国産紅茶レビュー 石川県

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

投稿日:2017年3月30日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
実のところ、毎年金沢に行くので、もっと早く購入する事もできたのですが、諸事情で地紅茶サミットまでのびてしまいました。

この紅茶は、元々は「加賀の紅茶」で売り出されていたのですが、2014年地紅茶サミット金沢の際に、前田家当代当主により「輝」と命名をされました。
ちなみに、同じく石川県で作られている「能登の紅茶」というのがあるのですが、こちらは「煌(きらめき)」と命名されました。
生産数が本当に少なくて、なかなかお目にかかれませんけど。

【茶葉】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-1
茶葉はキレイに裁断されて、キレイに撚られてます。
若干、色目が緑寄って見えます。
この茶葉の形状は、丸子紅茶に似ているなぁとふと思います。
元々は、静岡丸子まで運んで作っていたので、似て当然かなと。
ただ、富山の紅茶と同じ工場で作ってるはずなのに、作ってる人が違うだけで見た目がこうも変わるものなのですね。

【水色・味・香り】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-2

3分淹れました。
水色は、薄い橙です。
香りは、ほんのり甘酒っぽい香りはしますが、ほぼありません。
味は、ほんのり酸味があり、ほんのり香ばしいです。ですが1秒ぐらいしか持たず、あっという間に白湯になります。
3分は薄すぎたなという気がします。

味の系統は、滋納系なのですが、まだわかりません。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、クリアな茶色になりました。
香りは、ほのかに香ばしさが感じますが、あんましわかりません。
味は、ライトな口当たりなのですが、軽く酸味と香ばしさが交錯しています。

味の系統は、滋納系です。
穏やかな感じの滋納系です。
そのままでゆっくりと飲めます。
お供はとくに必要ありません。

【茶殻】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-3
茶殻は、ざっくり裁断された均等な茶葉がキレイに並んでます。
摘んでいるときから「大体このくらいのサイズ」決めて摘んでいたのでしょうか。
国産紅茶を作る多くの農家さんは、茶葉のサイズがバラバラです。
それを裁断して形状を整えているのですが、これは各々が同じくらいのサイズ感なのです。
基本的に生産量を少なくしてるとは言え、全て似たサイズで合わせていくのは大変だろうなって思います。

-国産紅茶レビュー, 石川県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 五月

【この紅茶について】 水車むら紅茶は、全国の紅茶生産が止まった後の1984年にスタートし、日本でも古参の部類に入る紅茶生産会社です。ここには勉強しにきた今での有名紅茶農家の方も多く、その支持も高いです …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。 自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。 紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。 農家の人の思いがそうさせ続けてい …

no image

【埼玉】田畑園:和風紅茶

【茶葉】 淹れやすくブロークンにしたのかと思います。選別はブロークンにしたせいか、さほど目立ってませんが、繊維や茎が混ざってるので、仕分けはほどほどにしたのかなって思います。 【水色】 番茶みたいな風 …

no image

【静岡】益井園:益井紅茶みらいせかんど

この紅茶について 毎年、吉田山大茶会に来られていて、 ほぼ全種類試飲できるという太っ腹ぶりをひろされている益井園さんです。 前々回・前回・今回そして、岡山と含めて4回お会いしているのですが、 まともに …

アーカイブ