国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】益井園:みお ぷれみあむ

投稿日:2013年12月5日

【この紅茶について】

この紅茶は益井園さんの紅茶で品種『香駿』です。
『かおり』シリーズでも特にいいロットに『みおぷれみあむ』という商品名をつけるそうです。
益井園さんの紅茶はかおりのセカンドが、秋に開かれた静岡県の品評会で紅茶の部の最高賞を受賞しました。
記念も兼ねて、みおぷれみあむの紹介とさせていただきます。

【茶葉】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ1

茶葉は全体的に青みがかっていて
綺麗に撚られています。
ファーストフラッシュということもあり、青さを意識したのかなと思います。
見た感じ、この状態でも香りそうな感じがしますが、ここまでではさほど香りませんでした。
やはり、お湯を注いでから本気を出すタイプです。(そらそうだ)

【水色】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ2

水色は明るい橙です。
香りは台湾の青茶のように青いです。
まさしく花のような香りの清廉系です。
味は渋みはまださほどなく、香りが際立ちます。
3分の段階では、『香りを飲む紅茶』です。
温度が落ち着きましたら、渋みがほんのりと顔を出し始め
軽く酸味をうかがい知れます。
感覚としては、紅茶というよりも青茶を飲んでいる気分です。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は軽く朱が強くなったくらいです。
香りは沸き上がるように華やかなという感じではなく、落ち着いた優雅な花の香りです。
渋みは、口に含んだときはそれほどしないんですが、少し経ってからじんわりと広がるように感じていきます。
表立っては強くなく、しっかりとした存在感のある味です。
ここまで渋みがあると、甘めのお菓子が欲しいです。
個人的には大福・・・
あんこの甘さと合いそうです。

【茶殻】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ3

茶殻も青いです。
開いた系の茶殻で、実はこの段階でも香ります。
思わず、2煎目と行きたいくらいです。
これを見せて『緑茶ですよね』と言うと、普通に騙されそうです。
多分、これより黒い茶殻の緑茶も普通に散見しますので、
もしかしたら、紅茶というよりも青茶なのかもしれませんね。
(でも紅茶ですが)

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

no image

熊本:天の製茶園:天の紅茶

先日ですね、滋賀県に国産紅茶の全ストック持って行ったんですよ。全ストック。そして、呼んで頂いた方に14種類ぐらい紅茶を飲んでいただいたんですよ。14種類ぐらい。そしましたらね、そのお方が、これを大変気 …

no image

【島根】西製茶所:出雲の国のべにふうき紅茶

【この紅茶について】 何回も紹介していますが、島根の茶農家さんの紅茶です。ここは、ブーム以前から紅茶を作っている所で、一部の人はここに来て作り方を学んで自分で作られているそうです。そう言う意味で、ここ …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

no image

恋に効く紅茶、恋志谷紅茶

去年は、触れていたかどうか忘れましたw ご贔屓にさせて頂いてもらってます(お茶というか個人的に)南山城村の紅茶に『恋に効く紅茶:恋志谷紅茶』ってのがあります。去年の分なのですが、ゆえあって、手に入れま …

アーカイブ