国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:おくゆたか

投稿日:2013年12月6日

【この紅茶について】

この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶の第5弾です。
豊好園さんはまだ10品種ありますので、まだまだお付き合い願います。
多品種で作られていると選択に迷うこともありますが、各々の特徴がわかれば好みの物をチョイスする楽しさがあります。
気分によってその好みも変わるものです。
そのためにうちのブログがあるんですけどね。
全国の国産紅茶のサイトで、各々のレビューを書いている人なんて
僕ぐらいしかいないでしょうから。
まだまだ続きまして、さらに増えたら継続しますので、移転先のこのブログでも
末永くお付き合いお願い申し上げます。
『多分』ちゃんと更新しますので、ご安心ください。

【茶葉】

国産紅茶20131206豊好園おくゆたか1
茶葉は綺麗に撚られています。
発酵は強めなのか黒目がしっかりしてます。
こう見ると、緑茶感のある国産紅茶の中でしっかり紅茶の形をしているなと改めて実感します。
大きく崩れてもいないので、狙いはそのままの形状維持で、きれいな茶葉をお好みの人には
合う茶葉じゃないかと思います。
ただ、計量の時、台湾茶や中国茶の様に、大きく絡まって出てきていたので、
その点が僕にとっては難点かも知れません。
(ただ単に、気軽にザクザクと計量して飲みたい質なので)

【水色】

国産紅茶20131206豊好園おくゆたか2
水色は明るい朱です。
香りはミルキーな乳香に、華やかな青い香りがします。
この状態ですと清廉です。
味は軽く香ばしいです。
温度が落ち着くと、ほんのり甘くて飲みやすいです。
思った以上に良い紅茶・・・
(つまみが要らない紅茶です)

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は朱が濃くなりました。
香りは少し香草っぽくなりました。
酸味が軽く出てはいますが、濃い味の紅茶です。
ただ、少し喉が乾く感じがします。
濃いためなのかなにかは原因はわかりませんが。

【茶殻】

国産紅茶20131206豊好園おくゆたか3
茶殻は膨らんだ系ですが、全部葉が小さいため開いてもこのくらいのサイズなのかなと思います。
つまり、摘採の時にまさに『表面を撫でるように』摘んでいる証拠で、こういう点は『日本茶らしいな』と思います。
作る人それぞれですが、茶殻にどういう狙いかが見えることがあります。
3~5葉当たりを摘んで裁断して芯の太い紅茶を作るとか、芯芽だけ摘んで激しくも上品な紅茶に仕上げてくるか。
僕自身はどちらでも好きですが、主たるは栽培が大きなウェートを占めているなと感じることが多いです。
栽培から製茶まで、ピンと筋の通った作り手が、
今後の国産紅茶の中心として残っていってくれることを
僕は切に願ってやみません。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、そしてホテ …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

奈良】や~まんと茶園:大和紅茶2017-2

【奈良】や~まんと茶園: 大和紅茶2017

【 大和紅茶2017 :この紅茶について】 大和紅茶2017 は吉田山大茶会の際に購入しました。 奈良県の茶園さんが作られたそうで、この紅茶の他にもいろいろなお茶を作られてました。 健康になれるよう意 …

no image

【大分】山片茶園:べにふうき2013秋

【この紅茶について】 いつもお馴染み『山片茶園』の新作です。べにふうきも5年目に入ってきているそうで、もうそろそろ完成じゃないかと期待してます。毎年試行錯誤なので、どう変化するかはわかりませんが、楽し …

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

アーカイブ