国産紅茶レビュー 高知県

【高知】秀平農園:四万十紅茶

投稿日:2013年8月27日

【茶葉】

20130827四万十紅茶1

形状を見ると、紅茶というよりも、煎茶です。
しかも、しっかり丁寧に作られた煎茶と同じような形になってます。
選別も思いのほかきっちりしているみたいで、多くは葉です。
茶葉もカサの割にちゃんと重さも確保できていて、つくりは煎茶ですが丁寧に作っている形跡はあります。

【水色】

20130827四万十紅茶2

色目は薄い茶色です。
香りは軽く立て来たてのごはんっぽい香り。
飲んでみたら、あっさりした番茶風味です。
渋みや苦みはありません。
軽く、若い青茶のような感じの香りがします。
岩茶の方じゃなくて、凍頂とかの方の香りです。
一部の在来で、香いう香りを出すものもあります。
気づくか気づかないかによりますが。
もしかしたら、3分は短すぎたのかもしれません。
温度が落ち着いてきたら、紅茶の顔が出てきました。
やはり、飲むときの温度が重要なのでしょうか。

長く淹れたらどのくらい変わるんでしょうか。

色目は赤が強くなり濃くなりました。
香りは国産紅茶にありがちな玄米っぽい香りが強く出てます。
渋みはありませんが苦味と香ばしさが増しました。
ここまで来ると、ほぼ番茶っぽい顔になってます。

【茶殻】

20130827四万十紅茶3

茶葉の状態から良かったので、茶殻もちゃんと開いた状態になってます。
ただ、紅茶が開いたと言うよりも煎茶が開いたという感じが近いです。
煎茶の途中のプロセスを紅茶に入れ替えて終わりを煎茶にしたって感じです。
もしこれで、海外産の紅茶に負けない品質の紅茶に到達できるとしたら、
一番手軽にトレースできる方法になるのではないでしょうか。

そんな期待をしてしまいます。

明日も更新します。

-国産紅茶レビュー, 高知県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

no image

大分:山片茶園2012在来・秋

今年から、国産紅茶のレビューをしようと思いまして、 なんだかんだ悩んでたら、もう3月になってしまいました。 えっと、この内容は、Twitterの実験用ID『みこどん@実験用茶道楽(mikodonlab …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 かぶならし

最近嫁に『同じところの紅茶が続いている』と言われます。 実はあとストックが水車村、益井園、豊好園の3か所分しかなく そこの商品数が他と比べ群を抜いて多いので(山片君のを除く)、 結果としてここのが順番 …

【埼玉県】大西園製茶工場:天日干しごこう紅茶2016-2

【埼玉県】大西園製茶工場:天日干しごこう紅茶2016

ゆけ!埼玉!もっと頑張るんだ!! 【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット2016奈良で購入しました。 この「ごこう」という品種は、玉露などで使われる品種です。 正直、アミノ酸が多くなりがちな …

no image

【静岡】豊好園:おくゆたか

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶の第5弾です。 豊好園さんはまだ10品種ありますので、まだまだお付き合い願います。 多品種で作られていると選択に迷うこともありますが、各々の特徴が …

アーカイブ