国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】益井園:みお ぷれみあむ

投稿日:2013年12月5日

【この紅茶について】

この紅茶は益井園さんの紅茶で品種『香駿』です。
『かおり』シリーズでも特にいいロットに『みおぷれみあむ』という商品名をつけるそうです。
益井園さんの紅茶はかおりのセカンドが、秋に開かれた静岡県の品評会で紅茶の部の最高賞を受賞しました。
記念も兼ねて、みおぷれみあむの紹介とさせていただきます。

【茶葉】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ1

茶葉は全体的に青みがかっていて
綺麗に撚られています。
ファーストフラッシュということもあり、青さを意識したのかなと思います。
見た感じ、この状態でも香りそうな感じがしますが、ここまでではさほど香りませんでした。
やはり、お湯を注いでから本気を出すタイプです。(そらそうだ)

【水色】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ2

水色は明るい橙です。
香りは台湾の青茶のように青いです。
まさしく花のような香りの清廉系です。
味は渋みはまださほどなく、香りが際立ちます。
3分の段階では、『香りを飲む紅茶』です。
温度が落ち着きましたら、渋みがほんのりと顔を出し始め
軽く酸味をうかがい知れます。
感覚としては、紅茶というよりも青茶を飲んでいる気分です。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は軽く朱が強くなったくらいです。
香りは沸き上がるように華やかなという感じではなく、落ち着いた優雅な花の香りです。
渋みは、口に含んだときはそれほどしないんですが、少し経ってからじんわりと広がるように感じていきます。
表立っては強くなく、しっかりとした存在感のある味です。
ここまで渋みがあると、甘めのお菓子が欲しいです。
個人的には大福・・・
あんこの甘さと合いそうです。

【茶殻】

国産紅茶20131205益井園みおぷれみあむ3

茶殻も青いです。
開いた系の茶殻で、実はこの段階でも香ります。
思わず、2煎目と行きたいくらいです。
これを見せて『緑茶ですよね』と言うと、普通に騙されそうです。
多分、これより黒い茶殻の緑茶も普通に散見しますので、
もしかしたら、紅茶というよりも青茶なのかもしれませんね。
(でも紅茶ですが)

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良か茶源郷祭りで買いました。 どっちか忘れました。 多分、茶源郷祭りじゃなかったかなぁって思います。 今年に入って試飲をしている一つです。 こちらも、 …

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016-2

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で買いました。 改めて、奈良県での国産紅茶の生産の裾野が広がってることを実感しました。 奈良県のお茶は宇治茶の一部として使われる事が多く、いままで一般 …

no image

【宮崎】宮崎茶房:みなみさやか

【この紅茶について】 毎年、吉田山大茶会に出品していただいてもらってます宮崎茶房さんの別の品種の紅茶です。みなみさやかだったかな・・・東京の有名紅茶専門店さんで、レギュラーメニューとして入れられていた …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

アーカイブ