国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016

投稿日:

【この紅茶について】

地紅茶サミット奈良で購入しました。
社会福祉法人青葉仁会ということろが生産販売団体です。
紅茶づくりが、社会との接点になるという事例になるのかもしれません。

詳しくは、問い合わせる必要があるかとおもいますが、紅茶というものの社会性を探っていけるのではないかと思います。

【茶葉】

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-1
茶葉は大きめです。
一芯二葉を手摘みで摘んでいるとのことです。
撚りはゆるいので、基本的にあまり揉まず自然に任せるまま作っているのだろうと思います。
自然派とかそういうのが好きな方は茶葉かと思います。

【水色・味・香り】

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-2

3分淹れました。
水色は、薄茶色です。
香りは、お湯を注いだ時はラプサンみたいな燻製香がしましたが、カップに注いだあとでは、ほぼ香りはしません。
味は、ほぼ白湯です。
3分はまだまだですね。

しばらく淹れるとこのように変わりました。

水色は、はっきりした赤茶色になりました。
香りは、微かにポン菓子のような甘い香りです。
味は、渋みなくほんのり花の蜜のような甘い香りしました。

味の系統は、望蘭系と滋納系の間になります。

水色・香りまでは、どこにでもある国産紅茶です。
味において個性が光ってます。
実におもしろい紅茶と思います。

【茶殻】

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-3

茶殻は、大きめの茶葉が開いたような形です。
実のところ、茶殻にいい香りが残ってます。
2煎めとか行けるのではないかと思います。

ぱっと見た目、腰の弱い紅茶ですが、これを中国茶のように飲めば、もしかするといろんな顔を見せる面白い茶葉なのかもしれません。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-2

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016

【この紅茶について】 熊本県の天の紅茶は、もはや国産紅茶好きならば言わずと知れた農家さんです。 数多くの人が「国産紅茶でおすすめはどれですか?」と聞かれると、真っ先にこれをあげます。 天の紅茶さん香り …

【愛媛県】 農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶オータムナル(2016)

【この紅茶について】 2013年にこの紅茶の試飲レビューを書いています。 久々の試飲って事になります。 (過去記事:てっぺん紅茶) 2013年も、そして今も作ってるんだなぁって思うと継続は本当に大事だ …

no image

【大分】杵築紅茶:べにたちわせ

【この紅茶について】 日本最古の紅茶専門店ティーハウスムジカで販売されてました今年の杵築紅茶『べにたちわせ』です。べにたちわせそのものは、そんなにも生産されていません。なので、珍しい品種と言えば珍しい …

no image

【静岡】丸子紅茶:丸子紅茶(紅富貴)FF+SF

【この紅茶について】 丸子紅茶は、今の国産紅茶業界のフラグシップのような茶園さんです。国産紅茶の父、多田元吉の地盤であり、この地から多くの『紅茶品種の再発見』がされてます。前世代から継続的に引き継いで …

アーカイブ