国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 べにふうき

投稿日:2013年12月22日

【この紅茶について】

この紅茶は、水車むら紅茶の試飲パックの最後の紅茶です。
10gづつの試飲パックは、正直こういう試し飲みが効果的にできるのでありがたいです。

品種はべにふうきです。
べにふうきは全国どこでも作られていると今は言われますが、
品質は千差万別で、良い物もあればそうでないものもあります。
紅茶の体を成していない紅茶もたくさんあるなか、水車村の紅茶はべにふうきにとどまらず、他の品種でも実に紅茶らしく仕上がってました。
こういう紅茶は、未だ生産量が少なく一般的に普及していないという現状の中、未来に是非残っていて欲しいと思う次第です。

【茶葉】

国産紅茶20131222水車むら紅茶べにふうき1
撚りはきれいい細く撚り上げられています。
まるで繊細な糸が幾重にも重なっているようなそんな感じです。
茶葉の色は、発酵をしっかりした黒の下地に、
軽く白く粉が吹いたような感じです。
封を切った段階から、甘いような華やかなような香りがして
お茶を淹れる前から楽しめる紅茶です。
この香りは、封を切った時だけではなく、お湯を注いだ時にも鮮やかに立ち上ります。
飲む前から美味しい紅茶です。

【水色】

国産紅茶20131222水車むら紅茶べにふうき2
水色は茶色寄りのオレンジです。
香りは、花びらのような香りがします。
感じとしては、青茶寄りの香りです。
特徴は清廉です。
味は、ほんのり渋くて爽やかな香りが口いっぱいに広がります。
温度が落ち着きましたら、渋みが穏やかに成り飲みやすく成りました。
3分淹れの段階では、紅茶を飲むという感じよりも、
花と葉っぱをかじっているという感覚が違いと思います。
それだけみずみずしい香りが口いっぱいに広がります。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は鮮やかな朱色になりました。
香りは軽くスモーキーで、深くなりました。
味は渋さがはっきりとわかるくらい濃くなり、同じくらい強く香ばしさを感じます。
牛乳入れたいな~、砂糖入れたいな~
って思えるはっきりした紅茶です。

香りにしても味にしても自己主張している紅茶が日本には少ないんですが、
ここまでしっかりしている紅茶は大事にしていきたいなとつくづく思います。

【茶殻】

国産紅茶20131222水車むら紅茶べにふうき3
茶殻は『開く系』で、茶葉の時には気づきませんでしたが、
大きな茶葉の比率よりも、小さい茶葉の比率の方が高いです。
合わせて茶葉の段階で気づきにくかったのが、新芽に近い柔らかい茎が多く入っていたということです。
触ってみても海藻を触っているようで、茎という感覚がまるでありません。
残り香もいい香りがほぼありませんでしたので、きっちり出きったのかなと思ってます。

飲んでいて一番いいのはやはり『湯液に成分が出きった感がある』という状態です。
紅茶で、2煎~3煎とか出てくると、一体、今までの入れていたのは不十分だったのかなって思いになります。
ただ、それは紅茶だけの感想で、緑茶の場合は温度によって出てくる成分が違うので『1杯で幾重にも美味しい』という楽しみ方が合ったり、青茶などいわゆる中国茶は延々と香りが出続けている長時間の楽しみを味わえられます。
そういう多彩な楽しみ方ができるのが、お茶というものの魅力なのかなと、あんまし国産紅茶レビューと関係のないことを書いてみました。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

no image

宮崎:宮崎茶房:やまなみ

□出会いは吉田山 毎年6月ごろに記事にしてます『吉田山大茶会』今年もありますが、そこに見ている限りでは毎年参加されています。毎回ひっそりとブースを構えていらっしゃるので、正直人だかることもありません。 …

【鹿児島】屋久島紅茶2016-2

【鹿児島】屋久島紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、十三のお茶屋さん茶淹さんで購入しました。 2016年に購入したことは間違いないので、2016年産です。 ただし、どのシーズンかはわかりません。 鹿児島の紅茶は多いです …

【三重県】ハサマ共同製茶組合:kyoukan茶紅茶べにふうき2017-2

【三重県】ハサマ共同製茶組合: kyoukan茶紅茶べにふうき2017

【 kyoukan茶紅茶べにふうき2017 :この紅茶について】 kyoukan茶紅茶べにふうき2017 は、愛知県尾張旭市で行われました『国産紅茶グランプリ』の金賞として選ばれた紅茶です。 シングル …

no image

【静岡】益井園:かほり ふぁすと

【この紅茶について】 この紅茶は、前にも出てました益井園さんの紅茶です。 品種は香駿で、ファーストフラッシュ(1番茶)です。 そもそも、かおりに重点をおいて作られているので、淹れるためにお湯を注ぐ前か …

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-2

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 熊本のお茶のカジハラさんは、「告茶」という名前で商品化しております。 紅茶よりも釜炒り茶の方が印象に残る方で、この方の釜炒り茶のファ …

アーカイブ