国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】丸子紅茶:べにひかり

投稿日:2013年11月5日

【この紅茶について】

静岡丸子の丸子紅茶です。
先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだと
よく話されていましたので、やはり全国区だなって思います。

このべにひかりは、実は今年のではなく、ご好意でもらった『2011年』産です。
いわば熟成紅茶の分野に入ってしまったもので、
通常のレビューとは随分現在との遊離のある結果になる可能性のあるものである事をご考慮ください。

【茶葉】

国産紅茶20131105丸子紅茶べにひかり2011-1

全体的に小さなチップで構成されています。
撚りは綺麗で、量りやすかっったです。
思った以上に軽い感じもしましたが、
実際に計量してみると、そんなこともなく5gでこのカサでした。

【水色】

国産紅茶20131105丸子紅茶べにひかり2011-2

水色は、軽い感じの焦げ茶色です。
香りは、スモーキーな香りから始まり、時間を置くと甘い蜜香のような香りに変化しました。
味はライトで、鼻から抜ける感じがメープルシロップです。
温度が落ち着くと、上品な普?茶のような余韻が口に広がります。

なんて、良い事づくめなんだ・・・
まだ3分しか経ってないぜ・・・

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は底が見えないくらい黒くなりました。(ほんとに黒くなりました)
香りはスモーキーさに拍車がかかってます。ルフナかキームンか、そんな気分です。
味は軽く渋く、そしてふわっと蜜のような甘さです。※もちろん砂糖は入れてません。
『どうしたら、こんな国産紅茶になるんだもう・・・』って純粋にそんな気分です。

やはりすごいな・・・
全国の国産紅茶の農家さんは一回は絶対に飲んでみるべきだわ。

【茶殻】

国産紅茶20131105丸子紅茶べにひかり2011-3

茶殻は『膨らむわけでもなく』そして『広がるわけでもなく』と、
見た瞬間、『あれ?』という感覚に襲われてました。
ふやかされているので、ちゃんと淹れれたんだなって思うのですが、
他の紅茶とは、茶殻の雰囲気が違うのが驚きです。
こういうのもあるんだなと、新鮮な気付きでした。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(白ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、和束町の喜寿園さんの紅茶でしかも、『ホテルオークラ限定モデル』という今は買えないものです。ただ、だからといって特別だというわけでなく、通常発売されている赤ラベルと黒ラ …

no image

【熊本】お茶のカジハラ:告茶

【十三の国産紅茶の拠点】 というと、本人が怒りますけどね。 今回の告茶(つげちゃ)は、僕が直接知り合いでも買いに行ったわけでもありません。 毎度お世話になっております、『日本茶の』専門店”茶淹”さんで …

no image

【鹿児島】塗木製茶工場:知覧紅茶クラサワ

【この紅茶について】 ここでは3回目の紹介になります、神戸の『伸晃園』さんの取り扱っている紅茶です。 【茶葉】 茶葉は、裁断の目が細かいです。よく見ないとわからなかったのですが、一つ一つの撚りがきれい …

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016-2

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で買いました。 改めて、奈良県での国産紅茶の生産の裾野が広がってることを実感しました。 奈良県のお茶は宇治茶の一部として使われる事が多く、いままで一般 …

no image

【岐阜】庵・花茶:春日の紅茶 和香葉(オータム)

【出会いは紹介の紅茶】 この紅茶は、僕の記憶が確かなら、ツイッターで『岐阜県に良い紅茶がある』と紹介を受けて注文しました。岐阜は、あんまし有名じゃないですがお茶の主要産地として名を連ね、日本で13位で …

アーカイブ