国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016

投稿日:

【この紅茶について】

地紅茶サミット奈良で購入しました。
社会福祉法人青葉仁会ということろが生産販売団体です。
紅茶づくりが、社会との接点になるという事例になるのかもしれません。

詳しくは、問い合わせる必要があるかとおもいますが、紅茶というものの社会性を探っていけるのではないかと思います。

【茶葉】

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-1
茶葉は大きめです。
一芯二葉を手摘みで摘んでいるとのことです。
撚りはゆるいので、基本的にあまり揉まず自然に任せるまま作っているのだろうと思います。
自然派とかそういうのが好きな方は茶葉かと思います。

【水色・味・香り】

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-2

3分淹れました。
水色は、薄茶色です。
香りは、お湯を注いだ時はラプサンみたいな燻製香がしましたが、カップに注いだあとでは、ほぼ香りはしません。
味は、ほぼ白湯です。
3分はまだまだですね。

しばらく淹れるとこのように変わりました。

水色は、はっきりした赤茶色になりました。
香りは、微かにポン菓子のような甘い香りです。
味は、渋みなくほんのり花の蜜のような甘い香りしました。

味の系統は、望蘭系と滋納系の間になります。

水色・香りまでは、どこにでもある国産紅茶です。
味において個性が光ってます。
実におもしろい紅茶と思います。

【茶殻】

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-3

茶殻は、大きめの茶葉が開いたような形です。
実のところ、茶殻にいい香りが残ってます。
2煎めとか行けるのではないかと思います。

ぱっと見た目、腰の弱い紅茶ですが、これを中国茶のように飲めば、もしかするといろんな顔を見せる面白い茶葉なのかもしれません。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

【滋賀】丸安茶業:土山紅茶

【茶葉】 茶葉は荒茶っぽさがそのままです。色目は悪くないのですがね。もう少し、手を加えて欲しかったかなと。 【水色】 注いだとき、買ったすぐに飲んだときになかったような華やかな香り。ただ、香りは強いわ …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

【転換の始まり】 今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製 …

no image

【静岡】丸子紅茶:べにひかり

【この紅茶について】 静岡丸子の丸子紅茶です。先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだとよく話されていましたので、やはり全国区だなって思います。 このべにひかりは、実は今年 …

no image

【静岡】丸子紅茶:丸子紅茶(紅富貴)FF+SF

【この紅茶について】 丸子紅茶は、今の国産紅茶業界のフラグシップのような茶園さんです。国産紅茶の父、多田元吉の地盤であり、この地から多くの『紅茶品種の再発見』がされてます。前世代から継続的に引き継いで …

no image

【大分】山片茶園:在来春(2013)

【この紅茶について】 この紅茶は、おなじみ『山片茶園』の春に作った在来の紅茶です。ただ、発酵が弱かったらしく、半発酵気味だということです。どこまで半発酵気味7日、楽しみです。 【茶葉】 茶葉は中国緑茶 …

アーカイブ