国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】丸子紅茶:べにひかり

投稿日:2013年11月5日

【この紅茶について】

静岡丸子の丸子紅茶です。
先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだと
よく話されていましたので、やはり全国区だなって思います。

このべにひかりは、実は今年のではなく、ご好意でもらった『2011年』産です。
いわば熟成紅茶の分野に入ってしまったもので、
通常のレビューとは随分現在との遊離のある結果になる可能性のあるものである事をご考慮ください。

【茶葉】

国産紅茶20131105丸子紅茶べにひかり2011-1

全体的に小さなチップで構成されています。
撚りは綺麗で、量りやすかっったです。
思った以上に軽い感じもしましたが、
実際に計量してみると、そんなこともなく5gでこのカサでした。

【水色】

国産紅茶20131105丸子紅茶べにひかり2011-2

水色は、軽い感じの焦げ茶色です。
香りは、スモーキーな香りから始まり、時間を置くと甘い蜜香のような香りに変化しました。
味はライトで、鼻から抜ける感じがメープルシロップです。
温度が落ち着くと、上品な普?茶のような余韻が口に広がります。

なんて、良い事づくめなんだ・・・
まだ3分しか経ってないぜ・・・

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は底が見えないくらい黒くなりました。(ほんとに黒くなりました)
香りはスモーキーさに拍車がかかってます。ルフナかキームンか、そんな気分です。
味は軽く渋く、そしてふわっと蜜のような甘さです。※もちろん砂糖は入れてません。
『どうしたら、こんな国産紅茶になるんだもう・・・』って純粋にそんな気分です。

やはりすごいな・・・
全国の国産紅茶の農家さんは一回は絶対に飲んでみるべきだわ。

【茶殻】

国産紅茶20131105丸子紅茶べにひかり2011-3

茶殻は『膨らむわけでもなく』そして『広がるわけでもなく』と、
見た瞬間、『あれ?』という感覚に襲われてました。
ふやかされているので、ちゃんと淹れれたんだなって思うのですが、
他の紅茶とは、茶殻の雰囲気が違うのが驚きです。
こういうのもあるんだなと、新鮮な気付きでした。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)

【この紅茶について】 この紅茶は、木下園さんから送られた紅茶第3弾です。 べにふうきと印雑(インドで取ってきた品種の雑種なんだけど選抜された品種)のブレンドです。 紅茶を作る時に、印雑を使う例はよく見 …

【宮崎県】宮崎茶房:やまなみOGATABATA2017(セカンド)2

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド)

【 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) :この紅茶について】 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) は、シングルオリジンの時に買いました。 いつもおなじみ宮崎茶房 …

no image

【静岡】益井園:益井紅茶みらいせかんど

この紅茶について 毎年、吉田山大茶会に来られていて、 ほぼ全種類試飲できるという太っ腹ぶりをひろされている益井園さんです。 前々回・前回・今回そして、岡山と含めて4回お会いしているのですが、 まともに …

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-1

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で買いました。 って書くと「え~、まだあるやん」って言われますが、これは当時店頭に並んでなかったものを売ってもらいました。 故に、「地紅茶サ …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

アーカイブ