京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶ふきみ2017

投稿日:2017年12月17日

【 京都和束紅茶ふきみ2017 :この紅茶について】

京都和束紅茶ふきみ2017 は神戸ティーフェスティバルで購入しました。
この試飲記事でもおなじみの和束紅茶さんの紅茶です。
品種など詳しいことをお伺いしていないので、詳しいデータはありません。
どのような紅茶なのかは、開けて飲んでみてからということで。

【茶葉】

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶ふきみ2017 -1
茶葉は少し大ぶりで細く撚られてます。
茶葉そのものはほぼ黒いのですが、全体的に白みがかった感じがします。
封を切った時の香りは特にありませんでした。
味調整のためか、小枝がちらほら見かけます。
全体的に茶葉は整っていますんので、全体的にバランスを整えたのかなと言う感じを受けました。

【水色・味・香り】

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶ふきみ2017 -2
3分淹れました。
水色は、やや薄い赤橙色です。
香りは、ローストしたアーモンドのような香りです。
味は、ほんのりコクを感じますが、ほぼ白湯です。

味の系統は、滋納系になります。が、時間が経つと変わるかもしれませんので、もう一度判断します。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、はっきりわかるローストしたアーモンドのような香りです。
味は、渋みとコクがはっきりと乗っています。

味の系統は、望蘭系でした。滋納系は薄く淹れた時の一部分というところでしょう。
非常にコシの強い、紅茶らしい紅茶です。

【茶殻】

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶ふきみ2017 -3
茶殻になってからわかったのですが、全体的にザクザクと裁断されています。
茶葉のときはほどんど感じさせませんでした。
全体的に短冊状に広がって、抽出中広くゆらゆらと漂っていた様が分かります。
残り香はほんのり甘くローストされています。
残り香と紅茶そのものが同じ香りってのは初めての体験かもしれません。

この紅茶は香ばし目が強くて甘さが見え隠れしているので、朝に飲むのに向いているでしょう。
朝に浅めにローストしたコーヒーを飲まれている方におすすめします。
コーヒーとこの紅茶と交互に使うことで毎日違った印象の目覚めの時間を迎えられそうです。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016-2

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。 僕自身としては、初めての紅茶になります。 自然のままに、農薬や肥料を不使用で作られたお茶とのことです。 ナチュラル系の好きな方は …

no image

【京都】椿堂:京都紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、『最初に京都の紅茶を全部集めてみよう』ミッションの時にいろいろ検索・聞き込みをして買いに行ったものです。場所は深草の近くにあり、京阪墨染駅の近所です。自転車で行ったの …

no image

宮崎:宮崎茶房:やまなみ

□出会いは吉田山 毎年6月ごろに記事にしてます『吉田山大茶会』今年もありますが、そこに見ている限りでは毎年参加されています。毎回ひっそりとブースを構えていらっしゃるので、正直人だかることもありません。 …

【岐阜県】なべしま銘茶:飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016-2

【岐阜県】なべしま銘茶: 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016

【 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 :この紅茶について】 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 は、今回飲む紅茶はもともとティーバッグで頂いたものです。 2.5gづつでしたので、2つ切って5gで …

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016-2

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】 かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。 購入が6月でしたので、必然的に2016年です。 このブログでは多く登場している …

アーカイブ