お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

誰もやったことない紅茶の淹れ方

投稿日:2013年12月4日

□事の初めはツイッター

お昼の話で、用事で外に出ながらツイッターをしていたら、フォロワーさんが紅茶の温度のツイートをしていたので、いつもどおり絡んでました。
(そういうのが大丈夫なキャラなので)
その時、「お湯はガスから下げたらその瞬間に注がないと温度が下がる」という話をしていたので、『煮出し最強でしょう』と返したところ、「理想的ですね」と言われたので、『湯気で香りが飛んでしまします。湯気を出さずに高温を維持できればいいかと』という会話になり、ふと『湯煎すればいいんじゃね?』という結論に至りました。

手順はこうです。
①大鍋に水を入れたティーポットを入れる

②100度まで待つ

③茶葉を入れて3分以上待つ

④出来上がり
仮説では、高温で維持できるので、濃くきっちり淹れられると思います。
結果がどうなるか・・・

□手順

今回は、ツイートしていた相手にちなんで、ロンドンティールームさんのセイロンブレンドを使いました。
こういうときぐらいは、安定している茶葉の方がいい。

最初に
20130527湯煎1
水を注ぎます。
適量に。
このポットは600cc入りますんで、茶葉は3杯分

20130527湯煎2
このポジションでお湯を温めます。
目標98度。

が・・・

なかなか温度が上がらない。
『お茶が冷めにくいので陶器のティーポットを使いましょう』
なんてよく言いますが、これが今回は裏目に出ました。

これを温めている間に、比較用の『魔法瓶で淹れる紅茶』が出来上がってしまいました。
なんてことだ・・・それでもじっくりと待ちました。

でも、どうしても93度以上上がらず、茶葉投入。
20130527湯煎3
温度が気になるので、温度計はそのまま。
なんとか95度近辺まで上昇。
無事淹れる事ができました。
(温度的に無事か????)

□比較してみた

比較をするために、前の項にも書いてありますが、魔法瓶で『僕の普通のお茶』を淹れています。
20130527湯煎4
写真で若干わかるくらいですが、現物は全く色目が違います。
魔法瓶でいつも通り淹れた方は濃い赤で、渋みもしっかり出てます。
対して湯煎した方は、鮮やかな赤で渋みもライトです。
紅茶を淹れるという点では、どうかと思うのですが、渋みが苦手だという人はもしかしたら、向いているかもしれません。

ただ、

ダージリンのFFとか、カングラとか紅茶の緑茶の様に、『味よりも香りを楽しむ茶葉』に向いているかもしれません。
淹れ上がるまでの『鉄の心』が必要ではありますが。

もし、湯煎でチャレンジされる方がいらっしゃいましたら、熱伝導率の良い物を使うことをおすすめします。
蓋付の鉄の小鍋あたりがいいかもしれません。
実際に、どんなものが最適かわかれば、そして、どういう条件で淹れればいいかわかれば、意外と手軽な淹れ方がわかるかもしれませんね。

でも、『魔法瓶最高』である事実は変わりませんけどねw

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:


  1. mucho より:

    湯煎抽出、支配人様と同じ発想で、ダージリンで何度か
    試みたことあります。沸騰したハリオのポットを
    火からおろして茶葉を投入して湯煎にかける、という
    手順だったと思います。支配人様が書かれているように
    なぜか予想とは違い色、香りとも薄めに出る印象で、
    長続きしませんでした。

  2. 通りすがりのお茶マニア より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです。はっちんです。
    魔法瓶抽出はこれから一般的に
    なるかもしれません。
    象印のアメリカサイトに
    SM-CTE35という商品が掲載されています。
    今後、お洒落な淹れ方として浸透するかも。。。
    ちなみに日本ではデットストックとして
    昭和の魔法瓶抽出の茶器が売られていますよ。
    それでは良いお年を。

関連記事

no image

お茶の保存の違い

『この頃緑茶の消費に必死です』 みこどんです。この始まり方は、何年も前のダイエットか保険のブログだった時代にやったんですが、全部消しました。だって、もう、お茶のブログですからね。 □保存の違い お茶と …

no image

蓋碗で淹れるのに、向き・不向きがあるのかと思った。

前に、お茶の棚卸しをした際に、中国茶のことで 『安いお茶と高いお茶の差がありすぎる』 というような事を書いたような気がします。 それは、値段だけでもなかったということです。 黄色の袋のいわゆる『安い茶 …

no image

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

なら、捨てれよと・・・ いや・・・ どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・ いつも、思うわけですね。 見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、 …

no image

神戸かな・・・

『遠いから、関係ないや』 と思ってたら、もう、秋の告知も入ってました。 ルピシアのグランマルシエ という名の即売会兼タダ飲み大会 (絶対に、ノーマネーでフィニッシュです) 夏と秋の開催があり、夏は前か …

no image

珍しく、器を褒めてみる。

と言っても、『銘のある茶器』とかじゃないです。 そんなものを褒めても、全くの無意味なので。 僕が注目してるのは、常に機能と性能。 どんな名器でも、用を足さなければ、ただのガラクタです。 で、通常は写真 …

アーカイブ