定しているのかと思うくらいです。
ただ、これ以上茶葉を入れたら、このライト感を楽しめないだろうななんて思うわけで、
もしかしたら、和菓子との相性を考えて、これだけ控えめにしているのかもしれません。

やはり、『茶道の文化圏』が深い所でもありますので、紅茶単品で飲ませるなんてことは
基本考えてないのかもしれません。
そういう意味で、『お茶会用』の控えめな紅茶です。

【茶殻】

20130901富山あさひの紅茶3

茶殻は、膨らんだような感じです。
そもそも、カサがなかったので、大きく戻らないというのが本音でしょうか。
これだけコンパクトだと逆に片付けやすくていいです。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 富山県

執筆者:


  1. […] 前試飲した時は2013年でした。 (過去記事はこちら) 2016年はどのくらい変わっているでしょうか。 […]

関連記事

【大分県】蛍茶園:紅蛍2017(ティーバッグ)-2

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ)

【 紅蛍2017(ティーバッグ) :この紅茶について】 この紅茶は、大分県の耶馬渓町にある茶農家さんの紅茶です。 今は観光名所『耶馬渓』が近いということが有り、飲食店もされてます。 前に一度試飲記事を …

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

no image

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

【この紅茶について】 この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数 …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

【この紅茶について】 【茶葉】 この茶葉は手摘みで作っているそうで、形状がしっかりしているものばかりです。 しかもゴールデン芯目(ゴールデンチップとかシルバーチプとかの部分)も混ざっており、見た目も楽 …

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016-2

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で購入しました。 グリーンエイトさんの3つ目です。 いつも、一つ一つ先入観なしで飲んでいるので、どのくらい違うのか考えていないですが、これは …

アーカイブ