京都府 国産紅茶レビュー

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶そうふう

投稿日:2013年11月6日

【この紅茶について】

この紅茶は、先日の茶源郷まつりに委託で出した茶葉で、
和束の喜寿園さんが作られている紅茶です。
品種は『そうふう』で、手に入れるには、喜寿園さん直接かいつもお馴染み十三茶淹さんで
お買い求め出来ます。
この前テレビに出られていた効果もあり、
茶源郷まつりで随分多くの方が『テレビに出てた人~!』っておっしゃってました。

来年からは、また違ったコンセプトで紅茶を作られるそうなので、
引き続き喜寿園さんに期待です。

【茶葉】

国産紅茶20131006喜寿園そうふう1

茶葉は全体的にある程度の撚りと短冊状に切られた『緑茶っぽい』茶葉です。
前にパール紅茶(川戸紅茶)とかおりせかんど(益井園)と奥武蔵(山片茶園)を見せた時に、
えらく感心されていたので、もしかしたら来年はここからさらなる進化をとげるかもしれません。

【水色】

国産紅茶20131006喜寿園そうふう2

水色は、少し濃い橙。
香りは、甘酒っぽいです。
味は、ほんのり甘く抜けていく感じがお米類。
引っかかることもなく、さらりと飲めます。
ただ、これを作った杉本さんいわく『5分以上で飲んでね』とのこと。
つまり、まだ短いわけです。
(僕もそうおもいます)

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は30%増しぐらい。さほど変化ないです。
香りは香ばしさが倍増しました。まだ隠れてたんですね。
味は、渋み酸味が控えめ(というか風味程度)で、甘さと爽やかさが出てきます。
『日本茶の紅茶』という感じ全開です。
喉への引っ掛かりもなく、後味もライトで、なかなかいいかんじです。
これを茶源郷まつりの時に『軽く香ばしく、風味がパンチになって、
食べ物の邪魔をしない紅茶です』って言ってたのを改めて確認しました。
そして、温度が落ち着くと、香りは三温糖に似た甘い香りになります。
すこしカラメルでも入ってるんじゃないかというような風味です。

【茶殻】

国産紅茶20131006喜寿園そうふう3

茶葉は全体的に膨らんだ系の茶葉です。
軽くお湯で戻ったという感じです。
試飲の時も、そこまで大きくなってなかったので、片付けが楽だったのを覚えてます。
これが来年どういう変化をたどるか楽しみです。

『喜寿園第二章』期待してます(o ̄∀ ̄)ノ”

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶プレミアム

【この紅茶について】 静岡の井村製茶さんの紅茶です。 前に『桃の香りのするべにふうき』として紹介させてもらいましたが、 今回はその中でも新芽に近いものを選別して製茶したものです。 井村さんいわく『選り …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

【この紅茶について】 【茶葉】 この茶葉は手摘みで作っているそうで、形状がしっかりしているものばかりです。 しかもゴールデン芯目(ゴールデンチップとかシルバーチプとかの部分)も混ざっており、見た目も楽 …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶香駿2015-2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶香駿2015

【この紅茶について】 この紅茶は、東京の茶農家さん木下さんから頂きました。 ここは「東京紅茶」という紅茶を作って販売してます。 年々、紅茶の品質が高くなってきて、「いわゆる国産紅茶」の枠から抜け出る個 …

no image

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【この紅茶について】 こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。 京都宇治田原で作られた紅茶で、明 …

アーカイブ