国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】山片茶園: 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド

投稿日:2013年11月12日

【 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド この紅茶について】

在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド は、先日の京都和束茶源郷まつりで出品した商品です。

ホントは別のものを山片くんに頼んでいた所、それがどうやら足りないということだったので、急遽別のものをということで特別に作ってもらいました。
当日は、『世界でここだけにしか売っていない紅茶』でしたが、運良く在庫もありますので、うちの仲介サイトでも販売しています。
うちからの発送もできますが、山片くんの所に在庫があれば農家直送も出来ます。
届く速度から言えば、うちからの発送の方が早いわけですが。

ご興味のある方は、うちのショッピングサイトからご注文を。
多分、在庫12だったと思う。
(うちのブースにおいて和束で一番売れた和束以外の紅茶だったから)

※現在販売してません。

【 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド 茶葉】

20131112山片茶園 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド -1

茶葉は、いつもどおり綺麗に撚られて形も均一で綺麗です。
相変わらずの製茶技術。

【水色】

20131112山片茶園 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド -2

水色はライトな橙。
香りは甘く熟した果実のような感じでかすかに香ばしい。
味は、軽くだけどきりりと渋いです。
3分でも、紅茶だなって思います。
タイプとしては望蘭ですかね。
少し落ち着いてからですね。
温度計指して60度切るまでみてました。※Twitter参照
この辺りから飲んだ時の後味の消える瞬間に緑茶のような風味が顔を出します。
この紅茶の特徴といえる現象です。
なかなかおもしろいです。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は朱が強くなりましたが、底が見えるくらいライトです。
香りは特に変化なし。
味は、渋みが控えられるくらい、香ばしさや華やかな香りなど別の物が顔を出してきました。
合わせて口の中から引く瞬間の『緑茶のような風味』がはっきりわかります。
(一瞬ですが)
幾重にも重なる多層構造の紅茶です。
ブレンド前の各種の時は、不安な紅茶もありましたが、こうもブレンドすると全く顔の違う紅茶になるんだなって思います。
ブレンドの力侮るなかれって所です。
(改めて、山片くんに感服)

【茶殻】

20131112山片茶園 在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド -3

茶殻は開いた系で、実はこの時点で『葉っぱぽい香り』以外、ほぼ残ってませんでした。
どれだけどのように香りや味が出たのだろうかと。
見事に展開抽出される様はまさしく感服以外にないなと。
たまたまだったとはいえ、アメブロで山片くんと接点があったことを幸運に感じざる得られません。

また期待してます。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

20130802木村製茶工場 さしま紅茶2013 -2

【茨城】木村製茶工場:木村製茶 さしま紅茶2013

今回は、茨城県の木村製茶工場さんの さしま紅茶2013 をご紹介します。 【茶葉】 茶葉は、きれいに撚られて選別も丁寧で、ここまで良い茶葉だったけ?と改めて思うほどです。 仕事が丁寧だなって今更ながら …

【大分県】杵築紅茶: きつき紅茶2018オータムナル -2

きつき紅茶2018秋 : 杵築紅茶【大分県杵築市】

【 きつき紅茶2018秋 この和紅茶について】 今回の和紅茶は、大分県の杵築紅茶さんの きつき紅茶2018秋 をご紹介します。 秋の紅茶は、基本的に味が濃くなる傾向がありますので、どのような紅茶になっ …

みおぷれみあむ2018パッケージ

【静岡県】益井園:益井紅茶 みおぷれみあむ2018

【 みおぷれみあむ2018 この紅茶について】 今回は静岡県の益井園さんの みおぷれみあむ2018 を紹介します。 みおぷれみあむは、その年の「みお」の中で香り高く仕上がったものに名付けるそうです。 …

水俣市茶生産協議会20130912 水俣茶・紅茶2013 -茶液

【熊本県】水俣市茶生産協議会: 水俣茶・紅茶2013

【 水俣茶・紅茶2013 この 和紅茶 について】 今回の 和紅茶 は、熊本県の水俣市茶生産協議会さんの 水俣茶・紅茶2013 をご紹介します。 この紅茶は、自分で買ったものじゃなくて、ある方が水俣の …

国産紅茶20131109 三富紅茶2013(缶入り・上級茶)-2

【埼玉県】お茶の平岡園: 三富紅茶2013(缶入り・上級茶)

【 三富紅茶2013(缶入り・上級茶) この紅茶について】 今回は、埼玉県の平岡園さんの 三富紅茶2013(缶入り・上級茶) をご紹介します。 この紅茶は、国産紅茶レビュー前半のほうで扱った『三富紅茶 …

アーカイブ