国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:香駿

投稿日:2013年11月13日

【この紅茶について】

この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。
今回で2品種目の紹介です。
ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、
残念ながら去年のです。
一段落ついたら(整理も含めて)また多品種注文をかけてみたいと思ってます。
確か、この前の世界お茶まつりにも参加していらっしゃったような気がしますので、
見ている方もいらっしゃると思います。

【茶葉】

国産紅茶20131113豊好園香駿1

茶葉は、綺麗に撚られています。
そんなにもバラバラになったり崩れたりしていなくて、
形状がしっかり残ってる割には、計量もちゃんと出来ました。
ただ茶葉が軽いので、計量器が誤差を何回も出していたのが困った点です。

【水色】

国産紅茶20131113豊好園香駿2

水色は明るい茶色。
香りは、一瞬甘酒っぽいと思ったんですが、凍頂烏龍みたいな清々しい香りが出ています。
タイプ別に分けるなら、清廉でしょうか。
味は軽く渋めで、ライトです。鼻から抜ける香りが心地いいです。
温度が落ち着いて、味も変わるかなっとおもたんですが、
余計に清々しく。どこから出たの変わりませんが『ニッキ』っぽい風味もあります。
益井さんの所と良い、香駿って向いているのかな?って思いますね。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は、朱が濃くなり底が見えません。
香りは同じく、さわやかな花の香が継続です。
味は、風味が濃くなりもう少し渋めが出てます。
味も含めて『パンチの効いた紅茶』になってます。
温度が落ち着くと、渋めがきっちり顔を出してきて、紅茶感が増します。
これだけでまとめて売ってくれないかな。
清廉系の紅茶ってバリエーションが多くて面白いんですよね。

【茶殻】

国産紅茶20131113豊好園香駿3

茶殻は、まるで中国茶の芯芽の茶殻を見ている気分です。
龍井茶もこんな感じだったと。
キームンのいいのもこんな感じ。
あんなにも多品種なのに、ここまで芯芽に近い所を摘んで製茶って、
さぞかし苦労があるんだろうなってしみじみ思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【大分県】山片茶園(Jastea):手揉み紅茶・青 在来2017-2

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017

【 Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 :この紅茶について】 Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 は、先日記事にしてた『【大分県】山片茶園(Jastea):紅茶・青 在来2017』の手 …

no image

大分:山片茶園2012奥武蔵FF

前々回の山片茶園さんのお茶の記事に『ここの茶葉は、FFもSFも含めて青っぽいのが多いのですが、』と書きました。 今回はそのFF(一番茶)ですので、 こんな感じに青いです。インドのカングラみたいといえば …

no image

【静岡】石原園:与一郎紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。輸出用釜炒り茶・ぐり茶など …

no image

【奈良】葉香製茶:100年在来

【この紅茶について】 この紅茶は、奈良・月ヶ瀬で茶農家をしておられる葉香製茶さんの紅茶で作られたのは、自身の家が100年以上栽培している在来品種で作った紅茶です。 【茶葉】 まあ、直接の知り合いなので …

静岡牧之原山本園:べにふうき春摘み和紅茶七番R2016-2

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき春摘み和紅茶七番R2016

【この紅茶について】 静岡県の牧之原市産の紅茶です。 静岡県が定める「ふじのくに山のお茶100選」に選ばれている紅茶とのことです。 静岡県は年々良い紅茶を見かける様になりました。 農家さんの努力が窺い …

アーカイブ