国産紅茶レビュー 高知県

【高知】秀平農園:四万十紅茶

投稿日:2013年8月27日

【茶葉】

20130827四万十紅茶1

形状を見ると、紅茶というよりも、煎茶です。
しかも、しっかり丁寧に作られた煎茶と同じような形になってます。
選別も思いのほかきっちりしているみたいで、多くは葉です。
茶葉もカサの割にちゃんと重さも確保できていて、つくりは煎茶ですが丁寧に作っている形跡はあります。

【水色】

20130827四万十紅茶2

色目は薄い茶色です。
香りは軽く立て来たてのごはんっぽい香り。
飲んでみたら、あっさりした番茶風味です。
渋みや苦みはありません。
軽く、若い青茶のような感じの香りがします。
岩茶の方じゃなくて、凍頂とかの方の香りです。
一部の在来で、香いう香りを出すものもあります。
気づくか気づかないかによりますが。
もしかしたら、3分は短すぎたのかもしれません。
温度が落ち着いてきたら、紅茶の顔が出てきました。
やはり、飲むときの温度が重要なのでしょうか。

長く淹れたらどのくらい変わるんでしょうか。

色目は赤が強くなり濃くなりました。
香りは国産紅茶にありがちな玄米っぽい香りが強く出てます。
渋みはありませんが苦味と香ばしさが増しました。
ここまで来ると、ほぼ番茶っぽい顔になってます。

【茶殻】

20130827四万十紅茶3

茶葉の状態から良かったので、茶殻もちゃんと開いた状態になってます。
ただ、紅茶が開いたと言うよりも煎茶が開いたという感じが近いです。
煎茶の途中のプロセスを紅茶に入れ替えて終わりを煎茶にしたって感じです。
もしこれで、海外産の紅茶に負けない品質の紅茶に到達できるとしたら、
一番手軽にトレースできる方法になるのではないでしょうか。

そんな期待をしてしまいます。

明日も更新します。

-国産紅茶レビュー, 高知県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

【長崎県】大石農園:対馬紅茶べにふうき2017-2

【長崎県】大石農園: 対馬紅茶べにふうき2017

【 対馬紅茶べにふうき2017 :この紅茶について】 対馬紅茶べにふうき2017 は、シングルオリジンで購入しました。 去年奈良の地紅茶サミットで購入した大石農園さんの今年のものです。 【長崎県】大西 …

no image

【三重】伊勢福:日ノ本紅茶(ベニホマレ)

【この紅茶について】 事の始まりは『お伊勢さん(内宮)の前の商店街でベニホマレが売っていた』というフォロワーの方のツイートでした。ベニホマレは、全国的にも数えるくらいしか作ってません。(5軒もいないは …

no image

【茨城】吉田茶園:IZUMI BLACK-TEA

【この紅茶について】 この紅茶は、今年(2013年)の吉田山大茶会で茨城の方に住んでいらっしゃる主に台湾茶専門の方に頂きました。 (※この記事をアップ後、本人から『千葉在住で茨城が実家』という訂正があ …

奈良 福光屋大和の高原紅茶2016年2

【奈良県】お茶の福光園:大和の高原紅茶2016

【この紅茶について】 福光園さんは、奈良県で日本茶を作ってこられた所のようです。 地紅茶サミット奈良で、初めて見かけ購入しました。 初めての試飲になる紅茶です。 初めての紅茶は、期待と不安が半々なので …

アーカイブ