国産紅茶レビュー 石川県

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

投稿日:2017年3月30日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
実のところ、毎年金沢に行くので、もっと早く購入する事もできたのですが、諸事情で地紅茶サミットまでのびてしまいました。

この紅茶は、元々は「加賀の紅茶」で売り出されていたのですが、2014年地紅茶サミット金沢の際に、前田家当代当主により「輝」と命名をされました。
ちなみに、同じく石川県で作られている「能登の紅茶」というのがあるのですが、こちらは「煌(きらめき)」と命名されました。
生産数が本当に少なくて、なかなかお目にかかれませんけど。

【茶葉】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-1
茶葉はキレイに裁断されて、キレイに撚られてます。
若干、色目が緑寄って見えます。
この茶葉の形状は、丸子紅茶に似ているなぁとふと思います。
元々は、静岡丸子まで運んで作っていたので、似て当然かなと。
ただ、富山の紅茶と同じ工場で作ってるはずなのに、作ってる人が違うだけで見た目がこうも変わるものなのですね。

【水色・味・香り】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-2

3分淹れました。
水色は、薄い橙です。
香りは、ほんのり甘酒っぽい香りはしますが、ほぼありません。
味は、ほんのり酸味があり、ほんのり香ばしいです。ですが1秒ぐらいしか持たず、あっという間に白湯になります。
3分は薄すぎたなという気がします。

味の系統は、滋納系なのですが、まだわかりません。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、クリアな茶色になりました。
香りは、ほのかに香ばしさが感じますが、あんましわかりません。
味は、ライトな口当たりなのですが、軽く酸味と香ばしさが交錯しています。

味の系統は、滋納系です。
穏やかな感じの滋納系です。
そのままでゆっくりと飲めます。
お供はとくに必要ありません。

【茶殻】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-3
茶殻は、ざっくり裁断された均等な茶葉がキレイに並んでます。
摘んでいるときから「大体このくらいのサイズ」決めて摘んでいたのでしょうか。
国産紅茶を作る多くの農家さんは、茶葉のサイズがバラバラです。
それを裁断して形状を整えているのですが、これは各々が同じくらいのサイズ感なのです。
基本的に生産量を少なくしてるとは言え、全て似たサイズで合わせていくのは大変だろうなって思います。

-国産紅茶レビュー, 石川県

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】お茶のカジハラ:告茶

【十三の国産紅茶の拠点】 というと、本人が怒りますけどね。 今回の告茶(つげちゃ)は、僕が直接知り合いでも買いに行ったわけでもありません。 毎度お世話になっております、『日本茶の』専門店”茶淹”さんで …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

【静岡県】益井園:かほりふぁあすと2017-2

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017

【 かほりふぁあすと2017 :この紅茶について】 かほりふぁあすと2017 は、益井園さんの紅茶です。 香駿という品種のファーストフラッシュです。 もう2017年も終わりというのに、遅れてしまい申し …

no image

【大分】山片茶園:べにふうき

【この紅茶について】 毎度おなじみ「山片茶園」の紅茶です。正直、「丸子紅茶」「杵築紅茶」「月ヶ瀬健康茶園」そして「山片茶園」だけで絶対にハズレなのない国産紅茶の記事を延々とかけるのですが、うちのコンセ …

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017-2

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017

【 べにふうきMIMIZAKO2017 :この紅茶について】 べにふうきMIMIZAKO2017 は、シングルオリジンのときに購入しました。 基本、出ているものをほとんど持っていたりしていたので、今回 …

アーカイブ