国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】益井園:みお ぷれみあむ

投稿日:2013年12月5日

【この紅茶について】

この紅茶は益井園さんの紅茶で品種『香駿』です。
『かおり』シリーズでも特にいいロットに『みおぷれみあむ』という商品名をつけるそうです。
益井園さんの紅茶はかおりのセカンドが、秋に開かれた静岡県の品評会で紅茶の部の最高賞を受賞しました。
記念も兼ねて、みおぷれみあむの紹介とさせていただきます。

【茶葉】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ1

茶葉は全体的に青みがかっていて
綺麗に撚られています。
ファーストフラッシュということもあり、青さを意識したのかなと思います。
見た感じ、この状態でも香りそうな感じがしますが、ここまでではさほど香りませんでした。
やはり、お湯を注いでから本気を出すタイプです。(そらそうだ)

【水色】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ2

水色は明るい橙です。
香りは台湾の青茶のように青いです。
まさしく花のような香りの清廉系です。
味は渋みはまださほどなく、香りが際立ちます。
3分の段階では、『香りを飲む紅茶』です。
温度が落ち着きましたら、渋みがほんのりと顔を出し始め
軽く酸味をうかがい知れます。
感覚としては、紅茶というよりも青茶を飲んでいる気分です。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は軽く朱が強くなったくらいです。
香りは沸き上がるように華やかなという感じではなく、落ち着いた優雅な花の香りです。
渋みは、口に含んだときはそれほどしないんですが、少し経ってからじんわりと広がるように感じていきます。
表立っては強くなく、しっかりとした存在感のある味です。
ここまで渋みがあると、甘めのお菓子が欲しいです。
個人的には大福・・・
あんこの甘さと合いそうです。

【茶殻】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ3

茶殻も青いです。
開いた系の茶殻で、実はこの段階でも香ります。
思わず、2煎目と行きたいくらいです。
これを見せて『緑茶ですよね』と言うと、普通に騙されそうです。
多分、これより黒い茶殻の緑茶も普通に散見しますので、
もしかしたら、紅茶というよりも青茶なのかもしれませんね。
(でも紅茶ですが)

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶ふじかおり2015年2nd

【この紅茶について】 佐賀の太田さんの国産うれしの紅茶に関しては、2013年に試飲レビューを書きました。 佐賀県:国産うれしの紅茶 前にこのネタ書いたかなぁ・・・って思ってましたが、書いてませんでした …

【大分県】きつき紅茶:べにひかりオータムナル2016-2

【大分県】きつき紅茶: きつき紅茶べにひかりオータムナル2016

【 きつき紅茶べにひかりオータムナル2016 :この紅茶について】 きつき紅茶べにひかりオータムナル2016 は、大分県杵築市で作られている紅茶です。 芦屋のティーハウスムジカでも取り扱っている紅茶で …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 べにふうき

【この紅茶について】 この紅茶は、水車むら紅茶の試飲パックの最後の紅茶です。 10gづつの試飲パックは、正直こういう試し飲みが効果的にできるのでありがたいです。 品種はべにふうきです。 べにふうきは全 …

no image

【大分】杵築紅茶:べにたちわせ

【この紅茶について】 日本最古の紅茶専門店ティーハウスムジカで販売されてました今年の杵築紅茶『べにたちわせ』です。べにたちわせそのものは、そんなにも生産されていません。なので、珍しい品種と言えば珍しい …

アーカイブ