国産紅茶レビュー 島根県

【島根】西製茶所:出雲国のべにひかり紅茶

投稿日:2013年8月20日

【この紅茶について】

この紅茶は、ネットで検索した中にあったお茶です。
取り寄せるときに、定形外郵便など簡易発送を受けてくれませんでしたが、
普通に購入しました。
今はケンコーコムなどでも扱っているそうなので、
ご興味がございましたら、買われてはいかがでしょうか。

ここの紅茶は今のブームに乗った紅茶ではなく、
もう20年近く試行錯誤を繰り返して作られているそうです。
今回の『べにひかり』は全国的に広まったべにふうきと違い、
一部の人たちが試行錯誤や研鑽を繰り返しながらおいしい紅茶に仕上げていってる
話をよく聞きます。
品種で買われる人は、一度買ってみて飲んでみてほしいと思います。
知ってる限りでは、べにひかりをつくってるのは、ここと丸子紅茶と月ヶ瀬健康茶園ですかね。
(杵築紅茶も作ってたかもしれません)

【茶葉】

20130820西べにひかり1

この茶葉は撚りをつけて作ると言うよりも、
大きく作って、バリバリに砕いて作るという感じに見えます。
これは、ここだけの特徴でもなく、他にもちょこちょこ見かけます。
抽出の際に、茶葉をそろえる方法としてありと思われます。
フレキシブルにつかえるのですが、『茶葉をみて価値を評価する』人にとっては
あんまし見たくないと思う形状かもしれませんね。
僕は飲んでうだうだいう人ですが。

【水色】

20130820西べにひかり2

水色はすこし薄い程度。
香りは香草系の香りで、飲むと少し渋めで紅茶らしくありませんが、番茶ではありません。
ハーブティーっぽいかもしれません。
渋みの陰に、ほんのり酸味が入ってます。
でも嫌な酸味じゃなくて、これも味だと認識できます。
温度が落ち着いてくると、軽く甘い香りですが、べにふうきの香りとは全く違います。
よくいう『蜜のような香り』でもありません。

これが長く淹れたらどうなるか予想がつきません。

長く淹れましたら、色目は20%増しぐらいです。
香りは落ち着いて、味は渋さでなく、深いコーヒーのような感じになります。
もしかしたら、軽く砂糖や牛乳を入れても耐えられるかもしれません。

【茶殻】

20130820西べにひかり3

茶がらは、ほぼ良い香りが移った後でした。
抽出がいいのは良いことです。
さっきのチップのような形状開いたと言うか膨らんだと言うのが
合っているのかもしれません。
どの形状が一番効率がいいのかはわかりませんが(一番は粉?)
抽出割合をみて、淹れやすい茶葉が広まればいいなと思います。

明日も更新します。

-国産紅茶レビュー, 島根県

執筆者:

関連記事

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、そしてホテ …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

【この紅茶について】 【茶葉】 この茶葉は手摘みで作っているそうで、形状がしっかりしているものばかりです。 しかもゴールデン芯目(ゴールデンチップとかシルバーチプとかの部分)も混ざっており、見た目も楽 …

no image

【静岡】田原製茶:菊川紅茶

【茶葉】 茎が多い目ではありますが、全体的に細かい茶葉です。発酵がしっかりしているようで、色目も光をどう変えてもこの色です。正直、測りやすい茶葉でした。 【水色】 水色は、透明度が高めの朱色です。香り …

no image

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

【この紅茶について】 この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数 …

アーカイブ