国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:香駿

投稿日:2013年11月13日

【この紅茶について】

この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。
今回で2品種目の紹介です。
ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、
残念ながら去年のです。
一段落ついたら(整理も含めて)また多品種注文をかけてみたいと思ってます。
確か、この前の世界お茶まつりにも参加していらっしゃったような気がしますので、
見ている方もいらっしゃると思います。

【茶葉】

国産紅茶20131113豊好園香駿1

茶葉は、綺麗に撚られています。
そんなにもバラバラになったり崩れたりしていなくて、
形状がしっかり残ってる割には、計量もちゃんと出来ました。
ただ茶葉が軽いので、計量器が誤差を何回も出していたのが困った点です。

【水色】

国産紅茶20131113豊好園香駿2

水色は明るい茶色。
香りは、一瞬甘酒っぽいと思ったんですが、凍頂烏龍みたいな清々しい香りが出ています。
タイプ別に分けるなら、清廉でしょうか。
味は軽く渋めで、ライトです。鼻から抜ける香りが心地いいです。
温度が落ち着いて、味も変わるかなっとおもたんですが、
余計に清々しく。どこから出たの変わりませんが『ニッキ』っぽい風味もあります。
益井さんの所と良い、香駿って向いているのかな?って思いますね。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は、朱が濃くなり底が見えません。
香りは同じく、さわやかな花の香が継続です。
味は、風味が濃くなりもう少し渋めが出てます。
味も含めて『パンチの効いた紅茶』になってます。
温度が落ち着くと、渋めがきっちり顔を出してきて、紅茶感が増します。
これだけでまとめて売ってくれないかな。
清廉系の紅茶ってバリエーションが多くて面白いんですよね。

【茶殻】

国産紅茶20131113豊好園香駿3

茶殻は、まるで中国茶の芯芽の茶殻を見ている気分です。
龍井茶もこんな感じだったと。
キームンのいいのもこんな感じ。
あんなにも多品種なのに、ここまで芯芽に近い所を摘んで製茶って、
さぞかし苦労があるんだろうなってしみじみ思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】益井園:かほり ふぁすと

【この紅茶について】 この紅茶は、前にも出てました益井園さんの紅茶です。 品種は香駿で、ファーストフラッシュ(1番茶)です。 そもそも、かおりに重点をおいて作られているので、淹れるためにお湯を注ぐ前か …

no image

【福岡】栗原製茶:紅・八女津媛

【この紅茶について】 この紅茶は去年の地紅茶サミットに参加されていた茶農家さんの商品です。もちろん、現地会場で買いました。栗原さんは、紅茶の人というか、煎茶の人というイメージの方が強いです。話をしてい …

no image

【大分】高橋製茶:和紅茶by吉四六の里

【この紅茶について】 この紅茶は、映画『種まく旅人~みのりの茶~』の舞台になりました、高橋製茶さんの紅茶です。元々、大分は熊本と同じく『国産紅茶発祥の地』として知られていますが、紅茶の農家はそんなにも …

no image

【岐阜】庵・花茶:春日の紅茶 和香葉(オータム)

【出会いは紹介の紅茶】 この紅茶は、僕の記憶が確かなら、ツイッターで『岐阜県に良い紅茶がある』と紹介を受けて注文しました。岐阜は、あんまし有名じゃないですがお茶の主要産地として名を連ね、日本で13位で …

【岡山県】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶2016-2

【岡山県】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入しました。 過去に地紅茶サミット岡山を開催した高梁紅茶のチームです。 前に試飲したのは3年半ぐらい前でした。 この間でどのくらい変わったのでしょ …

アーカイブ