国産紅茶レビュー 石川県

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

投稿日:2017年3月30日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
実のところ、毎年金沢に行くので、もっと早く購入する事もできたのですが、諸事情で地紅茶サミットまでのびてしまいました。

この紅茶は、元々は「加賀の紅茶」で売り出されていたのですが、2014年地紅茶サミット金沢の際に、前田家当代当主により「輝」と命名をされました。
ちなみに、同じく石川県で作られている「能登の紅茶」というのがあるのですが、こちらは「煌(きらめき)」と命名されました。
生産数が本当に少なくて、なかなかお目にかかれませんけど。

【茶葉】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-1
茶葉はキレイに裁断されて、キレイに撚られてます。
若干、色目が緑寄って見えます。
この茶葉の形状は、丸子紅茶に似ているなぁとふと思います。
元々は、静岡丸子まで運んで作っていたので、似て当然かなと。
ただ、富山の紅茶と同じ工場で作ってるはずなのに、作ってる人が違うだけで見た目がこうも変わるものなのですね。

【水色・味・香り】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-2

3分淹れました。
水色は、薄い橙です。
香りは、ほんのり甘酒っぽい香りはしますが、ほぼありません。
味は、ほんのり酸味があり、ほんのり香ばしいです。ですが1秒ぐらいしか持たず、あっという間に白湯になります。
3分は薄すぎたなという気がします。

味の系統は、滋納系なのですが、まだわかりません。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、クリアな茶色になりました。
香りは、ほのかに香ばしさが感じますが、あんましわかりません。
味は、ライトな口当たりなのですが、軽く酸味と香ばしさが交錯しています。

味の系統は、滋納系です。
穏やかな感じの滋納系です。
そのままでゆっくりと飲めます。
お供はとくに必要ありません。

【茶殻】

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-3
茶殻は、ざっくり裁断された均等な茶葉がキレイに並んでます。
摘んでいるときから「大体このくらいのサイズ」決めて摘んでいたのでしょうか。
国産紅茶を作る多くの農家さんは、茶葉のサイズがバラバラです。
それを裁断して形状を整えているのですが、これは各々が同じくらいのサイズ感なのです。
基本的に生産量を少なくしてるとは言え、全て似たサイズで合わせていくのは大変だろうなって思います。

-国産紅茶レビュー, 石川県

執筆者:

関連記事

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016-2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 この木下園製茶工場さんは、4年近くの付き合いです。 最初は購入をさせていただいて、ティーバッグを展開して試飲したのが始まりでした。 …

no image

【静岡】(有)荒井友吉商店:富士山紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、具体的には覚えてませんが、誰かに紹介されて検索して買ったものだと思います。多分、アマゾンでも買えるので、ご興味の出た方はどうぞ。この位置でネタばらしするのもなんですが …

【京都府】南山城紅茶プロジェクト:南山城紅茶手摘みプレミアム2016-2

【京都府】南山城紅茶プロジェクト:南山城紅茶手摘みプレミアム2016

【この紅茶について】 この紅茶は、南山城紅茶プロジェクトがコンテスト用に制作した紅茶です。 べにふうきの茶葉を手摘みにして加工をしています。 シーズンはセカンドかオータムと聞いています。 非売品っぽい …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 かぶならし

最近嫁に『同じところの紅茶が続いている』と言われます。 実はあとストックが水車村、益井園、豊好園の3か所分しかなく そこの商品数が他と比べ群を抜いて多いので(山片君のを除く)、 結果としてここのが順番 …

アーカイブ