国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:やまかい

投稿日:2014年1月11日

【この紅茶について】

多くの品種紅茶を送ってくださった豊好園さんの紅茶です。
今回は「やまかい」という品種で、緑茶に使われます。
ただ、こちらも他と同じようにそんなにも多く栽培されておらず、
こだわりの茶園さんで品種茶として栽培しているか、他の多くの品種と同じく味の調整の為のブレンド茶葉として使われるかという状態です。
日本には登録非登録合わせて最低100以上の品種があると言われています。
どれが紅茶に向くかというのは、まだ未知の部分が多いですが、
向く紅茶、そしてそれに合わせた製法の開発は、これからの国産紅茶にとって大変重要なことになると思います。
やまかいも、品種としてもしくはブレンドとして美味しい紅茶の一翼を担っていっていただくよう願うばかりです。

【茶葉】

国産紅茶20140111豊好園やまかい1
茶葉は、豊好園さんの他の紅茶と同じく、大ぶりで綺麗に撚り上げていってあります。
一見『黒い緑茶』と思ってしまうほどです。
他のもそうですが、送って頂いた状況が『袋から一掴み』なので、
多少繊維が入り込んでいるのは仕方ないのかなって思ってます。
(そんなにも多いわけでもないですから)
何回見ても、茶葉の形状を重視しているんだなって思います。

【水色】

国産紅茶20140111豊好園やまかい2
水色は薄い茶色です。
香りは穀物っぽく、香ばしいです。玄米にも似てると思います。
タイプとしたら滋納になります。
味は軽く酸味がありますが、甘くお米に似た感じがします。
ただ、時間が短いようで、まだライトで軽いです。
温度が落ち着きましたら、酸味がまた少し顔を出しましたが、
香りは落ち着いたほんわかとした香ばしさがそのままです。
この段階が一番、食べ物との相性がいい状態なのかもしれません。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は茶色寄りの深い朱色です。
香りは雨上がりの時のような感じがします。
味は、渋みが軽くでて酸味と香ばしさが深いのですが、
程よく出てて、濃いほうじ茶のような感じがします。

やはり、緑茶品種だな・・・という感じがします。
ただ、これも何かと混ぜたら大化けするような気配はします。
それがなになにかは、また実験してみないとわからないことではあると思いますが。

【茶殻】

国産紅茶20140111豊好園やまかい3
茶殻は全体的に膨らんだ系です。
よく『開いた系・膨らんだ系って言うけど何?』って聞かれます。
茶殻の見た目を見ていうことにしてるんですが、
傾向としては
・開いた系→茶殻が急須いっぱいに広がってる
・膨らんだ系→茶殻がそれほど広がっていないが最初と比べればカサは増した気配がある
という感じで区分けしております。
どっちがいいかというのは一概には言えませんが、
膨らんだ系の方が、後片付けがしやすくて楽です。
見た目の気分と後片付けのしやすさの違いぐらいにとっていただければと思います。

ただ、プロの人達からは『茶葉と茶殻の形状の違いで、茶の良し悪しを判別する』という人もいます。
そんな離れ業は、普通に生活で飲むときにはそんなにも必要はないので、話半分程度に考えていただければと思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶2016-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で購入しました。 前にも紹介しました太田重喜製茶工場さんの紅茶です。 【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶さやまみどり2016-2n …

【東京都】木下園製茶工場: 東京紅茶2018-2

【東京都】木下園製茶工場: 東京紅茶2018

【 東京紅茶2018 この紅茶について】 この紅茶は、生産者の方より直接購入いたしました。 非常に前からこのブログでも紹介させていただいてもらっていますのでおなじみかとかと思います。 東京都でお茶を作 …

【静岡】益井園:みらいせかんど2016秋-2

【静岡】益井園: みらいせかんど2016

【 みらいせかんど2016 :この紅茶について】 みらいせかんど2016 は、今年の吉田山大茶会で購入しました。 作ったのは2016年の秋なので、『去年の紅茶』になります。 もう、今年のみらいせかんど …

no image

【佐賀】北野農園:有機うれしの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、直接知り合いではなく、佐賀嬉野にお茶のイベントで行かれた大阪の知り合いから勧められていた紅茶です。話に聞いてから随分たってたんですが、改めて買える算段がついたので、購 …

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

アーカイブ